ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 45 view

Power Platformとは?具体的な使い方や解決できる課題を紹介!

Power Platformは近年高い注目を集めているノーコードツールの一つです。WindowsなどのOSやOfficeなどのソフトウェアの開発、販売で知られるMicrosoftが展開しています。

各種アプリケーションの開発への需要が高まっていることもあり、簡単に開発ができるノーコードツールへの注目も高まっています。比較的小規模な企業や個人などで開発されるケースも多い中、Microsoftが開発したツールとして、 リリース 当時から大きな話題を呼びました。

とはいえ、Officeなどと比較するとまだ知名度が低く、どのようなツールなのかわからないという方も多いでしょう。そこで、今回はPower Platformとはどのようなツールなのかを具体的にご紹介します。

Power Platformとは?何ができるツール?

powerplatformのトップページ
画像:powerplatform

MicrosoftのOfficeはオフィスツールの定番として多くの企業や組織などで導入されています。そのため、比較的身近な存在であると言えるでしょう。実はPower PlatformもOfficeの サブスク サービスであるOffice365に含まれているサービスです。Office365を導入しているのであれば、すぐに利用できます。

以下はまず、Power Platformを使用することで何ができるのかをご紹介しましょう。

Power Platformとは

このサービスは、高度なビジネスアプリケーションを簡単に開発できるPower Appと、ワークフローの自動化や様々なサービスなどと連携できるPower Automate、そして様々なデータを分析、解析できるPower BIという3つのツールによって構成されています。それぞれを単体で使用することもできますが、組み合わせることによってさらに高度なツールの開発が可能となります。

特徴としては、直感的で簡単に操作できるという点が挙げられます。従来、アプリケーションの開発には専門知識やスキルなどが必要で、完成させるためには長い時間やコストが必要でした。しかし、Power Platformを使用することによって、簡単でなおかつスピーディにアプリケーションを開発できます。

また、開発の自由度の高さもPower Platformの魅力の一つです。ノーコードやローコードツールは操作が簡単な一方で、開発の自由度が犠牲になってしまうケースも少なくありません。しかし、このサービスでは先ほどご紹介した3つのツールを組み合わせることによって、より高度で自由度が高い開発が可能となっています。

Power Platformの使い方

Power Platformの使い方は非常に簡単です。基本的にはPowerPointでスライドを作成するような感覚でアプリケーションを開発できます。さらに、ExcelやPowerPointなどの連携も簡単で、これまでに作成したデータなどを活かしたアプリケーションの開発が可能です。

このサービスは先述の通り、Office365に含まれています。Office365を導入している企業や個人の方であれば誰でもすぐに使用できるという点もメリットです。高性能なツールの場合、導入にかなりのコストがかかるケース多いことから、この点は大きなメリットであると言えるでしょう。

Power Platformはクラウドサービス?

開発ツールには様々なタイプのものがありますが、このサービスはWeb上で利用する クラウドサービス となっています。そのため、デバイスにソフトウェアなどをインストールする必要はありません。ネットに接続でき、Chromeなどの各種ブラウザを使用できるあらゆるデバイスで利用できます。

ネット環境とデバイスさえあれば時間や場所を選ばず開発環境を構築できるので、様々な用途で使用できます。この点もPower Platformのメリットの一つです。

Power Platformの使い方と解決できる課題

Power Platformを使用することによって、様々なビジネス上の課題を解決できます。

そこで、以下はPower Platformによって解決できる課題についてご紹介します。

データのサイロ化を防止する

ビジネスシーンにおいて、データが分断され、サイロ化されたことが原因でうまく活用できないというケースも少なくありません。現在のビジネスにおいて、データが非常に重要な価値を持ちます。いわば企業や組織の財産の一つであるとも言えるでしょう。Power Platformを活用することによってデータをしっかりとつなぎ合わせ、サイロ化を防止できます。

ビジネスの様々なプロセスの自動化

これまでは当たり前に行われてきた業務であっても、ツールなどを導入することによって簡単にオートメーション化できるものも少なくありません。単純作業などを自動化できれば、業務の効率化につながります。

昨今では業種を問わず人手不足が大きな課題となっています。そこで、業務を効率化できれば、貴重な人材をより有効利用できるはずです。

このように、Power Platformを使用することによってビジネス上の様々な課題を解決できるでしょう。

まとめ

Power Platformは簡単な操作で高度なビジネスアプリケーションの開発ができます。導入し、うまく活用することができれば、ビジネスにおける様々な課題を解決することが可能です。ビジネスにおいて課題を抱えているのであれば導入を検討してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP