ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 287 view

クリエイターに便利!Buy Me A Coffeeの使い方をわかりやすく解説

クリエイター支援サービスとして、近年注目を集めている「Buy Me A Coffee」。名前のポップさと機能の充実度から、英語圏を中心に15万人以上のクリエイターが利用しているそうです。今回は、日本でも普及しつつあるサービス、Buy Me A Coffeeの特徴や利用するメリットなどをご紹介します。

Buy Me A Coffeeが、なぜクリエイターから注目されているか

Buy Me a Coffeeのトップページ
画像:www.buymeacoffee.com

Buy Me A Coffeeは、コーヒーを奢る感覚で、数百円からクリエイターを支援する仕組みを開発できるツールです。2018年にサンフランシスコでスタートし、2020年10月現在で15万人以上のクリエイターが登録しています。

Buy Me A Coffeeがクリエイターから注目されている理由は、中心機能の「投げ銭」にあるといえるでしょう。投げ銭とは、クリエイターの作成したコンテンツに対して、ユーザーがオンライン上で送金するシステムです。近年では、Youtubeをはじめとしたライブ配信サービスでも導入されています。

Buy Me A Coffeeを利用すると、クリエイターが作成した Webサイト やブログなどに投げ銭機能を搭載させることができます。本来、複雑なシステムを導入する場合はプログラムを書くなどの高度な知識が必要ですが、Buy Me A Coffeeではノーコードで構築できるのが魅力です。

Buy Me A Coffeeでできること

Buy Me A Coffeeでは、クリエイターが作成したコンテンツに様々な機能を追加することができます。以下では、その一例をご紹介します。

投げ銭・メッセージ機能

投げ銭は、Buy Me A Coffeeの中心的な機能です。ユーザーは、コーヒーを奢る感覚でクリエイターを支援できます。支援額を「コーヒー○杯分」で指定できる点も、おしゃれで人気があります。

また、Buy Me A Coffeeを利用すると、推しクリエイターにメッセージを送ることも可能です。支援と同時となりますが、気軽に自分の気持ちを伝えられます。

メンバーシップ機能

Buy Me A Coffeeでは、コンテンツにメンバーシップ機能を搭載することも可能です。メンバーシップとは、年会費や月会費を設定することで継続的なサポートを受けつつ、メンバー限定コンテンツなどを配信できます。

デジタルコンテンツの販売機能

Buy Me A Coffeeを利用すると、デジタルコンテンツの販売機能も追加できます。電子書籍やZoomを使ったイベントチケット、イラストなど、幅広いコンテンツを提供可能です。クリエイター活動の幅を広げるために役立ちます。

Buy Me A Coffeeを利用するメリット

Buy Me A Coffeeを利用するメリットは、主に以下の4つです。

投げ銭機能を簡単に搭載できる

Buy Me A Coffeeを利用する最大のメリットは、SNSやブログなどのコンテンツに簡単に設置できる点です。Buy Me A Coffeeでは、支払いページやボタンをURLや HTML で取得します。それをコンテンツ内に埋め込むことで、投げ銭機能を簡単に搭載できます。

ユーザー側は、Paypalやクレジットカードを使って投げ銭が可能です。Buy Me A Coffeeへの登録などが必要ありません。

システム利用手数料が安い

Buy Me A Coffeeの投げ銭システムの利用手数料については、5%に設定されています。たとえば、500円の投げ銭をした場合、475円がクリエイターの元へ届きます。

他のサービスでは、手数料がそれ以上に設定されていることが多く、Buy Me A Coffeeの設定は破格です。Youtubeのスーパーチャット機能では、手数料が30%程度といわれており、Buy Me A Coffeeの手数料がいかに安いかわかるでしょう。投げ銭を行うユーザーから見ても、応援したいクリエイターに届く金額が増えるのはうれしいことです。

投げ銭した方を紹介できる

Buy Me A Coffeeには、投げ銭を行った方の紹介機能も搭載。具体的には、投げ銭した方をクリエイターページに表示することができ、お礼の気持ちを伝えられます。クリエイターとユーザーの積極的な交流にもつながるでしょう。

投げ銭されたことをSNSでシェアできる

クリエイターは、投げ銭されたことを様々なSNSでシェアできるのもメリットです。Buy Me A Coffeeの画面にはTwitterのみが表示されていますが、リンクをコピーすれば、他のSNSにも投稿できます。

Buy Me A Coffeeで支払いを受け取る方法

Buy Me A Coffeeでユーザーから支払われた投げ銭を受け取るには、マイページ作成時に決済サービスと連携する必要があります。連携できるのは、PaypalとStripeの2つの決済サービスです。

Buy Me A Coffeeを使ってユーザーから投げ銭が届くと、PaypalやStripe上で管理されます。Paypalの場合、ログインして手続きを行うと、自分の口座へ送金することが可能です。Stripeの場合、あらかじめ口座を登録しておけば、投げ銭があると自動的に振り込まれます。

まとめ

Buy Me A Coffeeは、誰もがクリエイターとして様々なコンテンツを提供できる、現代にマッチしたサービスです。手数料が低く設定されていてクリエイターへの還元率が高く、デジタルコンテンツの販売機能など、ノーコードで様々な機能を搭載できます。 日本ではまだあまり知名度がありませんが、今後さらに普及が予想されています。クリエイターとして活躍している方はもちろん、今後自分から発信していきたい方は、ぜひ一度利用してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP