ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 387 view

Carrdの使い方を日本語で解説!基本操作の流れをマスター

Webサイト を制作したい」と考えても、プログラミングに関する知識がないと難しいものです。そんなときに便利なのが、ノーコードでWebサイトを作成できる「Carrd(カード)」です。

ただし、Carrdは英語で作られているため、使いづらいと考えている方もいるかもしれません。今回は、そういった方に向けて、Carrdのアカウントの作成方法や操作方法をご紹介します。

Carrdの概要とアカウントの作成手順

carrdのトップページ
画像:carrd.co

Carrdは、誰でもノーコードで Webサイト を制作できるツールです。2016年にスタートしたサービスで、初めて利用する方でも、簡単にシンプルなWebサイトを作成できるのが魅力です。

Carrdには無料プランと有料プランが用意されていますが、3ページまでは無料で利用可能です。それ以上のページを作成する場合は、有料プランに移行する必要があります。有料プランの特徴を以下に列挙します。

  • 最大250ページのWebサイトを制作できる
  • 好きなドメインを取ったうえでWebサイトを作成できる
  • クレジット表記(Made with Carrd)が消える
  • 無料プランにはないテンプレートを使用できる
  • 自分で作成したコードを活用できる
  • GoogleAnalystを導入できる
  • 完成したWebページのコード( HTMLCSSPHP など)をダウンロードできる

1、2ページで完結するホームページやポートフォリオなどであれば、無料プランでも十分でしょう。ただし、企業として利用する場合や、複数階層のWebサイトを作成する場合は、有料プランへ移行するのがおすすめです。

アカウント作成の手順

Carrdでアカウントを作成する場合、まずは公式サイトにアクセスしましょう。次に「Log in」ボタンをクリックすると、アカウント作成画面に移行します。「Sign up!」を選択し、名前・メールアドレス・パスワードを入力すると、登録完了メールが届きます。有料プランへ移行する場合は、公式サイトにログインしてからプランの移行を行いましょう。

Carrdの画面の見方

Carrdの編集画面は、すべて英語で構成されているため、とっつきにくい印象をもっている方も多いでしょう。こちらでは、Carrdの編集画面の見方をご紹介します。

カテゴリーメニュー

編集画面の上部には、カテゴリーメニューが配置されていて、「エレメントの追加」「UNDOボタン」「プレビューアニメーションボタン」「モバイルビューへの切り替え」「サイトの公開」などの操作を行えます。

Background

編集画面の大枠に設定されているのが「Background」です。こちらを選択すると左側にメニューが表示され、色やパターンなどを変更できます。アニメーションを追加することも可能です。

Container

「Container」はサイト全体の外観を設定するボタンです。クリックするとデザインのタイプを選択することができ、画像やタイトルの大きさ・配置、余白などを設定できます。

Text

サイト上のテキストをクリックすると、テキストの編集画面が表示されます。ボックス内にテキストを入力すると、プレビューに反映されます。テキストの装飾は「マークダウン方式」が採用されており、英語表記ではあるものの、画面を確認しながら入力すればそれほど難しくありません。

Buttons

「Buttons」ボタンでは、サイト内に配置したボタンの設定を行えます。表示するラベル名やアイコンの編集はもちろん、色やリンクの設定なども可能です。

Carrdの基本的な操作方法

Carrdの編集画面は英語で構成されているものの、直感的な操作で Webサイト を制作できるのが魅力です。こちらでは、簡単なポートフォリオを作成する場合を例に、Carrdの基本的な使い方の流れをご紹介します。

テンプレートを選択する

公式サイトにアクセスすると、マイページ画面の右上に「New Site」ボタンがあります。これをクリックするとテンプレートの選択画面に移動し、「Profile」や「Landing」など、作成するサイトのイメージに合ったものを選べます。

ポートフォリオを作成する場合は、「Profile」や「Portfolio」などが最適です。各テンプレートの「Demo」ボタンをクリックすると、そのテンプレートを活用したデモページを確認できます。ただし、テンプレートの右上に「Pro」表示のあるものは、有料プランへ移行しなければ選択できません。

イメージに合わせて編集する

テンプレートを決定したら、自分のイメージに合わせて編集していきましょう。「Background」や「Container」など大枠から設定し、その後、詳細を編集するのがおすすめです。追加したい要素がある場合は、画面上部のカテゴリーメニューから「エレメントの追加」を行いましょう。

公開する

サイトが完成したら公開しましょう。画面上部のカテゴリーメニューから、「Publish this site」を選択し、タイトルと説明文を設定します。最後にURLを決定し、「Publish」ボタンを押したら公開されます。公開後も編集することは可能なため、ある程度完成したら公開してみるのも良いかもしれません。

まとめ

Carrdは、直感的な操作で Webサイト を作成できるノーコード開発ツールです。複雑な構造のサイトではなく、シンプルかつ手軽にサイトを構築したい場合に適しています。英語を読み取る必要はあるものの、難しい単語は使用されていないため、誰でも気軽に利用できます。まずは無料プランでサイト作成を行ってみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP