ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 6 view

アプリ制作はローコードがおすすめ!スピード開発を実現

アプリ製作には専門知識が必要なほか、長い期間を要すると思われがちです。このことから、アプリ開発に着手できない企業も多いようです。こちらでは、そうした企業にとってソリューションとなり得るローコード開発についてご紹介します。

アプリ開発は難しい?一般的なアプリ開発の学び方・作り方

アプリ開発はどのようなプロセスで進められるのでしょうか。一般的には、「企画」「設計」「開発」「 リリース 以降」のタスクで構成されています。

企画

「企画」のフェーズでは、どのようなアプリを作るのか構想を練り上げます。どの程度具体的にイメージするかによって、その後のプロセスのスムーズさが変わってくるため、非常に重要なフェーズです。また、開発パートナーが必要な場合は、この段階でサポートを依頼します。

設計

企画ができれば、「設計」のフェーズに移ります。その後に開発にトラブルが生じる可能性があるため、可能な限り曖昧な部分をなくすように設計しなければなりません。具体的には、機能・性能を決める「要件定義」、レイアウトや操作方法を決める「外部設計」、システム内部の部分を決定する「内部設計」、テスト方法について決める「テスト設計」に分かれています。

開発

「開発」フェーズでは、実際にプログラミングを行い、アプリを組み立てます。テストや必要に応じた修正もこのフェーズで行います。スムーズに進めるため、事前にスケジュールを決めておくことが大切です。

リリース以降

アプリの場合、開発以降もまだ仕事が残っています。配信する場合は、プラットフォームへの申請が必要です。ユーザーに知ってもらうためには、宣伝活動も行わなければなりません。また、不具合の修正対応や、ユーザーの問い合わせ対応も開発側の重要な仕事です。

これらのフェーズのなかで特に専門的な知識が求められるのが開発です。通常は、専門のスクールなどで学び、実務経験を積んだ人材が求められます。簡単な動作のアプリでも、 リリース レベルのクオリティに到達させるためには豊富な知識が必要です。

ローコードサービスを使えば知識がなくてもアプリ開発が可能

上述したアプリ開発の難しさの問題を解消するのがローコードです。ローコードとは、簡単なコードの知識だけでアプリを開発できます。一般的な開発とは異なり、専門的な人材がいなくてもアプリ開発できるのが魅力です。

具体的には、ローコードサービスを使用して開発を行います。細かな仕様はサービスによって異なりますが、既に用意されているパーツを組み合わせてアプリを開発する方式が一般的です。直感的に操作できる開発ツールができるため、経験がない人材でもすぐに慣れることができます。

ローコードサービスは、アプリ開発を内製化できるという点でも有益です。ベンダーに依頼せず開発できるため、コストを削減できます。また、現場のニーズを明確に反映したアプリを開発できる点でも、ローコードサービスで内製化する意味は大きいと言えるでしょう。

ローコードで作れないアプリはある?

ローコードサービスは非IT人材でもアプリ開発ができる点で魅力的ですが、決して万能ではありません。ローコードでは開発できないアプリがあります。例として、大規模・複雑なアプリ開発の場合は、ローコードでは対応できないケースがほとんどです。

また、作れるアプリの幅は、選択するローコードサービスによって大きく異なります。ユーザーの発想や知識だけでは限界があるため、作りたいアプリによって最適なローコードサービスを選ばなければなりません。

アプリ開発ができるローコードサービスを紹介

アプリ開発に活用できるローコードサービスをご紹介します。

OutSystems

outsystemsのトップページ
画像:www.outsystems.com

「OutSystems」は、 ドラッグ&ドロップ を中心とした直感的な操作でアプリ開発を進められるので、経験がない方におすすめのローコードサービスです。そのため、アプリ開発にかかる時間を短縮できます。Webアプリ、スマホアプリの双方を一元開発できる点も特徴です。ローコードサービスのなかでは特に評価が高く、数千社の企業に導入されています。

Kintone

kintoneのトップページ
画像:kintone.cybozu.co.jp

「Kintone」は、シンプルな操作でアプリを開発できるわかりやすいローコードサービスです。導入時点で様々なサンプルアプリが用意されているため、改良を加えるだけで目的のアプリを開発できます。 クラウドサービス であることから、インターネット環境さえあればどこでも利用できる点も魅力です。

まとめ

従来は、専門知識と長い期間を要したアプリ開発。しかし、人材採用の競争が激しい現在は、アプリ開発できる人材を獲得するのは簡単ではありません。また、長い時間をかけてアプリを開発すると、競合に大きく後れを取ってしまいます。重要なのは、開発をスピーディーに内製化することです。ローコードサービスはそうした希望を叶えるサービスと言えます。多くのローコードサービスは無償の試用版が用意されているため、まずは使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP