ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 257 view

ノーコードでアプリ開発ができる「Bubble」を紹介

アプリ開発には プログラム言語 による コーディング が必須です。これがネックになって、自身での開発を諦めていたという方も多いようです。しかし、現在は開発にコーディングを用いない「ノーコード開発ツール」が増えています。これらのツールを使用すれば、高度なプログラミング技術が不要でアプリの開発が可能です。

Bubbleはそんなノーコード開発ツールの代表格です。今回はBubbleとはどんなサービスなのか、その特徴や使い方などについてご紹介します。

Bubbleとは?その特徴は?

Bubbleのトップページ
画像:bubble.io

低コストかつ短期間でアプリ開発が行えることから、ノーコード開発ツールはさまざまな方面で高い注目を集めています。その代表格のひとつがBubbleです。まずはBubbleがどのようなツールなのかご紹介します。

Bubbleとは

通常、アプリ開発を行うためにはプロトコルや各種プログラミング言語に関する知識が必要です。シンプルなアプリであっても、膨大な専門知識や技術の習得が必要で、これがアプリ開発に多くのコストや時間がかかる原因となっていました。

それに対して、Bubbleは コーディング 経験や知識がなくてもアプリ開発を行うことを目的としたツールです。本格的なアプリ開発を行えるツールながら、無料プランも用意されています。コーディングは不要ですが自由度は非常に高く、さまざまなアプリ開発が可能です。なかでも、もっとも得意としているのはWebアプリです。

Webアプリを開発するためには、本来 HTMLCSS といったより幅広い知識が必要でしたが、Bubbleにおいてはほぼ不要です。Web上のシステム構築としてはWordPressなどの CMS が広く使われており、CMSでもさまざまなWeb開発が可能ですが、Webアプリ開発という視点で考えると、やはりコーディングなどの知識が必要となります。そこで、Bubbleを使用したWebアプリ開発が有効となるのです。

■Bubble

公式URL: https://bubble.io/

Bubbleの特徴

Bubble最大の特徴は、ビジュアルプログラミングに対応している点です。直感的な操作が可能なので、誰でも簡単にアプリの開発が可能となります。具体的には、用意されたブロックを積み重ねながらアプリの形を組み立てて行くというイメージです。視覚的にアプリの構造を把握しながら開発を進められるので、はじめての方でも容易に使いこなせるでしょう。

一方、ノーコード開発ツールは、簡単に操作ができることから、開発の自由度が低くなってしまう傾向にあります。しかし、Bubbleでは非常に豊富な素材が用意されており組み合わせの自由度も高いことから、操作は簡単であっても複雑なアプリの開発も可能です。

すでにご紹介した通り、無料のプランも用意されていますので、一切コストをかけることなくWebアプリを開発できます。

Bubbleはどんな人におすすめ?

Bubbleはアプリ開発にコストや時間をかけることができないビジネスの スタートアップ 時や、小規模なビジネスオーナーにおすすめです。もちろん、高度なアプリ開発が可能なのでさまざまな用途で使用できますが、「開発にコストも時間もかけられない」といったシーンにおいて、より大きな力を発揮してくれるでしょう。

また、無料で利用可能なので、これからはじめてアプリ開発にチャレンジする方向けの学習ツールとしても有効です。

Bubbleの導入実績

Bubbleは、ノーコード開発ツールの定番でありさまざまなところに導入されています。続いてはBubbleの導入実績をご紹介します。

Qoins

2016年からサービスが開始されたQoinsはBubbleを導入しており、借入金の返済管理が主な機能です。基本設計はBubbleで行われており、その後、ネイティブアプリ化されました。単に金額を管理できるだけではなく、さまざまな決済システムと連携していますので、アプリ内での返済も可能な点が魅力です。

Qoins はBubbleによって開発が行われたアプリの中でも、特に成功したもののひとつで、75万ドル以上の資金調達に成功したと言われています。

Zeroqode

ノーコード開発ツールの学習ができるアプリです。動画などを取り入れたわかりやすい講座が多数用意されています。

もともとは「CodeFree」という名称で提供されていましたが、現在はBubble向けのテンプレートなどを提供している「Zeroqode」に買収され、ネーミングが変更されました。

Bubbleの使い方

Bubbleの具体的な使い方についてご紹介します。

アカウント登録

Bubbleを利用するためには、はじめにアカウント登録を行います。日本語化はされていませんが、トップページ右上にある「sign up」をクリックし、メールアドレスを入力してパスワードを設定するとアカウントが作成され、Bubbleの利用準備が整います。

レッスンで基本操作方法をチェック

Bubbleは、アプリ開発の知識がない方でもすぐに利用できることを目標としています。そのため、わかりやすく操作方法を移設してくれるチュートリアルが用意されています。スキップも可能ですが、はじめて使用するのであれば履修をおすすめします。

アプリの開発

チュートリアルレッスンを完了した後は、すぐにアプリの開発がスタートできます。基本的な操作方法はレッスンで学ぶことができますし、そもそも直感的な操作が可能ですので、実際に触れてみると仕組みをすぐに理解できるでしょう。

Bubbleの詳しい使い方を知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

まとめ

Bubbleを使用すれば、 コーディング に関する知識がまったくない方であっても簡単にアプリ開発を行えます。開発未経験の方の学習用としても魅力的なツールですので、気になる方はアカウント登録をして、実際に使用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP