ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 34 view

自動化ツールが無料で作れるノーコード開発ツールおすすめ5選

現在の日本では、多くの業界で人手不足が大きな課題となっています。そんな中、注目されているのがさまざまな業務の自動化です。単純業務などをオートメーション化することで、貴重な人員をコア業務に集中させるのが狙いです。そこで注目されているのが自動化ツールです。しかし、自社の業務に会わせた開発が必要となるケースも少なくありません。そこで今回は、無料で自動化ツールを作れるノーコード開発ツールをご紹介します。

自動化ツールは無料で開発できる?

自動化ツールにもさまざまなものがありますが、完全に自社の用途に合ったものがなかなか見つからないというケースも少なくありません。そうなると、自動化ツールを開発することになります。

ツールの開発というと、多くのコストがかかるというイメージが持たれがちですが、ノーコード開発ツールを使用すれば コーディング が不要になりますので、低コストでの開発が可能です。

ノーコード開発ツールとは?

ノーコード開発ツールとは、その名の通り コーディング 不要でさまざまなアプリなどを開発できるツールのことを指します。ツールやシステムの開発において最大のハードルとなっていたプログラミング言語によるコーディングを省略できますので、誰でも簡単にツールの開発を行えます。

無料で利用できるノーコード開発ツールはある?

開発ツールというと、コストがかかるものをイメージする方が多いかもしれません。しかし、ノーコード開発ツールの中には無料で利用できるものも少なくありません。また、有料のツールにも無料プランが用意されているケースは多く、一部の機能は制限されているものの、十分に自動化ツール開発を行えるというケースもあります。

これからツール開発に挑戦したいのであれば、まずは無料のものから試してみるのがおすすめです。

自動化ツール開発ができる無料ノーコード開発ツールおすすめ5選

ここからは、自動化ツール開発におすすめのものをピックアップしてご紹介します。

Zapier

Zapierのトップページ
画像:zapier.com

Zapierは、自動化ツールの開発に特化したノーコードサービスです。最大の特徴は、ビジネスシーンでの使用頻度の高い Googleスプレッドシート をはじめとするアプリやサービスとの連携が可能であるという点です。ビジネスツールだけではなく、TwitterなどのSNSにも対応しており、連携可能なアプリの種類は2,000を超えます。

たとえば、特定のアプリで入力をしたデータを他のアプリへ同時に反映する、といったシステムも簡単に開発可能です。うまく活用すれば単純作業の多くを自動化することで、大幅に業務効率を高められます。

操作も直感的に行えますので、すぐに使える自動化ツールをすばやく開発するといった用途に適しています。ただし、自由度はプログラミングに比べると高くはありませんので、単純作業の自動化専用ツールとして割り切るのがおすすめの用途です。

業務効率化ツールの定番としてすでに多くの企業などで導入されており、信頼性も抜群です。

■Zapier

公式URL: https://zapier.com/

Power Platform

powerplatformのトップページ
画像:powerplatform

WindowsやOfficeシリーズなどで知られるマイクロソフトが提供するビジネスツールです。主な得意分野は分析作業となり、さまざまなツールと連携し、必要なデータを自動で収集・解析するといった自動化ツールを、 コーディング 不要で開発することが可能です。

操作性は同社の提供するOfficeシリーズを踏襲したイメージです。そのため、普段から同社のOSやアプリを使用している方であれば、すぐに操作を覚えられるでしょう。

ソフト開発において世界的トップ企業となるマイクロソフトの提供ツールというだけあって、信頼性は抜群で、多くの企業や公共機関などでも導入されています。マイクロソフトのアプリやサービスを普段から利用している方には、特におすすめのツールです。

■Power Platform

公式URL:https://powerplatform.microsoft.com/ja-jp/

docupilot

docupilotのトップページ
画像:docupilot.app

ビジネスシーンではさまざまなドキュメントの作成が必要となります。決まったテンプレートを用意していても、入力作業が大きな負担となってしまうケースも少なくありません。Docupilotは、こうしたドキュメント作成を自動化するツールです。

さまざまな書式のテンプレートが最初から用意されていますので、入力項目を設定するだけですぐに使用できます。手間のかかる請求書などの金額をすべて自動入力することも可能です。

■docupilot

公式URL: https://docupilot.app/

IFTTT

IFTTTのトップページ
画像:ifttt.com

シンプルな操作でさまざまな業務自動化ツールを開発できるツールです。開発の自由度はそれほど高くはありませんが、その分操作がとても簡単かつ直感的で、ツール開発の経験がない方でもすぐに使いこなせるため、ノーコード開発ツール入門にもおすすめです。

他のサービスは有料プランが用意されており、フルで機能を使用するためにはある程度のコストが必要となるケースが多いなか、IFTTTは完全無料となっている点もポイントです。

■IFTTT

公式URL:https://ifttt.com/

Clay

Clayのトップページ
画像:www.clay.run

潤沢に用意されたテンプレートを用いて、かつ簡単な操作でワークフロー構築できるツール。そのため、プログラミングの知識が不要で、短時間で自動化ツールを開発できます。

SaaSツールとの連携や、様々なサービス、アプリから「情報を集める」といった機能も搭載しており、上手く使えばシンプルな操作で高機能な自動化ツールを開発することも。

■Clay

公式URL:https://www.clay.run/

まとめ

自分で自動化ツールを開発できれば、より業務を効率化できます。ノーコード開発ツールであれば、 コーディング に必要な プログラム言語 などの知識は不要です。できるだけコストや手間をかけずに業務の自動化を行いたいのであれば、今回ご紹介した無料のノーコード開発ツールを試してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP