ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 27 view

IFTTTの賢い使い方とWebサービスとしての魅力とは?アプレットの実例も紹介

近年では様々なWebサービスが登場しています。そのため、ビジネスでも個人でも複数のサービスを同時に利用するといったシーンも珍しくありません。例えばSNSにしてもFacebookやTwitter、Instagramなど様々なものがあり、その中から複数のもの使って情報を発信しているという方も多いでしょう。

そこで、課題となるのが複数のWebサービスの連携です。すべて手作業で使用していると同じ情報を発信するだけでもかなりの手間や時間がかかってしまいます。

そのような複数のWebサービスを簡単に連携できるツールがIFTTTです。今回はIFTTTの魅力や賢い使い方などについて詳しくご紹介いたします。

IFTTTとはどのようなツール?どう使える?

IFTTTのトップページ
画像:ifttt.com

Web上には様々なサービスがありますが、その特徴を知らなければ導入を検討することすらできません。どんなに魅力的なツールであったとしても、目的や用途に合っていなければ便利に使いこなせないでしょう。そこで、以下はIFTTTとはどのようなツールなのかを詳しくご紹介します。

IFTTTとは

IFTTTとは、様々なWebサービスを連携できるツールです。具体的にはある特定のWebサービスで何らかの動作をすると、連携して別のサービスで自動的に動作を行うといった仕組みを作れます。

今日では様々なWebサービスが存在するので、複数を利用するのも当たり前になってきました。しかし、すべてのサービスで同じ操作を行うとかなりの作業量になってしまいます。そこで、IFTTTを使用することにより、一度の動作で様々なWebサービスを同時に操作できるので、効率的にWebサービスを利用できるのです。

IFTTTは様々なWebサービスと簡単な操作で連携することが可能。こういった自動化ツールを使用する際には コーディング が必要となるケースが多いですが、IFTTTは完全ノーコードツールです。そのため、プログラムに関する知識やスキルなどがない方であっても使用できます。

IFTTTでできること・アプレットの実例

IFTTTがどのようなツールなのかわかっても、具体的に何ができるのかという点が気になっているという方も多いのではないでしょうか。そこで、続いては具体例を出しながらご紹介します。

例えば、Twitterに画像などを投稿すると、自動的にInstagramでも同じ投稿をする動作の設定も可能です。また、LINEとカレンダーアプリを連携することによって、カレンダーに登録した予定などをLINEの通知として受け取ることもできます。さらには、YouTubeで高評価をした曲を別の音楽配信サービスで検索して自動でプレイリストに追加するといった、高度な連携も可能です。

さらには、GPSと連携して移動するとその場所の天気予報を受け取るといった動作もできます。様々なWebサービスとの連携が可能なので、工夫次第で様々な活用方法が可能です。

また、ビジネスツールの連携などもできるので業務自動化、効率化ツールとしても活用できます。

豊富なアプレットが最初から用意されている

もちろん、自分でアプレットを作成することもできますが、IFTTTでは最初から多数のアプレットが用意されています。そのため、これを選択するだけでもすぐに使用可能です。また、用意されたアプレットをカスタマイズすることもできるので、短時間でオリジナルのアプレットを開発することもできます。

もちろん、アプレットを作成する際にも コーディング などが一切必要ありません。操作も非常に簡単なので、はじめての方でも簡単に好みのアプレット作成が可能です。

IFTTTの賢い使い方

IFTTTはあらかじめ用意されたアプレットを選択するだけでもすぐに活用できるツールです。しかし、もっと賢い使い方についてもご紹介します。

IFTTTに登録しよう

IFTTTを使用するためにはまずユーザー登録が必要です。方法は非常に簡単でスマホやタブレットなどにアプリをダウンロードして、メールアドレスを登録し、アカウントを作成します。メールアドレス以外にもGoogleやFacebookのアカウント連携でも使用可能です。

スマート家電と連携すれば日々の生活がより一層便利に

IFTTTはスマート家電と簡単に連携できます。GoogleHomeをはじめとする スマートスピーカー との連携機能もあるので、何か1つのアクションで連携して様々な操作を自動でしてくれます。あらかじめ用意されているアプレットの中にもスマート家電用のものがいくつかあるので、まずは試してみましょう。先述の通り、アプレットのカスタムや作成も非常に簡単なので、うまくスマート家電と連携できれば、日々の生活がより一層便利なものになるはずです。

まとめ

自動化ツールというと、ビジネス用途のものをイメージする方が多いかもしれません。しかし、上手に活用できれば日々の生活がより便利なものになります。IFTTTはWebサービスだけでなく、スマート家電などの連携も可能となっているので、工夫次第で様々な使い方ができます。まずは一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP