ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 9 view

ローコード開発の特徴は?注目される理由と主要ツールを紹介

コンポーネントをドラッグ&ドロップする……たったこれだけで、誰でも本格的なアプリ・ソフトウェアを開発できる時代となりました。とりわけローコード開発市場は、ここ数年で一気に拡大。世界中のベンダーがローコードツール・プラットフォームを リリース しています。そこで今回は、ローコード開発の特徴や世界的に注目される理由をお話します。

ローコード開発の特徴

ローコード開発とは、必要最低限のソースコードの記述でアプリ・ソフトウェア開発ができるITツールやプラットフォーム、その手法の総称です。 ゼロベース で開発する「スクラッチ開発」とは異なり、あらかじめ用意された「部品」を組み合わせ、アプリ開発などを行います。

ここでいう「部品」とは、ローコード・プラットフォーム内に用意された開発コンポーネントのこと。たとえば、開発中のアプリにメール配信機能を実装する場合、「メール配信(仮)」という名のコンポーネントを用いるだけで、組み込みが完了します。これがスクラッチ開発の場合ですと、ソースコードを記述してメール配信機能を作り、アプリに実装する流れとなります。

「ソースコードを書かない」という選択は、アプリ・ソフトウェア開発における作業工数を大幅に削減します。開発スピードの向上、ひいては担当者1人ひとりの生産性向上に繋がるのです。さらにヒューマンエラーのない高精度・高品質な成果物が仕上がるほか、非エンジニアの現場投入によるITエンジニア不足解消なども期待できます。

ローコード開発の主要ツール

ローコード開発用のITツールやプラットフォームは、世界中のベンダーが提供・販売しています。その中でも、とりわけユーザー数の多い主要ツールを2種類ご紹介します。

Microsoft PowerApps Microsoft

powerappsのトップページ
画像:powerapps.microsoft.com

Windowsでお馴染みの「Microsoft」が提供するローコード開発ツールです。独自の開発環境を使い、ドラッグ&ドロップでサクサクとアプリ開発ができます。同社のExcelの関数機能を使ったり、PowerPointで資料作成を行ったりするのに近い操作感です。

初期段階から多数のシステム開発用コンポーネントを用意。必要な箇所に、必要なコンポーネントを組み込むだけで、各種機能を実装できます。また、同ツールは「コネクタ」という独自機能を用意しており、計200種類以上の外部ツール・サービスとの連携が可能。連携したいツールのコネクタがない場合は、自身で「カスタムコネクタ」を作成することで、連携できるようになります。

Salesforce Lightning Platform

Salesforceプラットフォームのトップページ
画像:www.salesforce.com

CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)で世界トップクラスのシェアを誇る「Salesforce」のローコード開発ツール。こちらは「Salesforce CRM」や「SalesCloud」など、Salesforce社サービスの既存ユーザー向けのツールとなります。

最大の特徴は、同社が提供する「Salesforce CRM」との連携に優れること。顧客情報などの データベース はもちろん、ワークフローやユーザー認証機能、レポーティング、分析エンジンなど連携し、アプリ・ソフトウェア構築に活用できます。GUIはシンプル設計で、必要なコンポーネントをドラッグ&ドロップするだけ。非エンジニアでも難なくアプリが開発できます。

ローコード開発に世界中が注目するワケ

ローコード・ノーコードという言葉を耳にするようになったのは、比較的最近の印象を受けます。しかし、ローコードの根幹となるビジュアル・プログラミングや自動コード生成という技術は、2000年代初頭に考案されました。まるでパズルのように「部品」を組み合わせる開発手法は、20年以上も前から存在していたのです。

ローコードがここ数年で急速普及した要因は、全世界で加速するDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進にあります。事の発端は、新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミックでした。感染症対策の観点から、フルリモートでの開発体制の構築が、急務となったのです。

世界中の企業は、DXベースによるビジネスモデルおよび業務プロセスの“変革”が求められました。それは日本のIT業界も同様です。

ローコード・ノーコードといった「専門知識・技術に依存しない開発手法」は、その一翼を担います。ツールやプラットフォームの使い方さえわかれば、非エンジニアでもアプリ・ソフトウェア開発に携われるためです。それはITエンジニアの人材不足解消に繋がり、DXの本質である業務プロセスの“変革”をもたらします。これらの理由から、ローコード・ノーコードなどの開発手法が全世界で注目されているわけです。

ローコード開発ツール・プラットフォームの展望について

ローコード・ノーコードの普及は、今後さらに加速すると予想できます。「ミック経済研究所」が発刊した「DX実現に向けたローコードプラットフォームソリューション市場の現状と展望 2020年度版」によると、国内のローコード開発市場は、2018年度の実績が2,143億円、2019年度の見込みは2,458億円でした。

また中期予測によると、2023年度の市場規模は4,560億円まで拡大するとのこと。 クラウドサービス を中心に、ローコード開発ツール・プラットフォームが普及していくのではないでしょうか。

市場拡大にともなう影響としては、これまでよりも、高スキルのITエンジニアが希有な存在になるということ。アプリ・ソフトウェア開発の敷居が下がる分、担当者の技術レベルが下がるのは、必然です。ローコードツールは確かに便利ですが、要件外のオーダーにも対応できるよう、随時プログラミング知識を身につけておきたいところです。

まとめ

今後、より一般的になると予想されるローコード開発。従来のスクラッチ開発よりも作業工数が少なく、予算や人的コストを抑えられます。最小限のプログラミング知識は必要ですが、ツール・プラットフォームの操作に慣れれば、誰でもアプリ開発ができる優れもの。プログラミングに興味のある方は、ローコードやノーコード開発から始めるのがよさそうですね。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP