ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 93 view

Glid glideappsでスプレッドシートからアプリを簡単作成!

近年、その簡便さから注目を集めているノーコード開発。すでに魅力的なツールが多数提供されています。ツールにはそれぞれ特徴があるため、ニーズに合わせて選びましょう。こちらでは、表計算ソフトに慣れ親しんだ方には最適な、Googleスプレッドシートからアプリを作成できるGlide Appsをご紹介します。

Glideとは

Glideのトップページ
画像:www.glideapps.com

Glide(Glide Apps)は、typeguard, Inc.が提供しているノーコードアプリ開発ツールです。ノーコードツールであり、求められる操作は ドラッグ&ドロップ と簡単なデータ入力がほとんどです。アプリ開発について「難しい」というイメージを抱いている方が多いかもしれませんが、本ツールであれば簡単にアプリを作成できます。

Glideで開発できるのはPWA(Progressive Web Apps)です。PWAとは、モバイル向けの Webサイト であり、モバイル端末で利用するとアプリのように機能します。端末にインストールする必要がないため、インターネット環境さえあれば便利で使いやすいサービスです。

開発が簡単なこと、PWAへのアクセスの容易さから、多くのユーザーに利用されています。近年は、企業がGlideを利用して社内システムを構築した例も少なくありません。製造業の見積計算アプリや業務マニュアル共有アプリなどが、Glideで開発されています。

Glideの特徴

Glideの最大の特徴はGoogleのスプレッドシートからPWAを作成できる点です。

Googleスプレッドシート はGoogleが提供している表計算ソフトのこと。Googleアカウントさえあれば誰でも無料で利用できるWebサービスです。一般的な表計算ソフトであるExcelと同じような外観になっており、Excelを使ったことがあれば問題なく利用できます。

実際にアプリを開発する際は、すでに準備してあるGoogleスプレッドシートの内容を参照します。一般的な表を作る感覚で問題ありません。当然ながら、プログラミングが要求されることもないため簡単です。

さらに、ノーコードであることから開発コストも抑えられます。開発したアプリに対する審査やアップロード作業もありません。少しでもコストや手間を軽減したいアプリ開発において、これらの点は大きなメリットといえます。

Glideの機能

Glideには魅力的な機能がいくつか搭載されています。

Glideで作成したアプリの公開範囲は任意に設定可能です。公開の方法についても、パスワード認証・指定メールアドレスを所有しているユーザーへの限定など、自由に設定できます。この点は、社内のみで利用したいシステムの開発において大いに役立つでしょう。

また、コメントやチャット機能を簡単に搭載できる点も魅力です。このことから、他のユーザーとコミュニケーションをとるツールも容易に開発できます。2019年には、コメント・チャットの追加をメールで通知する機能が実装されさらに使いやすくなりました。

Googleスプレッドシート との同期が行われる点も特筆すべき機能のひとつです。Glideでデータの編集が行われると、Googleスプレッドシートにも同様の内容が反映されます。また、スプレッドシートで更新されたデータの内容も、アプリに反映されます。

Glideの使い方

Glideでアプリを作成する際の一般的な流れをご紹介します。

スプレッドシートの準備

Glideで参照するGoogleスプレッドシートを新規で用意します。項目を設け、その下にデータを入力していくという一般的な表の作成方法で問題ありません。

Glideへのログイン・データの読み込み

Glideにログインし、新規のアプリを作成するために「Create app」をクリックします。

Glideではテンプレートからの開発も可能ですが、今回はスプレッドシートを活用するため「Google Sheets」をクリックします。事前に用意しておいたスプレッドシートを選択し、データを読み込んでください。

アプリのカスタマイズ

読み込みが終わるとアプリの画面が表示されるため、必要に応じて調整を行っていきます。

スクリーンのスタイルは以下の8種類から選択可能です。

  • List:リスト
  • Tiles:タイル
  • Calendar:カレンダー
  • Map:地図
  • Checklist:チェックリスト
  • Cards:カード
  • Swipe:スワイプ
  • Details:細部

「setting(設定)」の項目では、アプリの外観やサインイン画面、プライバシー機能などを変更・切り替えできます。

アプリ公開

最終的に開発したアプリを公開します。「SHARE」をクリックし、「Publish app」をクリックすると、アプリにアクセスできるQRコードが生成されます。アプリのURLは任意に変更可能です。

誰でも利用できるようパブリックで公開することも可能ですが、個人情報を扱うアプリや社内で利用するアプリはログイン設定などで利用できるユーザーを限定しておく必要があります。

▼使い方の詳細は下記の記事をチェック!

まとめ

今回はGlideについてご紹介しました。スプレッドシートでデータを編集できるGlideは、ノーコードツールのなかでもとりわけ使いやすいツールといえます。アプリ開発に関して「難しい」というイメージを持っている方でも、簡単に扱えるでしょう。Googleアカウントを持っていて、日常的にスプレッドシートを利用している方は、ノーコード開発の入門ツールとして利用してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP