ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 136 view

ローコードでWEBサイトを作るメリットとは?作り方を解説

ローコードやノーコード開発ツールの登場により、プログラミングや コーディング の敷居が大きく下がりました。とりわけWEB制作への影響が大きく、非WEBデザイナーでも、おしゃれで本格的な WEBサイト を構築できます。今回は、ローコードでWEBサイトを作るメリットや、具体的な制作手順をご紹介します。

ローコード開発ツールでWEBサイトがつくれる?

ローコードとは、ソースコードを記述しない、あるいは最小限の記述に留めてアプリ・ソフトウェア開発ができるツールやサービスを指します。それはWEBデザインも例外ではなく、専門知識不要で、プロクオリティの WEBサイト を制作できます。

WEBサイト構築に特化したローコード開発ツールは、世界中のベンダーが リリース しています。いずれもGUI(グラフィカル・インタフェース)による直感的な操作を実現し、WEBサイト制作における様々な工数を大幅に削減します。

以下、ローコード開発ツールでWEBサイトをつくるメリットを、もう少しだけ掘り下げていきましょう。

ローコード開発ツールでWEBサイトをつくるメリットとは?

最大のメリットは、最小限の コーディング 知識や技術があれば、非エンジニアでも運用できることです。 WEBサイト 制作では、 HTML でページの骨子を作成し、 CSS (Cascading Style Sheets)で各箇所を装飾していきます。ページに“動き”をつけたい場合は、 JavaScript も使うことになるでしょう。

いずれもソースコードの記述が必要です。しかし、ローコード開発ツールであれば、必要箇所のみの記述で済みます。大部分は、あらかじめ用意された部品(コンポーネント)の組み合わせで構築するため、 コーディング そのものを必要としません。

【コーディングorローコード開発ツール】WEBサイトのつくり方を比較

ここでは、 WEBサイト のつくり方を「ローコード開発ツールを使わない場合」と「ローコード開発ツールを使う場合」の2パターンで比較していきます。

ローコード開発ツールを使わない場合

WEBサイトの一般的な構築手法であり、 HTMLCSS 、必要に応じて JavaScript の知識が必要です。

まずはテキストエディタを開き、HTMLで WEBサイト の骨子やテキストを作成します。たとえば、「「headerタグ」は冒頭に、「footerタグ」をページ下部に記述することで、「○○から○○まではヘッダー部分です」「ここから下はフッター部分です」と定義していきます。

WEBサイトの土台ができあがったら、CSSでデザインしていきます。先ほど記述したHTMLのデザイン情報を、CSSで装飾するイメージです。文字の色や大きさ、太さ、画像サイズ、テキストごとの下線の有無など、細かくデザインできます。

次に、制作したWEBサイトを公開するためのサーバーを用意します。自身でサーバーを立てることもできますが、管理・保守コストがかかるため、基本的にはレンタルサーバーがおすすめです。続いて、WEBサイトのドメイン情報を取得します。

ドメイン情報とは、インターネット上における住所のようなものです。「○○.co.jp」「○○.net」などと表記されます。最後にFTPソフト(ファイル転送ソフト)でWEBサイトの情報、ドメイン情報などをサーバーにアップロードすれば、サイト制作・公開は完了です。指定のURLをブラウザに入力し、アクセスできるか確認します。

ローコード開発ツールを使う場合

ここでは、一般的なローコード開発ツールにおける、 WEBサイト 構築手順を例に説明します。基本的な考え方はシンプルで、ソースコードは記述せず、部品をパズルのように組み合わせてサイト制作を行います。

たとえば、トップページヘッダーの設計。一般的な コーディング の場合、テキストエディタなどに「headerタグ(HTML)」を記述し、ヘッダー情報の領域を定義します。その後、 CSS のコードを記述。トップページヘッダーを装飾し、デザインするのが主流です。

ローコード開発ツールでは、この「ソースコードを書く」というプロセスを丸々省きます。ツールにより異なりますが、「header」という名の部品を UI にドラッグ&ドロップし、当該箇所の色や柄、サイズを自由に設定するだけです。その部品だけで事足りない場合、自分でソースコードを記述し、必要な部品を調達すれば良いのです。これがローコード開発ツールの特徴であり、最大のメリットでもあります。

ローコードでWEBサイトを制作できる主要ツール

ローコードで WEBサイト 制作ができる主要ツールを2種類ご紹介します。なお、以下はソースコードを一切記述しないノーコード・ツールも含まれます。

Webflow

webflowのトップページ
画像:webflow.com

直感的な UI でWEB制作ができるローコード・ノーコード 開発プラットフォーム です。デザインテンプレートを豊富に用意しているので、非WEBデザイナーでもおしゃれで本格的なサイトを構築できます。

こちらは選択プランによって CMS との連携が可能であり、企業のオウンドメディア制作・運営に最適。各種決済機能との連携もできるため、ECサイト構築においても重宝するでしょう。

WiX

WIXのトップページ
画像:ja.wix.com

簡単な WEBサイト を構築するだけなら、WiXのような初心者向けノーコード 開発プラットフォーム がおすすめ。Wixには複数の種類があり、最近は AI 技術を活用した「Wix ADI」というサービスが人気です。ユーザーニーズに応じてAIがWEBサイトを自動作成するため、専用 UI に部品をドラッグ&ドロップ……というプロセスがありません。誰でも簡単に、本格的なWEBサイトが作れる希有なサービスです。

まとめ

WEBサイト 構築のみならず、ローコード・ノーコード開発はさまざまな分野で注目される手法です。これらのツールを活用することで、これまでマンパワーで行ってきた「ソースコードの記述」というプロセスを大幅に削減可能。生産性向上、ひいてはプロジェクト全体の開発スピード向上に繋がります。部品を自由に組み合わせるだけなので、ヒューマンエラーが生じにくいのもポイントです。なお、ローコード開発については、他ページでも解説しています。詳しくはそちらをご覧ください。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP