ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 14 view

注目されるクラウド型プラットフォームSPIRALの概要と使い方

企業や組織の中には様々なデータが存在しています。その管理が課題となっているケースも多いでしょう。あらゆる情報を一元管理できていれば、必要な時に素早く呼び出せるだけでなく、紛失してしまうといったリスクも軽減できます。そこで注目されるようになったのが、データをまとめて管理できるツールです。

ところが、データ管理ツールの開発はハードルが高いというイメージを持たれている方も多いでしょう。SPIRALを使用することによって、簡単に組織や企業内のデータをまとめて管理できます。

今回はクラウド型プラットフォーム「SPIRAL」について詳しくご紹介します。

SPIRALとはどのようなツール?長所、短所は?

SPIRALのトップページ
画像:www.pi-pe.co.jp

SPIRALはクラウド上で様々な業務ツールを構築し、そのまま使用できるノーコードツールです。豊富な機能を利用できるだけでなく、簡単に操作できるため、非常に注目されるようになりました。

以下はSPIRALの長所と短所をご紹介します。

SPIRALの具体的な長所

SPIRALの長所は簡単な操作で様々な業務ツールの開発ができるという点です。あらかじめ様々な用途に対応したアプリが用意されているので、その中から必要なものを選び、簡単なカスタマイズをするだけですぐに使用できます。この手軽さがSPIRALのメリットです。これまで、自社専用の業務ツールを開発する場合、かなりの時間やコストがかかっていました。しかし、SPIRALを使用することによって、短時間かつ低コストで開発し、すぐに使用できます。

また、用意されているアプリ・ツールの連携が簡単にできるという点も長所の一つ。実際の現場では複数の業務が連携しているというケースも少なくありません。SPIRALでは複数のアプリの連携も可能なので、業務間の連携や情報共有なども簡単です。

手厚いサポートを受けられるという点も見逃せないポイントの一つ。業務ツールとして企業や組織で使用する場合、セキュリティも重要です。SPIRALは定期的に第三者機関による診断を実施しているので、常に高いセキュリティを実現しています。そのため、信頼性が高く、安心して導入できます。

近年では業務効率化ツールにも様々なものが登場していますが、中でもSPIRALは具体的な長所が非常に多いことから注目度が高まっています。

SPIRALの具体的な短所

業務ツールとしてはSPIRALには目立った短所がありません。ただ、開発ツールとしてはやや自由度が低いという短所があります。業務ツールを簡単に開発するための設計となっているので、それ以外の用途で使用するのは適していません。そのため、一つのツールで様々なシステムやツールなどを開発したい方には不便さを感じるでしょう。

また、基本的にSPIRALは有料プランのみとなっているので、気軽に試してみることができません。いくつかのツールを試して見た上で、どのツールを利用すべきかを検討したいという方には他のツールを選択肢に入れることをおすすめします。

このように短所もありますが、業務効率化ツールとしてはそれほど大きなものではありません。それだけ優秀なツールであると言えるでしょう。

SPIRALの利用例

SPIRALは様々な企業の業務効率化ツールとして使用されています。多くの企業において課題となっている情報共有はもちろんのこと、データの収集や管理など、様々な用途のツールやシステムの構築ができます。

開発が非常に簡単なので、必要な時に必要なツールをすぐに開発できるため、現場でその都度ツールを開発するといった用途で使用することも可能です。

SPIRALはどのような企業・組織におすすめ?

最後にSPIRALがどのような企業や組織などにおすすめなのかという点についてご紹介します。導入を検討している方は参考にしてみてください。

自動化や効率したい業務が明確になっている

企業や組織として業務上の問題点がはっきりとしていて、自動化、または効率化した業務が明確になっている場合、SPIRALの効果を最大限に活かせるでしょう。SPIRALでは様々な業務を効率化できるツールがあらかじめ用意されているので、選択してカスタマイズをすれば、即時に使用できます。

システムを統一して連携したい

業務によってバラバラのシステムやツールを使用しているので、連携するために統一したいといった場合にもSPIRALの導入が有効です。SPIRALではそれぞれのアプリの連携機能が充実しているので、異なる業務間の情報共有などもスピーディにできます。

また、SPIRALは外部サービスとの連携機能も備えられています。他システムと組み合わせて使用したいという企業や組織にもおすすめのノーコードツールです。

まとめ

様々な企業や組織内の業務を効率化し、連携できるのでSPIRALは高い人気を集めています。開発ツールとしての自由度が高いというわけではありませんが、その分だけ簡単に操作・使用できるようになっています。ツールを導入してより業務を効率化したいという方におすすめです。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP