ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 8 view

BASEの使い方とこれから使う人のメリットなどをわかりやすく解説

ネットショップをはじめる方におすすめしたいノーコード開発ツール「BASE」。一からECシステムを開発するのに比べて、手間も初期費用もかからず、なおかつ機能が充実しているのが魅力です。今回は、これからBASEを使いたいとお考えの方に、メリットや使い方などをわかりやすく解説いたします。

BASEのメリットと活用シーン

BASEのトップページ
画像:thebase.in

ネットショップをスクラッチで開発するには、はじめに Webサイト を作成し、次にカート機能を実装する必要があります。とくにカート機能はECに不可欠であり、決済を含めて対応するには専門の知識や各種クレジットカード会社への申請など、多大な労力が必要です。

なお、カート機能のみを提供しているサービスもありますが、この場合であってもWebサイト自体は自力で制作しなくてはなりません。カート機能の実装についても同様です。

BASEは、こうした開発の手間を解消し、即日でネットショップを開設できる点が大きなメリットです。あらかじめ用意されているテンプレートを選び、ネットショップの設定を行うだけでデザインが完成。すでにカート機能は実装されているので、あとは商品登録を行うだけです。

豊富な機能を無料で利用可能

BASEにはネットショップを運営する際に便利な機能が豊富に用意されています。

  • 商品検索
  • クーポン発行
  • レビュー
  • カテゴリ管理
  • 送料詳細設定
  • セール
  • 定期便
  • 数量制限 など

スクラッチでのネットショップ開設となると、これらの機能を実装するだけで大きなコストがかかるでしょう。BASEであれば、「BASE Apps」という形式で、アプリを追加するようなイメージで簡単に拡張機能が追加できます。

多岐に亘る決済手段で販売機会を逃さない

BASEにはあらかじめ、多岐に亘る決済方法が用意されています。

  • クレジットカード
  • コンビニ(Pay-easy)
  • 銀行振込
  • キャリア決済
  • PayPal
  • 後払い

ネットショップを利用するユーザーにとって、豊富な決済方法から好きなものを選べるのは大きなメリットです。「カードが使えないから、今回は購入を見送ろう」といったことも起こらず、販売機会を逃しません。

個性的なデザインは有料機能で

BASEのデザインには、あらかじめ用意されたテンプレートを使います。しかし、なかには商品によりマッチしたデザインを実装したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。このような方に向けて、BASEではクリエイターが作成したハイクオリティなテンプレートを、デザインマーケットと呼ばれる場所で販売しています。デフォルトのテンプレートにはない個性的でスタイリッシュなデザインが揃っています。

また、有料にはなりますが、独自ドメインやBASEロゴの非表示も可能です。コストがかかるものの、このような機能を使えば、スクラッチで制作したネットショップと遜色ないデザインをBASEで実現できます。

BASEのデメリットは? 費用と自由度に注意

豊富なメリットを持つBASEですが、いくつかのデメリットも存在します。

まずは費用について。ネットショップ開設については無料で行えますが、商品が売れた場合には「販売価格の3.6%+40円」の決済手数料がかかります。商品が売れれば売れるほど費用がかさむため、大規模な事業者には向きません。また、より高度な機能を使う場合には900円〜3,000円の固定月額費用がかかります。

また、ほかのノーコードツール同様に、自由度の低さは抑えておくべきです。基本的には用意されたテンプレートを使うため、完全カスタマイズを行うのには不向きといえます。

BASEは導入方法がとってもシンプル

BASEは導入も非常に簡単です。

まずはサイトにアクセスし、ショップのアカウントを作成します。メールアドレスとパスワードを入力し、ショップURLを決めればこれだけで基本的な申し込みは完了。「最後に反社会的勢力でないことの表明・確約に関する誓約書」に同意すれば、ネットショップが開設できます。

ただし、本格的に運用するためにはその後、メール認証や「特定商取引に関する表記」の入力が必要です。また、クレジットカードを支払い方法で使用する場合は、別途申請が必要なので注意しましょう。

商品登録の基本的な手順

次に、BASEで商品登録を行う基本的な手順についても解説します。まずは商品管理画面を開き「+商品を登録する」をクリックしましょう。すると、以下の項目の設定画面が表示されます。

  • 商品名
  • 商品画像
  • 価格(税込)
  • 在庫数
  • 表示・公開

商品画像は最大20枚まで登録可能です。なお、並び順はマウスでドラッグして変更できます。後から差し替えも可能です。

また、在庫数の項目にある「+種類を追加する」は、異なるサイズやカラーなどがある場合に、それぞれの在庫数を設定できます。

BASEを実際に使っている人の感想は?

BASEは個人事業主や小規模のEC事業者に人気のサービスです。完全なノーコードツールなので、ネットショップ制作の知識は一切不要。その点が話題となり、ユーザーを増やしてきました。

また、他のノーコードEC制作サービスに比べて、 UI がシンプルで、選べるテンプレートもおしゃれなものが多い、という声も聞かれます。一方、Amazonや楽天市場のように、ユーザーが他のページから回遊してくることが少ないので、集客力についてはイマイチ、という意見もありました。

まとめ

BASEはネットショップをはじめたいとお考えの方に最適なノーコードツールです。とにかく手軽にECサイトを作り、事業をはじめられるのが魅力。個人でネット通販をはじめたい方や、サイト制作にコストをかけられない小規模事業者の方は、ぜひ検討してみましょう。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP