ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 89 view

Gumroadでできることは?登録方法と基本的な使い方などを徹底解説

コンテンツを有償で提供して収益化したいと考えている方も少なくないでしょう。そのような場合に求められるのが決済サービスです。小規模に展開する場合は、個人でも利用しやすいサービスを利用しましょう。手軽な決済サービスをお探しであれば「Gumroad」がおすすめです。今回は、多くのクリエイターに利用されているGumroadの概要や登録方法、使い方などをご紹介します。

Gumroadとはどのようなサービスか

Gumroadのトップページ
画像:gumroad.com

Gumroadは、決済可能なURLを自動生成する海外のノーコードツールサービスです。

通常、サイトで商品やコンテンツを販売する場合は、決済システムの組み込みや構築が必要です。販売数が多い場合、それぞれの販売を手作業で処理するのは現実的ではありません。そのため、システムを導入して決済処理を効率化します。

決済システムの導入は、人によっては煩雑に感じることも少なくありません。国内ではネットショップを簡単に開設できるサービスが普及していますが、その分簡単に商材やコンテンツ単体で決済できるサービスが求められています。そのようなニーズに着眼しているのがGumroadです。

海外のノーコードツールサービスであることから、国をまたいだ商品・コンテンツのやり取りで利用されています。「売買はリンク共有ぐらい簡単になるべき。」というキャッチコピーのとおり、多くのクリエイターが仕事の対価を受けとるために使用しているノーコードツールサービスです。

Gumroadを利用するメリット

Gumroadの特性として「決済リンクを生成するサービス」が挙げられます。生成した決済リンクは、サイトだけではなく、ブログやTwitterなど、SNSにも貼り付けられます。そのため、様々なプラットフォームで決済が可能です。

また、手数料の安さも魅力です。決済サービスには手数料が設定されていて、その分販売による利益が目減りしてしまいます。Gumroadは、他のサービスと比較しても特に低い手数料率が設定されています。

様々なファイル形式を提供できる点も特徴です。これは、自前のサーバーへのリンクを設置する形式のサービスであることに由来しています。コンテンツを販売するノーコードツールサービスとしては最適です。

そもそも、決済が可能なリンクを簡単に生成できる点が大きなメリットです。決済システムの導入は簡単とはいえず、この点がサイトで販売する障壁になることも少なくありません。多くのクリエイターにとって、コンテンツ販売のハードルを大きく下げたノーコードツールサービスといえます。

Gumroadの利用に向いている人

Gumroadは、ミュージシャン、作家、ソフトウェアエンジニア、漫画家などに広く利用されています。これは、様々なファイル形式に対応したデジタル商品販売プラットフォームであることが所以です。近年は、国内でもコンテンツの販売に対応した決済サービスが登場していますが、長らくコンテンツ販売における決済の簡略化に注力してきたGumroadは、デジタル商品を販売しているユーザーに適しているといえます。

また、海外サービスであることから、特定商取引法の住所、振込先の制限がないことも魅力です。このことから、海外在住者も簡単に利用できます。基本的には英語表記ながら、買い手側のユーザーが閲覧するインターフェースは日本語に切り替えることも可能です。

Gumroadの登録方法

Gumroadの登録方法についてご案内します。

まずは、トップページ右上に表示されている「Start selling」をクリックしましょう。その後、遷移する画面で必要情報を入力していきます。

入力するのは、以下のような項目です。

  • Name(ユーザー名)
  • Username(販売ページURLの末尾)
  • Bio(販売者の自己PR)
  • Photo(プロフィール画像)
  • Community(職種)
  • Country(居住国)

一部の情報は一度決定すると変更できないため注意が必要です。また、ユーザー名や居住国などは間違えると振り込みが行われなくなるケースがあるため、慎重に入力しましょう。

類似サービスとGumroadの比較

Gumroadと類似サービスの比較を表でご紹介します。

 GumroadnoteBASEDLマーケット
決済手数料5%+25円5%3.6%+40円15.4%(1000以下) 10.3%+62円(1001円以上)
振込手数料3.6%+40円260円250円315円
最低販売価格99円100円50円30円
最低支払い金額1000円1000円751円316円
振込先PayPal銀行口座銀行口座銀行口座/PayPal

Gumroadの基本的な使い方

Gumroadの使い方は非常に簡単です。

ログイン後、以下のような情報を入力して決済リンクを生成します。

  • コンテンツのタイトル
  • コンテンツのデータ
  • 金額

金額の単位は初期設定ではドルになっているので、設定画面から任意に変更可能です。生成されたリンクを任意の場所に貼り付けて使用します。

まとめ

近年は、開発サービスの普及により、魅力的なコンテンツを生み出すことが多くの人にとって現実的になっています。決済サービスがあれば、そうしたコンテンツを発表して収益化することも可能です。様々な決済サービスが利用されていますが、今回ご紹介したGumroadは特に手軽なサービスといえます。導入も簡単なため、まずは使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP