ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 20 view

Magic xpa Application Platformとは?特徴や使い方について

近年、高い注目を集めているのが、フル コーディング とノーコードの中間に位置するローコード開発ツール。フルコーディングのように手間や専門的知識を要するわけではありませんが、より自由度の高い開発が可能です。

今回ご紹介するMagic xpa Application Platformもその一つ。今回はツールの概要や、基本的な使い方などについてご紹介します。

Magic xpa Application Platformとはどのようなローコード開発ツール?

Magic xpa Application Platformのトップページ
画像:www.magicsoftware.com

ローコード開発ツールは近年注目を集めるようになったので、どれも比較的新しいものばかり…そのようなイメージを抱いている方も多いかもしれません。実際に、ここ数年で開発・ リリース されたツールも少なくありません。しかし、このツールは実に長い歴史を持つツールで、35年以上にわたって使用されてきたものです。それだけに信頼性が非常に高く、日本国内だけでも800社以上の開発パートナーがいます。

以下は、このツールがどのような特徴を持っているのかをご紹介します。

長い歴史の中で培われてきた豊富な機能

このツールは長年にわたって多くのエンジニアによって使用されてきたので、その中で繰り返し改善されてきました。実際にアプリケーションやシステムなどを開発するエンジニアの声から改善されてきたこともあって、他の歴史が浅いツールと比較すると非常に完成度が高くなっています。これこそが、このツールの魅力で、多くの企業やエンジニアに愛用されている理由でもあります。

また、様々なシステムやアプリケーションの開発に対応しているという点もポイントです。近年人気のノーコード開発ツールや、より簡単に操作できるローコード開発ツールの場合、用途が限定されているケースも少なくありません。しかし、このツールでは対応しているシステムやアプリケーションの幅が広いので、一つの手法で様々なバリエーションが広がります。この点も大きなアドバンテージとなっていると言えるでしょう。

Magic xpa Application Platformは誰でも使えるツール?

近年のノーコード開発ツールは、専門知識などが一切なくても簡単に開発できます。それでは、このツールの場合はどうなのでしょうか?

完全ノーコードで開発ができるわけではありませんので、やはりある程度のプログラミング言語やアプリケーション、システム開発の知識が必要です。そもそも、エンジニア向けのツールなので、これまで開発の経験がないという方には難しく感じられるかもしれません。

しかし、その分だけ開発の自由度が高く、様々なツールやシステムなどについて対応できるツールとなっています。

もちろん、フルコーディングの場合と比較すると難易度が低く、開発のスピードも高められます。そのため、これから コーディング に挑戦してみたい、勉強してみたいという方にもおすすめです。

活用事例

先述の通り、様々なアプリケーションやシステムなどの開発に対応したツールとなっているので、あらゆる場所で活用されているシステムです。業務ツールとしては生産管理システムなどにも使用され、エンドユーザー向けのアプリケーションなどにも活用されています。

Magic xpa Application Platformの便利な使い方

このツールは自由度が高いことから、具体的な使い方を一つに絞って解説することが困難です。そこで、以下はこのツールの便利な使い方や選ばれている理由などについてご紹介します。

多くの現場で導入されている理由

このツールが多くの現場で利用されている理由には様々なものがありますが、大きなポイントとなっているのがツールそのもののカスタマイズが容易であるという点です。開発の際に設定のカスタマイズの自由度が非常に高いことから、より効率的かつ柔軟な開発が可能となります。

また、あらゆるデバイスやOS、DBに対応しているという点もポイントです。このツールさえあれば、あらゆるデバイス・OS向けのアプリケーションやシステムなどの開発ができます。

スピーディな開発も可能

開発にかかる時間を短縮できるという点もこのツールのメリットです。フル コーディング の場合と比較して最大で10倍もの開発生産性を実現しています。近年ではアプリケーションやシステム開発などへの需要が高まっていることもあり、スピードが重視される現場も増えています。そういったシーンにもしっかり対応できるツールです。

まとめ

様々な開発ツールが登場している中、Magic xpa Application Platformは35年以上にわたって多くの企業やエンジニアなどに使用されてきた歴史があるツールです。近年のノーコードツールなどと比較すると開発の難易度がやや高めではありますが、それだけ自由度も高く様々な開発に対応しています。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP