ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 28 view

ノーコードで使用可能!?Power Platformの基礎知識

MicrosoftといえばWindowsOSや、Officeなどのソフトウェア開発で知られる大手コンピュータ企業です。最近ではSurfaceなどのハードウェアの開発も行っています。また、近年より力を入れているのが クラウドサービス 。これまではMicrosoftが提供するソフトといえば、Officeのようにデバイスにインストールして使用するものが中心でした。それに対してクラウドサービスはWeb上で使用できるので、ネットに接続できる端末さえあればどこでも作業環境を構築できます。

そのようなMicrosoftのクラウドサービスの一つがPower Platformです。ノーコードで様々なアプリケーションを開発できるツールとして注目を集めています。そこで、今回はPower Platformについて詳しくご紹介します。

Power Platformとは?何ができるの?

powerplatformのトップページ
画像:powerplatform

先述の通り、Power PlatformはMicrosoftが提供する クラウドサービス です。Officeの サブスク サービスであるOffice365に含まれていて、同サービスを利用している方であれば、誰でもすぐに使用できます。

とはいえ、まだ比較的新しいサービスなので、使ったことがない、あるいはその存在を知らないという方も多いようです。

そこでまず、Power Platformとはどのようなツールなのかを詳しくご紹介しましょう。

Power Platformとは

Power Platformはアプリケーションなどを開発するためのツールです。従来、アプリケーション開発といえば、 プログラム言語 による コーディング が必須で、専門知識やスキルが求められていました。しかし、近年ではコーディング不要で様々なアプリケーションの開発が可能なノーコードツールが増えています。

Power Platformもそのようなノーコードツールの一つで、コーディングを行うことなく簡単にアプリケーションを開発できます。

このツールの最大の特徴は、MicrosoftのOfficeと近い感覚で操作できるという点です。それこそ、PowerPointでスライドを作るのと同じ感覚でアプリケーションをデザインし、機能を追加したり、Excelで表を作ったりするような感覚で データベース の構築が行えます。これまでOfficeを使用したことであれば、すぐにアプリケーションを開発できるでしょう。

また、Office365はもちろんのこと、様々なサービス、ツールとの連携も容易にできるようになっています。すでに使用しているツールや、作成したデータなどをそのまま活かしてアプリケーションの開発が可能です。

このような特徴から、近年エンジニアだけでなく、幅広い層のユーザーから注目されています。

完全ノーコードで使用できる?

簡単にアプリケーションの開発ができることを謳っているツールであっても、実際にはある程度の プログラム言語 の知識や、開発スキルが求められるというケースも少なくありません。導入してみたものの、使いこなせるかどうかという点に不安を抱いている方も多いでしょう。

Power Platformは先述の通り、完全ノーコードで開発ができるツールとなっています。そのため、プログラムに関する知識やスキルが不要です。

また、簡単に使えるノーコードツールでありながら開発の自由度が高く、高度なアプリケーション開発も可能となっています。さらに、従来の方法に近い開発も可能なので、 コーディング からの乗り換えにも適しています。

Power Platformで何ができる?

先述の通り、Power Platformを使用することによって様々なアプリケーションやツールなどの開発が可能です。たとえば、近年様々な業種で需要が高まっている自動化ツールなども簡単な操作で開発できます。

Power Platformでは自動化ツール以外の開発もできるので、あらゆる開発の手法を統一したいといったケースにも対応できます。

Power Platformを構成する3つのツール

Power Platformは大きく分けて3つのツールによって構成されています。そこで、以下はそれぞれの役割や機能についてご紹介します。

Power Apps

このツールがPower Platformのメインとなります。専門技術やスキルを持っていない方でも簡単にアプリを開発できるツールです。また、開発したアプリを複数の形式で提供できる機能も備えられています。

Power Automate

主に業務の自動化を行うことができるツールです。様々なソフトなどを自動で操作するといった機能を持っています。

業務の自動化がメインであればこのツールだけでも実現可能です。

Power BI

自動でデータの分析や操作などを行うことができるツールです。 データベース などにまとめられているデータを高い精度で分析し、可視化するといった用途で使用できます。大量のデータを管理するにはかなりの作業量となり、人の手だとどうしても精度に不安を抱えてしまいます。しかし、このツールを使用することによって、簡単に様々なデータを管理できます。

まとめ

近年では コーディング 不要で各種アプリケーションの開発が可能なノーコードツールが多くなっています。中でもPower Platformは開発の自由度が高いこともあって、様々なシーンで使用可能です。簡単に使える開発ツールの導入を検討しているのであればチェックしておきましょう。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP