ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 105 view

Microsoft PowerAppsの使い方!類似ツールとの比較ポイントも紹介

オフィスのIT化が進んだことにより、ビジネスシーンでも様々なツールが導入されるようになりました。業務に合ったツールを使用できれば、これまで人間の手によって行われていた作業の多くを自動化することで大幅な効率化が可能です。

Microsoft PowerAppsはそのようなビジネスアプリケーションを簡単に開発できるノーコードツールです。今回はMicrosoft PowerAppsの使い方などについて詳しくご紹介します。

Microsoft PowerAppsとはどのようなツール

powerappsのトップページ
画像:powerapps.microsoft.com

Microsoft PowerAppsはその名の通り、WindowsやOfficeなどで知られるMicrosoftが提供するツール。2016年に リリース され、プログラミングなしで簡単にアプリケーションの開発ができるノーコードツールです。

近年では コーディング 不要でアプリ開発できるノーコードツールへの注目が高まっていることもあり、同様のツールが各社から数多くリリースされています。その中でもMicrosoft PowerAppsはどのような特徴を持っているのかをチェックしていきましょう。

Microsoft PowerAppsの得意分野は?

プログラミングの知識や技術などをさほど必要としないノーコードやローコードツールにも様々なものがあり、それぞれ得意ジャンルが設定されています。このツールでは様々なアプリケーションの開発が可能ですが、もっとも得意としているのはビジネスアプリケーションです。ビジネスをより効率化するための各種自動化ツールなどを簡単に制作できます。

従来、業務効率化などに使用されるビジネスアプリケーションの開発にはプログラミングなどの専門的な知識が要求されていました。しかし、このツールでは同じくMicrosoftのExcelやPowerPointなどと同じように直感的な操作で様々なアプリケーションを完成できます。

アプリケーション開発というと難しいイメージを持つかもしれませんが、ExcelやPowerPointを使った表やドキュメントの「作成」というと簡単に思えるでしょう。このツールではアプリケーションを「作成」するという感覚で簡単に開発できるという点が大きな魅力となっています。

ビジネス領域で多用されるようになっている理由

Microsoft PowerAppsは主にビジネス領域で多用されるようになりました。先述の通り、専門的な知識がない方でも簡単に各種アプリケーションの開発ができるツールには様々なものがあります。その中でどうしてこのツールがビジネスの世界で特に利用されているのでしょうか。

ポイントはいくつかありますが、もっとも大きいのは多くの企業などで導入されているMicrosoftのOfficeに近い操作感で使用できるという点が挙げられます。

また、Microsoft Officeの サブスク サービスであるOffice365に含まれているという点もポイントの一つです。常に最新のOfficeを使用できることもあって、企業でもOffice365の導入が進められています。その料金内で使用できるツールなので気軽に導入できるのです。これも大きなポイントの一つでしょう。

Microsoft PowerAppsと他の開発ツールの違い

この点については先ほども少し触れましたが、最大の違いはMicrosoftの定番アプリなどと同じような感覚でアプリケーション開発ができるという点です。また、操作感が似ているだけでなくExcelのCSVファイルなどとの連携も可能なので、すでに作成している表などをそのままアプリケーションの データベース して使用できます。これが、このツールの大きなアドバンテージでしょう。

すでにExcelなどのMicrosoftのアプリケーションを使用している方であれば、新たに操作方法を覚えなくてもすぐに開発できます。

Microsoft PowerAppsの便利な使い方

先述の通りMicrosoft PowerAppsを使用することによって簡単に様々なビジネスアプリケーションの開発が可能です。そこで、このツールの便利な使い方についてご紹介します。

必要な作業環境は?

このツールはMicrosoftのOfficeなどのようにPCのデバイスにインストールする必要がありません。すべてWeb上で開発できます。つまり、Chromeなどのブラウザが使用できる端末であればすぐに作業を開始可能です。

必要なアプリケーションを素早く作成

このツールの最大のメリットは、簡単に素早くアプリケーションを作成できるという点です。そのため、大規模なシステムを構築するというよりも、実際に作業をしていて不満を感じた際に、それを解消するためのアプリケーション作成といった用途に適しています。組織全体では優れたシステムを構築しても、現場単位では不満を感じてしまうというケースも少なくありません。このツールを使用すれば、その都度不満や問題を解決するアプリケーションを作れます。

まとめ

ビジネスアプリケーションの開発というとハードルが高いというイメージを抱いてしまう方も多いかもしれません。しかし、Microsoft PowerAppsを使用することによって、誰でも簡単に便利なアプリケーションの開発が可能です。アプリを気軽に開発したいという方は試してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP