ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 63 view

フォーム作成ツール「Tayori」の特徴や使い方を解説!

Webサイト やブログなどを運営する場合、問い合わせフォームやメールフォームの存在は、ユーザーとのコミュニケーションの場として役立ちます。「Tayori」は、自身のWebサイトやブログに、各種フォームを簡単に搭載できるツールです。今回は、Tayoriの概要や機能の特徴、メリット・デメリットなどを解説します。

Tayoriとは

Tayoriのトップページ
画像:tayori.com

Tayoriとは、問い合わせフォームやFAQページなど、 Webサイト やブログに必要なフォームを簡単に作成できるツールです。株式会社PR TIMESが手掛けるサービスで、複雑なコードを書いたり、プログラムを組んだりすることなく、必要な機能を搭載できます。

Tayoriで作成できるフォームの種類は、多岐にわたります。問い合わせフォームやメールフォームはもちろん、チャットやアンケート、カスタマサポートページなどを構築可能です。

Tayoriの代表的な機能と特徴

Tayoriを使うと、主に以下4つの機能をWebサイトやブログに設置できます。こちらでは、それぞれの特徴をご紹介します。

フォーム作成機能

Tayoriの中心機能がフォーム作成機能です。前述の通り、プログラムを組むことなく簡単に各種フォームが作成できます。テンプレートが数多く用意されているので、必要事項の入力とデザインの選択だけで、簡単に必要なページに仕上げられます。

カスタマーサポート機能

問い合わせフォームにユーザからの声が届いても、それに迅速に対応できなければ意味がありません。Tayoriには、ステータスごとに届いたメッセージを振り分けたり、重要度に応じてフラグを設置したりする機能が搭載されています。対応漏れや遅れの防止につながるはずです。

FAQページとの連携機能

Tayoriを利用すると、お問い合わせフォームとFAQページを連携させることができます。ユーザーが問い合わせる際、よくある質問を参照することができるため、同じ質問に何度も回答する必要がなくなります。

スマートフォン対応機能

Tayoriで作成したフォームは、レスポンシブデザインに対応していて、パソコン向けやスマートフォン向けに表示形式を変更できるのが特徴です。近年は、スマートフォンで情報検索をする方も多く、レスポンシブデザインへの対応によってより利便性が高まっています。

料金プラン|無料版と有料版の違いについて

Tayoriには、3つのプランが用意されていて、それぞれ料金や利用できるメンバー数、作成できるフォーム数が異なります。それぞれの違いについて、以下の表にまとめました。

 フリープランスタータープランプロフェッショナルプラン
利用料金無料3,700円/月8,000円/月
利用できるメンバー数1人3人10人
作成できるフォーム数1つ3つ無制限

無料プランであっても問い合わせフォームを作成することはできますが、メンバー数やフォーム数の制限を考えると、本格的な運用をする場合は有料プランへの登録がおすすめです。以下では、有料プランでのみ利用できる機能をご紹介します。

有料プランのみの機能

有料プランでのみ利用できる機能で、もっとも代表的なのがチャットシステムです。ユーザからの問い合わせに対して、担当者がチャットで返信できる機能で、フォームと組み合わせることでより迅速に対応できます。

この他には、ファイルのアップロードや、 Googleスプレッドシート の連携、作成したフォームを HTML 形式で書き出すには、有料プランへの加入が必要です。

Tayoriのメリットとデメリット

Tayoriは、複雑なコードを書くことなく、手軽に各種フォームを作成できる便利なツールです。ただし、いくつか注意点もあるため、以下の表で確認しておきましょう。

メリットデメリット
①エンジニアがいなくても直感的な操作でフォームを作成できる
②デザインの選択肢が130を超えるスマートフォンに対応している
③自動返信機能を搭載できるSSL暗号化通信でセキュリティ対策も万全
①無料プランは機能が限定されている
②Webサイトやブログを別途用意する必要がある
③複雑な機能を搭載することは難しい

Tayoriを導入する場合は、こちらのメリット・デメリットを比較することが大切です。

Tayoriの使い方|お問い合わせフォームの作成手順

Tayoriを利用すれば、数ステップでお問い合わせフォームを作成可能です。こちらでは、その手順を簡単に解説します。

1.作成するフォームの種類を選択する

まずは、作成するフォームの種類を選択しましょう。お問合せフォームだけでも「簡易お問い合わせ用テンプレート」「会社お問い合わせ用テンプレート」「注文に関するお問い合わせ用テンプレート」など、様々な種類があります。設置先のページに合わせて選択しましょう。

2.フォームの項目、デザインを設定する

次は、フォームに表示する項目やデザイン・レイアウトの設定を行います。デザインは、背景色・テキスト色・ボタンの色を設定可能です。また、画像の設定もできるため、企業やブランドのロゴを表示させることもできます。

3.プレビューの確認、送受信テストを行う

項目とデザインの設定が完了したら、管理画面からプレビューを確認します。「下書き中のフォームをプレビュー」をクリックすると、すぐにプレビューが表示されます。イメージと異なる点がないか確認しましょう。

プレビューに問題がなければ、実際にフォームに必要事項を入力し、送受信のテストを行います。自動応答メールと問い合わせの通知メールの2通が届いたら完了です。

4.コードをコピーして設置する

最後に、「フォームの作成が完了しました」の画面に表示されたコードをコピーし、 Webサイト やブログのページ内に設置します。 HTML で設置する場合のみ、有料プランへの加入が必要です。

まとめ

今回は、Webサイトやブログに設置する、各種フォームを簡単に作成できるツールTayoriについてご紹介しました。簡単な操作でデザイン性の高いフォームを作成できるので、ぜひ一度試してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP