ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 348 view

Clickとは?開発ツールの使い方を理解する上で大事なことは何か

アプリを開発するとなれば、多額のコストや長い時間がかかるというイメージを抱いている方も多いでしょう。しかし、近年では簡単にアプリ開発ができるノーコード開発ツールも増えています。今回ご紹介するClickもその一つです。

ここではClickがどのようなツールなのか、使い方や導入のメリットなどと併せて詳しくご紹介します。

Clickとはどのようなツール?できることは?

Clickのトップページ
画像:lp.click.gmbh

近年ではアプリ開発ができるノーコードツールも増えているので、どれを導入すべきなのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。ツールを選ぶ際に重要となることは、それぞれの特徴を把握することが重要です。そこでまず、Clickとはどのようなツールなのかについて詳しくご紹介します。

Clickとは

Clickとはアイデアさえあれば専門的な知識や技術がない方であっても簡単にアプリを開発できるツールです。ノーコードツールなので、当然 コーディング やプログラミングに関する専門的な知識などが一切必要ありません。

これまで、アプリ開発にはかなりのコストや時間がかかっていましたが、Clickなどのツールが登場することによって誰でも簡単に、そして自由に開発ができるようになっています。

Clickの操作は非常に簡単で、直感的にデザインや必要な機能を選択、配置していくだけでアプリを完成できます。もちろん、これまでアプリなどの開発の経験がないという方であっても簡単に開発を進められます。

また、開発できるアプリの幅も広く、アイデア次第で様々な用途のアプリが作成できるという点もポイントです。

Clickでできること

Clickでは先述の通り、様々なアプリを開発できます。そして、完成したアプリはQRコードなどを使って簡単にシェア可能です。

Clickには無料プランが用意されていて、最大5つまでのアプリ作成が可能となっています。まずはどのようなアプリなのかを知りたいという方は無料プランで試してみましょう。有料プランになるとiOSやGooglePlayStoreへの公開も可能となります。ストアを利用してアプリをより多くのユーザーに利用してもらいたいと考えているのであれば有料プランがおすすめです。

Clickのメリット・デメリット

Clickのメリットはとにかく簡単に開発ができるという点です。あらかじめ用意されている様々なパーツを好きに配置することで、理想的なアプリを完成できます。デザインも自由に指定できるので、 UI やデザインにこだわったアプリ開発も可能です。

アプリ開発に必要な データベース もセルを指定して入力するだけです。操作性はExcelなどに近いので簡単かつスピーディなデータベース構築ができます。

一方でデメリットとしては、簡単にアプリを開発できる設計となっていることから、やや自由度が犠牲になってしまっているという点です。もちろん、様々なアプリの開発ができますが、ゼロから コーディング によって開発する場合や、コーディングを併用するローコードツールと比較すると自由度が低くなります。

また、無料プランでは5個まで、有料プランでも10個までと開発できるアプリの数に制限が設けられているという点もデメリットの一つとして挙げられます。

導入を検討する際にはこれらのメリットとデメリットの両方を頭に入れておくことが重要です。

Clickの便利な使い方

先述の通り、Clickは誰でも簡単にアプリを開発できる便利なツールです。そこで、以下はClickを使った具体的な開発についてご紹介します。

Clickによる開発の流れ

Clickによる開発の手順は非常にシンプルです。あらかじめ様々なアプリに必要な機能が用意されているので、これらを ドラッグ&ドロップ で配置していくだけです。直感的な操作だけで機能の選択や配置ができるので、それほど時間がかかりません。アプリ開発の経験がない方であっても、短時間で完成度が高いアプリを完成できます。

アプリの作成が完了すれば、あとはQRコードやストアなどでシェアしてすぐに使用可能です。

Clickのカスタマイズ性について

Clickでは様々な機能やデザイン、 UI などをカスタマイズできます。各設定も直感的に操作できるので、プログラミングやアプリ開発などへの知識がない方あってもスムーズに作業を進められるでしょう。

コーディング による開発と比較するとカスタマイズの自由度がやや低いものの、簡単な操作でカスタマイズできます。

まとめ

これまで、アプリケーションを開発するためにはかなりのコストや時間が必要となっていました。しかし、Clickなどのノーコードツールが登場したことによって、低コストかつスピーディな開発が可能となっています。これからアプリ開発をしたいと考えているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP