ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 49 view

無料&ノーコードで誰でもアプリが作れる時代がやってきた!

「ノーコード」という画期的な技術の登場によって、プログラミングやITの専門知識がない人でも、簡単にアプリ開発ができる時代が到来しました。ここでは、ノーコードのメリットや、アプリを作る流れ、定番のノーコードツールをご紹介します。これからノーコードの開発ツールでアプリを作る方は、ぜひ参考にしてみてください。

無料の開発ツールでアプリが簡単に作れる時代に!

スマートフォンの普及にともない、多くの方が日常的にアプリを利用する時代になりました。こうしたアプリの数々は、通常プログラミングなどの専門知識を持つ技術者によって開発されています。ところが近年、プログラミング言語を使ってコードを書くことなく、より簡単にアプリを作る方法が登場しました。

こうした方法は「ノーコード」と呼ばれ、技術者以外の誰もがアプリを作れる画期的な技術として、注目を集めています。さらに驚くべきことは、一部のノーコード開発ツールが、無料で使えること。自分で作りたいアプリがあるなら、ぜひノーコードという選択も視野に入れてみましょう。

【ノーコードVSコーディング有り】メリットを比較

ノーコード開発には、従来の コーディング 有りの開発と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、コーディング有りの方法と比較しながら、ノーコードのメリットをご紹介します。

専門的な知識がなくても開発できる

従来の コーディング 有りの開発では、プログラミングやコーディングに関する専門的な知識が必須でした。それに対して、ノーコードを活用すれば技術者でなくてもアプリの開発が可能です。自社でエンジニアを雇ったり、専門家にアウトソーシングしたりせずに、自分でアプリを作れるのは大きなメリットと言えるでしょう。

一方で、ノーコード開発ツールの仕様によっては、できることが制限されることも。より複雑な要望や、難度の高い要望には対応できない可能性があるのです。専門知識がなくてもアプリ開発はできますが、作ろうとするアプリのレベルにより、専門知識が求められるケースもあります。

時間や費用などのコストを削減できる

ノーコードによる開発の場合、スピーディーにアプリを作れるのがメリットです。ソースコードを書く時間や、検出されたバグを修正する時間などがかかりません。また、ノーコード開発ツールは、比較的リーズナブルに利用しやすいというメリットもあります。無料または低額な月額料金のみで利用できるツールの選択肢が多くあるため、費用面でも開発コストを抑えやすいでしょう。

ただし、ノーコードで作ったアプリは開発ツールに依存しています。サービス停止などの事情でアプリを使えなくなるリスクに注意が必要です。

ノーコード開発ツールでアプリを作る流れ

実際にノーコード開発ツールでアプリを作るときの、大まかな流れをご紹介します。具体的な手順はツールによって異なるので、利用するサービスの詳細をご確認ください。

まずは、ノーコード開発ツールでアカウント登録を行います。メールアドレスやパスワードなどの情報を入力し、自分のアカウントを作成しましょう。次に、開発したいアプリの種類や、デザインなどを選択して、基本の設定を行います。多くのツールではテンプレートの選択肢が豊富に用意されているので、イメージに近いものを選ぶと良いでしょう。最後に、画面や データベース を構築し、詳細な条件設定をしたらアプリが完成です。

無料で使えるノーコードツールを紹介

最後に、基本無料で使えるノーコードツールをご紹介します。個人でアプリを開発するケースであれば、無料プランでも問題なく対応可能です。まずは定番のツールから試してみましょう。

Glide

Glideのトップページ
画像:www.glideapps.com

Glideは、プログラミングや コーディング の経験がない方でも使いやすいノーコードツールです。スプレッドシート形式でデータを取り扱うので、 データベース の構築がわかりやすいのが特徴です。個人で利用するのであれば、無料の「Free」プランを使ってアプリ開発ができます。有料版へアップグレードするなら、月額$32の「Pro App」プランが定番です。

■Glide

公式URL:https://www.glideapps.com/

Bubble

Bubbleのトップページ
画像:bubble.io

Bubbleは、簡単な操作のみで自由度の高いWebアプリを作れるノーコードツールです。ノーコードでありながらもできることが多いので、アプリ開発の初心者だけでなく、技術者にも使いやすいといわれます。個人での開発に適した「Hoppy」プランは無料で利用可能です。なお、個人向けとしては、ほかに月額$25の「Personal」プランが用意されています。

■Bubble

公式https://bubble.io/

Adalo

Adaloのトップページ
画像:www.adalo.com

Adaloは、 コーディング 不要でアプリ開発できるノーコードツールです。アプリ開発に関して、経験や知識がなくても本格的なアプリケーションを作成可能。料金はフリーで利用できるプランがあるため、まずはお試しでアプリ開発を進めてみましょう。無料プランの他には作成したアプリをGoogle、Appleストアや独自ドメインに公開できるプランが月額50$。さらに専用ストレージ20GBと専任のアカウントマネージャーがつくプランが月額200$となっています。

■Adalo

公式https://www.adalo.com/

まとめ

これまでは技術者がプログラミングや コーディング によって開発していたアプリを、誰でも作れる時代が始まろうとしています。ノーコードなら、時間や費用のコストを抑えながらアプリ開発が可能です。なかには無料プランが用意されているサービスもあるので、個人でアプリ開発をするならぜひチェックしてみましょう。ノーコード開発の基礎知識については、ほかの記事でも紹介しているので、ぜひご一読ください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP