ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 11 view

ローコードで業務効率化!開発ツール導入の事例をチェック

現在、多くの企業で業務効率化が求められています。ツールを導入して業務効率を上げるのが一般的ですが、コストや人材がネックになります。そうした問題に直面している企業におすすめなのが、ローコードによる開発です。今回は、業務効率化の現状や、ローコードの業務アプリ開発についてご紹介します。

コロナ禍で業務効率化が一層求められている

経済産業省は約12兆円の経済損失を起こす「2025年の崖」を予見しています。多くの業界において起きている既存システムの老朽化・ブラックボックス化、IT人材需給バランスの崩壊などが理由です。そのため、新しいデジタル技術を採用したシステムへの刷新と、それに伴う業務効率化が求められています。

さらに、2020年には新型コロナウイルス感染症が問題となり、業種にかかわらず企業は大きな影響を受けました。どの企業でも、かつての生産性を取り戻すために、業務効率化に迫られています。上述した状況に加え、さらに業務効率を向上させる必要性が高くなったと言える状況です。

意識面の変革や呼びかけだけで業務効率を向上させるのは現実的ではありません。コロナ禍のコミュニケーション不足によって、社員が共通意識を持つのがさらに難しくなりました。業務効率化を実現するためには、適切なITツールが求められています。

経済産業省は、実際に「2025年の崖」を乗り越えるための施策として、ITツールを導入・刷新を提唱しています。現状では十分な業務のデジタル化ができていない企業が少なくありません。また、使いづらいレガシーシステムにこだわっている企業も多く見受けられるようです。

開発コストを削減・人材リソースに依存しないローコード

業務効率化のためにはツールが必要ですが、問題となるのが開発方法です。一般的には、自社で開発する方法と、外部ベンダーにアウトソーシングする方法があります。当然ながらどちらもコストがかかります。

上述した「2025年の崖」を引き起こす要因の一つとして挙げられているのが、IT人材の不足です。対応を急ぐ企業は既に、人材の獲得を開始しています。今後も、IT人材の採用競争が激化していく見込みです。

つまり、ツール開発のためにこれから人材を獲得しようとする場合は、他社との競争に直面することになります。社内の人材をツール開発のために育成する選択肢もありますが、こちらも時間がかかります。そこでソリューションとなるのが、ローコードです。

ローコードは高度なプログラミングや コーディング の知識が必要ないため、非IT人材でも開発ができます。既存の人材が開発を担当することも可能です。さらに、少ないコストで導入できるため、ベンダーに依頼する場合よりも開発コストを下げられます。

ローコードで開発できる業務効率化ツール

ローコードでどのような業務効率化ツールを開発できるか解説します。

稟議承認ツール

通常、稟議承認のプロセスは起案した部署、稟議の種類といった条件によって、複雑化する傾向があります。こうしたプロセスを電子化するツールをローコードで作成可能です。実際にこうしたツールをローコードで開発し運用している企業では、稟議承認にかかる時間が従来比で約半分に短縮されています。

品質管理ツール

商品在庫を管理している企業であれば、ローコードで開発した品質管理ツールが役立ちます。品質チェックの結果をクラウド上に蓄積しておくことで、担当者は遠隔で確認可能です。また、モバイル対応のシステムにすることにより、現場で商品の品質情報を入力できます。このように、モバイル対応しているアプリをローコードで開発することも可能です。

ローコード開発で業務効率化した事例

既に、多くの企業でローコードによってツールが開発され、業務効率化の実現に貢献しています。

顧客情報をローコード開発したツールで管理しているテルストラ

Telstraはオーストラリアの大手通信事業者です。以前は、顧客サポートの情報が紙・ファイルなどで分散していましたが、専用のツールをローコードで開発し、一元管理に移行しました。全社的な顧客サポート情報の共有が可能となり、対応業務が効率化しています。また、問題解決までのスピードが早まり、顧客満足度の向上効果も見られています。

店頭データ集計をローコードツールで行っているプライスライン

Pricelineは480以上の店舗を展開しているオーストラリアの医薬品販売業者です。以前は、店舗データが複数のシステムに分かれていたので、レポートを作成する際にはすべてにアクセスする必要がありました。この状況を改善するために、ローコードで専用のデータ集計アプリを開発しています。すべての店舗情報が集まっていることから確認が簡単になったほか、レポートを自動生成する機能も実装されました。

まとめ

開発費がない、知見のある人材がいないといった理由から、アプリ・システムによる業務効率化をあきらめている企業は少なくないでしょう。そのような場合は、ローコードで業務効率化ツールを開発してみてはいかがでしょうか。従来は複雑なプログラミングが必要だった開発が簡略化されていますので、ぜひ開発ツールに触れてみてください。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP