ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 136 view

無料で使える「TypeForm」を使ってみるには?知っておきたい使い方を解説

今日では多くの企業や組織の Webサイト で様々なフォームが使用されています。定番の問い合わせフォームをはじめとして、各種キャンペーンの応募用フォーム、セミナーなどへの申し込みからアンケートまで多種多様です。

自社のサイトにもフォームの導入を検討しているという方も多いでしょう。しかし、従来のフォーム開発には長い時間や多額のコストがかかっていました。そこで、注目を集めているのが簡単に各種フォームの作成が可能なノーコードツールである「TypeForm」です。

今回はTypeFormについて詳しくご紹介します。

TypeFormとは?本当に無料で使える?

TypeFormのトップページ
画像:www.typeform.com

まずはTypeFormとはどのようなツールなのか、そして無料で使用できるのかといった点をご紹介します。

TypeFormとは

TypeFormとはデザイン性に優れたアンケートなどのフォームを、ノーコードで作成することに特化したツールです。スペインの企業によって開発・提供されています。

このツールの最大の特徴は、1問1答方式のフォームを簡単に作成できるという点です。一般的なアンケートは一つの画面・ウインドウなどに複数の質問が並んでいますが、TypeFormでは一つの画面・ウインドウに一つの質問が表示され、回答する度に次のページに進んでいく方式になります。

一見すると非効率な方式に思えるかもしれませんが、1画面に1問だけにすることによってスマホなどの小さな画面でも確認しやすくなるというメリットがあります。また、一つの質問だけに集中できるので、よりじっくりと回答できるという点もポイントです。

このようなフォームを作るとなれば、通常はプログラミングなどの様々な知識が求められます。しかし、TypeFormでは直感的な操作によって、ノーコードで簡単にフォームの作成が可能です。

TypeFormは様々な外部ツールと連携が可能であるという点も魅力です。 Googleスプレッドシート やSlackといった定番ツールと連携してフォームの作成や回答などの管理もできます。

操作性も機能も充実したフォーム作成ツールとして世界的に評価され、多くの企業などで導入されています。つまり、信頼性も非常に高いツールであるとも言えるでしょう。

TypeFormは無料で利用できる?

ツールを導入する際に気になるのがやはりコストの面です。TypeFormには無料のプランも用意されています。

無料プランでは3つまでのフォーム作成が可能です。また一つのフォームの設問数は10問までとなっています。また、回答数は1ヶ月あたり100件までです。

このように、フォーム数や質問数などは限定されてしまいますが、用意されているデザイン性に優れたテンプレートの利用や、 Webサイト への埋め込み、データのダウンロードなども可能です。

そのため、試しにTypeFormを使ってみたいという方や、簡単なアンケートなどを利用したいという方であれば無料プランでも十分でしょう。

有料プランは3種類用意されていて、月額35ドルの安価なプランでもフォーム作成数や質問数が無限となっています。さらに、70ドルのプランになると回答の上限数10,000人となり、より規模が大きなアンケートにも対応可能です。

このように、用途や規模などに合わせてプランを選べるという点もTypeFormの魅力の一つです。

TypeFormの使い方

TypeFormは非常に簡単な操作でデザインにも優れたアンケートフォームなどの作成が可能です。そこで、以下ではTypeFormの具体的な使い方についてご紹介します。

アカウントを作成する

まずはアカウントを作成します。方法は非常に簡単でトップページにある「Get Started」をクリックします。すると、メールアドレスと任意のパスワードを入力する画面が表示されます。この2つの項目を入力すればアカウントを作成できます。

テンプレートの選択と設問の設定

TypeFormではテンプレートが多数用意されています。もちろん、無料プランでもテンプレートの利用が可能です。

デザイン性に優れたテンプレートも多いので、好みのものを選びましょう。

テンプレートを選ぶと、あとは設問を設定するだけです。無料プランでは10問までしか設定できませんが、1ページに1問が設定されるので十分なスペースがあり、長文の問題だけでなく画像を使った設問などの設定も可能です。

まとめ

近年ではネット環境やスマホなどのデジタルデバイスの普及が進んだこともあって、Web上での顧客対応が非常に重要となっています。そこで、需要が高まっているのがフォームです。TypeFormを使用することによって簡単にデザイン性や操作性に優れたアンケートフォームなどの作成が可能です。機能が限定されてしまいますが無料プランも用意されているので、まずはアカウント登録をして試してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP