ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 35 view

OutSystemsの使い方を確認!メリットや注意点も要チェック

OutSystemsはポルトガル発の開発ツールです。ローコード系のツールとしては非常に知名度が高く、すでに多くの企業や組織などで導入されているので、気になっているという方も多いでしょう。 コーディング を使った開発と比較すると、より高速に、そして低コストになるというメリットがあります。

とはいえ、具体的にどのようなツールなのかわからず、導入の検討段階にすら入れないという企業や組織も多いようです。そこで、今回はOutSystemsとはどのようなツールなのか、そしてメリットや使い方について詳しくご紹介します。

OutSystemsとはどのようなツール?何ができるの?

近年では各種アプリケーションへの需要が高まっていることもあって、より簡単かつスピーディに開発できるローコードツールが増えてきました。それだけに、どれを選べば良いのかわからなくなってしまいます。

ローコードツールの導入を検討する際に重要となるのが、そのツールの特徴を知ることです。そのツールを導入することによって、何ができるのか、そしてメリットなどがわからなければ検討できません。

そこでまず、OutSystemsの特徴やメリットなどについてご紹介します。

OutSystemsとは

OutSystemsはローコードツールの代表的な存在。様々なツールを開発できますが、特に得意としているのが自動化ツールをはじめとした業務アプリケーションです。

ローコードツールなので、完全に コーディング が不要なわけではありませんが、アプリケーション生成のほとんどが自動で行われます。そのため、フルでコーディングを行う必要がなく、従来の開発よりもよりスピーディに開発を進められます。

もちろん、最低限の プログラム言語 や開発に関する知識や技術は必要です。とはいえ、フルでコーディングする場合と比較するとかなりハードルが低くなります。

先述の通り、OutSystemsはポルトガルで開発されたツールですが、日本ではコンピューター大手の富士通によって提供されています。そのため、他の海外製ツールと比較するとサポートを受けやすく、使いやすくなっています。他の海外製ツールと比較すると安心して導入できるでしょう。実際に、日本の多くの企業や組織などでも導入されています。

OutSystemsのメリット

OutSystemsの導入には様々なメリットがありますが、中でも特に大きなポイントとなるのが、開発のスピードを大幅にアップできるという点です。先ほどもご紹介しましたが、近年では企業内などで使用する業務アプリケーション開発への需要が高まっています。必要に応じて、その場で素早く開発しなければならないケースも増えました。

そのような中、フルでプログラミングを行っていると、実装までに長い時間がかかってしまいます。例えば業務の効率化を行うためのツールであれば、それを開発するのに長い時間をかけると逆に非効率になってしまう可能性があります。

また、近年ではビジネスシーンの状況もめまぐるしく変化しています。そのため、開発に時間をかけすぎてしまうと、完成したころには状況が大きく変化してしまい、すぐに仕様変更が必要となったり、せっかく開発したアプリケーションを十分に活用できなくなったりする可能性もあります。だからこそ、OutSystemsによる開発のスピードアップは大きなメリットであると言えるでしょう。

OutSystemsの実践的な使い方

OutSystemsには様々な活用方法がありますが、特に実践的で大きな効果を期待できるのが、組織内における各種ツールの内製化です。ツールの内製化を行えば、必要に応じて素早くツール開発ができるので、より業務が効率的なものとなります。

OutSystemsの使い方と業務を効率化するためのポイント

以下はOutSystemsの詳しい使い方などについてご紹介します。

必要なのは基本情報のみ

OutSystemsでアプリケーションを開発するために必要なのは、開発するアプリケーションの基本情報のみです。これさえあれば自動で開発を進められます。そのため、開発は非常にスピーディで、基本的な仕様さえ決めてしまえば素早く実装まで進められます。

OutSystemsは開発ツールですが、同時に業務効率化のプラットフォームでもあるので、組織などに導入することによってあらゆる業務の効率化が可能です。

開発したアプリケーションの運用も簡単

開発したアプリケーションの運用や仕様の変更などを簡単にできるという点もOutSystemsの魅力の一つです。運用をストップすることなく、スムーズに変更などを加えられるので、様々な業務に対応できます。

また、開発したアプリケーション同士はもちろんのこと、その他のツールとの連携も簡単にできるので、すでに別のツールなどを導入しているといった場合にも安心です。

まとめ

OutSystemsはローコードツールの中でも特に高いシェアを誇っていることもあり、非常に機能的で、スピーディな開発ができます。これから各種業務ツールの内製化を行いたいと考えている企業や組織の方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP