ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 165 view

ノーコードツール「AppSheet」とは?業務効率が向上する機能多数

ノーコード・ローコードでのアプリ開発に取り組む企業や個人事業主が増えるなか、とりわけ多くの注目を集めているツールが「AppSheet」です。日本ではあまり聞き馴染みがないものの、世界では20万を超えるアプリがAppSheetのプラットフォームで作成されています。

今回は、注目のノーコード開発ツールAppSheetの特徴や基本的な機能などをご紹介します。モバイルや Webアプリ の開発に取り組む際は、ぜひ参考にしてください。

AppSheetとは?

AppSheetのトップページ
画像:www.appsheet.com

AppSheetとは、Google社が手掛けるノーコード開発ツールです。以前、同社は、「App Maker」という開発ツールを運営していましたが、使用率の伸び悩みを受けてサービスを終了させました。その後、2020年1月に スタートアップ 企業のAppSheet社を買収し、Google社の提供するサービスと連携したノーコード開発ツール、AppSheetを リリース しました。

AppSheetの特徴

AppSheetの特徴は、主に以下の4つです

プログラミングに関する知識が必要ない

AppSheetでアプリ開発を行う場合は、プログラミングに関する知識やソースコードについての理解は必要ありません。搭載したい機能や画面のデザインなどを選択するだけで、イメージ通りのアプリが完成します。

さまざまなサービスと連携できる

AppSheetはGoogle社のアプリだけでなく、Microsoft社やSalesforce社のアプリとも連携可能です。それぞれのサービスでばらばらに運用していたデータを、ひとつのアプリケーションにまとめられます。

アプリの開発方法が豊富に揃っている

AppSheetには3つのアプリ開発パターンがあります。目的に近いサンプルを活用する方法や、所有しているデータを元に開発する方法などがあり、リテラシーに応じて開発パターンを選択できます。

アプリを公開しない場合は無料でも利用できる

AppSheetの料金は、作成したアプリを「公開するかどうか」で決まります。アプリを公開して多数のユーザーに利用してもらう場合は、搭載する機能やユーザー数によって料金が変わります。一方、アプリを公開しない場合は無料で利用できるため、個人で使用する場合には、どんな機能を搭載しても費用はかかりません。

AppSheetの基本的な機能

AppSheetには、さまざまな機能が搭載されており、それらを活用してアプリ開発を行います。基本的な機能を以下に列挙します。

  • 写真撮影・保存機能
  • GPSによる位置情報の取得機能
  • 地図の表示機能
  • バーコードやQRコードの読み取り機能
  • 電子署名機能
  • API連携機能
  • カレンダー表示機能
  • メール連携機能

これらの機能をすべて自分で コーディング し、アプリに搭載するのは簡単ではありません。しかし、AppSheetを活用すれば、ボタンひとつで機能を選べるため、アプリ開発初心者でも安心です。

また、AppSheetには自然言語処理やOCRなどの高度な機能も搭載されています。より複雑なアプリを作成する際に役立つでしょう。

AppSheetの使い方はこちらの記事で解説しています。

AppSheetを導入するメリット

こちらでは、AppSheetを企業に導入するメリットをご紹介します。

社内データを一元管理して業務の効率化につなげる

AppSheetを導入する最大のメリットは、「社内データを一元管理して業務の効率化につなげる」点にあります。近年は、情報のデジタル化やシステム化が進んでいるものの、実際の現場に目を向けると「顧客情報はスプレッドシート」「在庫管理はエクセル」「顧客とのやり取りはEメール」など、さまざまな情報をばらばらに管理しているケースも少なくありません。

AppSheetを活用して、それらの情報を一元管理するアプリを作成することで、煩雑な業務を効率化できます。無駄な作業が少なくなれば、その分意欲的に仕事に取り組むことができ、業績の向上も期待できるでしょう。

専門のプログラマーを常駐させる必要がない

アプリ開発を行う場合、ハードルのひとつとなるのが、専任プログラマーの存在です。一般的なツールでは、コードを一から組むことになるため、専門知識のある人の存在が欠かせません。人材がいない場合は、新たに人を雇う必要があります。

AppSheetを利用すれば、プログラミングに関する知識がなくてもアプリ作成が行えるため、プログラマーを常駐させる必要がありません。不明点がある場合は、公式のQ&Aに問い合わせると、運営側から回答を得られます。雇用のコスト削減などにつながるでしょう。

AppSheetはどんな企業におすすめ

AppSheetは、以下のような企業におすすめです。

  • 情報が一元管理されていない
  • Google社やMicrosoft社のサービスを活用している
  • モバイルアプリの開発も行いたい

AppSheetは、Webだけでなく モバイルアプリ の開発も可能です。作成したアプリを、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも確認したい、という場合でも安心です。

まとめ

今回は、Google社が提供するノーコード開発ツールAppSheetをご紹介しました。コードを書かずに必要なアプリを制作できるため、プログラマーのいない企業でも安心して導入できます。公開までは無料で利用できますので、気になる場合は一度試してみてはいかがでしょうか。

AppSheet以外のノーコード開発ツールについても、別記事で紹介しています。興味のある方は、ぜひそちらもご覧ください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP