ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 117 view

アプリケーション作成用ローコード開発ツール「Retool」の使い方

PCをはじめとしてスマホやタブレットなどのデジタル端末やネット環境の普及が進み、業務をより効率化するためのアプリケーションがオフィスにも当たり前に導入されるようになりました。

そこで、便利なのがプログラミングなどの専門知識がなくても簡単にアプリ開発が可能なローコード開発ツールです。今回は中でも人気を集めている「Retool」の用途や使い方などについてご紹介します。

Retoolとはどのようなローコードツール?

Retoolのトップページ
画像:retool.com

アプリケーションを簡単に開発できるローコードツールにも様々なものがあります。それぞれの特徴や適した用途が異なっているので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。そこで、まずはRetoolとはどのようなローコードツールなのかをご紹介します。

Retoolとは

RetoolはWeb上でアプリ開発ができるツールです。そのため、コンピュータにインストールする必要がなく、ログインすればすぐに使用可能です。操作は基本的にブラウザ上で行われるので、簡単に作業環境を構築できます。

ローコードツールなので、完全ノーコードツールとは違って従来の コーディング による開発に近い感覚で使用できるという点もポイントです。その一方でコーディングに関する知識がほとんどない方でもスムーズに開発が行えるようになっているため、幅広い層の方がストレスなく使用できるツールとなっています。

Retoolの用途

Retoolでは様々なアプリケーションの開発が可能です。中でも特に適しているのが業務効率化ツールです。日々の業務の中で単純作業の繰り返しに長い時間を割いていることが悩みになっているという方も多いでしょう。PCなどのデバイス上の単純作業の多くは専用アプリケーションによって自動化が可能です。Retoolを使用することで、このような自動化ツールを簡単に開発できます。

また、組織内での業務を効率化する上で欠かせないのが情報の共有です。Retoolでは様々な情報を瞬時に共有できる機能を持つアプリケーションの開発も得意としています。

様々な業務をより効率的に行うためのアプリケーションを開発したいという方に特に適したツールであると言えます。

Retoolを使用するメリット

従来、業務効率化アプリケーションの開発には長い時間と多くのコストがかかっていました。それがネックとなり、導入に踏み切れないというケースも少なくありませんでした。しかし、Retoolを使用すれば、専門的な知識がなくてもスピーディにアプリケーション開発が可能です。つまり、開発にかかる時間やコストを大幅にカットできます。これがRetool導入の最大のメリットです。

また、様々な データベース やAPIをデータソースとして直接連携して使用できるという点もポイントです。効率化ツールを開発する上で連携できるデータソースの種類が非常に重要となります。Retoolでは特別な設定をすることなく素早くAWS S3やVerticaなどのデータベース、StripeやTwilloといったAPIと接続して様々な情報を呼び出したり収集したりすることが可能です。

また、このツールは基本的にWeb上で使用するツールですが、デバイスにインストールして使用するオンプレミス版も用意されています。セキュリティ上の問題などからWeb上での開発が難しいといった企業や組織などでも対応可能です。

Retoolの使い方

ここからは具体的にRetoolを使った開発の方法をご紹介します。

データソースのリストを選択

ツールに使用するデータソースを選択します。先述の通り、Retoolは様々な データベース やAPIをデータソースとして使用できます。多くの有名なサービスと自動で接続できるようになっているので、使用したいものを選択するだけです。リストを ドラッグ&ドロップ で選択していくだけなので、プログラミングなどの知識が必要ありません。

データソースに対するアクションを指定

データソースに対するアクションも非常に細かく指定できます。単に特定のデータを収集するだけでなく、他のデータと比較したり、結合してひとつのデータとしてまとめたり、比較することもできます。

コーディングによってより細かな設定が可能となるので非常に自由度が高く、目的に合わせたツールの開発ができます。もちろん、設定後の変更も簡単なので、完成後の運用もこのツールだけで可能です。

まとめ

かつてアプリケーションの開発には長い時間と多くのコストがかかっていました。しかし、あらゆる業務がデジタル化され、日常的に様々なデバイスが使用されるようになった現代において、業務を効率化するためには専用のアプリケーションの開発が欠かせないでしょう。Retoolを使用すれば、アプリケーション開発にかかる時間やコストを大きくカットできます。これから自社で専用ツールの開発を考えているのであれば導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP