ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 214 view

Yappliの使い方を解説!基本操作の流れをマスター

この10年ほどで急速にスマートフォンの普及が進んだことによって、さまざまなサービスでスマホアプリが活用されるようになっています。そこで、自社のサービスもスマホアプリで提供したいという需要が高まっています。従来、スマホアプリを開発するためには専門的な技術や知識が必要とされ、多額のコストと長い時間が必要でした。

そうした状況の中、誰でも簡単にアプリを作れるノーコード開発ツールが注目を集めています。今回ご紹介するYappliもノーコード開発ツールのひとつです。ここではYappliの基本的な使い方をご紹介します。

Yappliを使用するための事前準備

Yapliのトップページ
画像:yapp.li

どんなツールでも本格的な開発を行うためには事前準備が必要です。そこでまず、Yappliの特徴を簡単にご紹介するとともにアカウント作成の方法など事前準備についてご紹介します。

Yappliとは

Yappliとは、株式会社ヤプリが提供するスマホアプリに特化したクラウド型ツールです。最大の特徴は、プログラミングなどの専門的な知識がなくても、直感的な操作でアプリ開発を進められる、という点です。基本的な操作は ドラッグ&ドロップ といった視覚的な操作で行えます。

ノーコードツールといっても開発の自由度はとても高く、開発のみでなく運用や分析など、すべてこのツール内で行え、トラブル時などは専門チームのサポートを受けられることから、信頼性が高く、ヤマハやダスキン、りそな銀行といった大企業を含む400社以上のアプリ開発に使用されています。

Yappliのアカウント登録

Yappliは、画面上からアカウントを登録して使用するといったツールではありません。まず、公式サイトから問い合わせを行います。そのうえで、担当者から提案を受けるという形になります。公式サイトなどでは公表されてはいませんが、アプリの種類や使用の規模などによって豊富なプランが用意されていますので、最小限にコストを抑えながらアプリを開発することも可能です。

充実したサポート

Yappliは、気軽にアクセスしてその場で開発をスタートできるといったタイプのツールではありませんが、充実したサポートを受けられます。前述の通り、最初の段階から担当者に相談できますので、アプリ開発に関する知識がまったくないという方であっても的確なアドバイスを受けられます。

また、アプリは開発したらそれで終わりというわけではありません。しっかりと運用・活用していかなければ意味がありません。Yappliではアプリが完成したあとの運用やデータ分析、そしてアップデートなども行えるようになっています。単にアプリを開発するのみでなく、しっかりと運用していきたいと考えている方に特におすすめのサービスとなっています。

Yappliの使い方

Yappliを使用することによってさまざまなアプリを開発し、運用できます。そこで、ここでは具体的な使い方をご紹介します。

打ち合わせと初期製作

Yappliではまず、担当者と打ち合わせを行いながら基本的なアプリの仕様などを決定します。どのような用途で使用するのか、いつ リリース するのかなど、基本的なポイントだけを決めて、担当者に任せてしまうこともできます。そのため、アプリ開発にそれほど時間をかけられない、という方にもぴったりです。基本的な用途などを決定して企画などを提案してもらうことも可能です。

逆にしっかりとしたイメージが完成しているのであれば、デザインなどまで細かく指定してアプリの開発をスタートできます。

基本的なアプリのデザインや機能など必要な要素をすべて指定したうえで、アプリの形を作成し、各ストアへの申請や集客などを依頼することも可能です。

従来のノーコード開発ツールとは違い、サポート体制がとてもしっかりとしていますので、アプリの作成そのものを依頼するような感覚で利用できます。

リリース後の運用

リリース 後は自社で管理を行うことになりますが、ここでもしっかりとサポートを受けられます。もちろん、月額料金は発生しますが、基本的な運用のみでなく、データ分析などの支援も受けられますので、開発したアプリを最大限に活かせます。リリース後の仕様変更などにも対応可能となっています。

さらに、スマホのOSもアップデート対応が可能です。長期的にアプリを運用することを考えるのであればアップデート対応は欠かせませんので嬉しいポイントです。

さらに、サーバー運用保守や監視までサポートに含まれていますので、セキュリティの面も安心です。この点も大手銀行や大企業にも採用されている理由のひとつでしょう。

このようにリリース後の運用まで行える点も、このサービスの大きな強みです。

まとめ

スマホの普及によって、スマホアプリ開発への需要が高まっています。そうしたスマホアプリ開発を総合的にサポートしてくれるだけでなく、 リリース 後の運用からアップデート対応まで行うことのできるサービスがYappliです。今後、アプリの開発や運用を考えているのであれば、このサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP