ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 48 view

ローコードで業務自動化!Kissflowのメリットや使い方を解説

業務効率を高めたいと考えてはいるものの、具体的にどうすれば良いのかわからないという方も多いでしょう。近年ではビジネスもさらに複雑化しているので、単純に市販のビジネスツールやアプリケーションを導入しただけでは、十分に効率を高められないというケースも少なくありません。

そこで、近年注目を集めているのがKissflowというツールです。すでに1万社以上の企業で導入されていて、高い支持を受けている業務自動化・効率化ツールです。

操作も非常に簡単で、豊富な機能の中から自社に合ったものを選んで自由にカスタマイズできることから、導入を検討しているという方も多いでしょう。

そこで、今回はローコードで簡単に業務自動化を実現できるKissflowについて詳しくご紹介します。

Kissflowとはどのようなツール?何ができるの?

Kissflowのトップページ
画像:kissflow.com

操作が簡単でなおかつ、高度な開発にも対応できることからローコードツールへの注目が高まっています。これから自社でも導入を検討しているという方も多いでしょう。しかし、しっかりと検討するためには、そのツールがどのようなものなのかを把握する必要があります。

そこでまず、Kissflowとはどのようなツールなのか、そして何ができるのかといった点についてご紹介します。

Kissflowとは

Kissflowは2012年にインドで開発されたツールです。メインとなるのはワークフローの管理や効率化です。

すでに10年近い歴史を持つツールですが、現時点で1万社以上の企業に導入されていて、非常に信頼性が高いサービスとして知られています。

このツールのポイントとなるのは、ワークフローの管理に必要な休暇申請や経費精算、購入リクエストといった機能があらかじめテンプレートとして用意されている点です。そのため、特別なカスタマイズや、新規開発をしなくても、すぐに使用を開始できます。

同様のワークフローツールにも様々なものがありますが、このKissflowは操作が特に簡単で、テンプレートの種類も非常に豊富です。あまりワークフローツールや業務効率化ツールの開発に時間をかけられない企業などにおすすめです。

また、簡単に使用できるだけでなく、カスタマイズ性が高いという点もポイントの一つ。テンプレートとして用意されているアプリケーションを細かくカスタマイズできるだけでなく、ゼロからの開発も可能です。

操作画面がシンプルなのではじめての方でも安心

機能が充実している一方、基本的な操作画面が非常にシンプルなので、あまり迷うことがありません。Kissflowをはじめて使用するという方であってもすぐに操作に慣れることができるでしょう。

ローコードツールとはいっても、 コーディング が不要の開発も可能。そのため、これまでアプリケーションの開発をしたことがないという方であってもスムーズに使用できます。

また、コーディングを使った開発も可能なので、従来の開発方法に慣れているという方であっても安心です。

このように、様々なスタイルでの開発に対応しているので、幅広い方が使用できるツールに仕上がっています。

信頼性が高いツール

信頼性が高いという点もKissflowの魅力の一つです。先述の通り、すでに1万社以上の導入実績があり、ドミノピザなどの有名企業でも導入されています。

ビジネスに使用するツールの場合、この信頼性は重要なポイントの一つです。Kissflowはすでに長い歴史を持ち、導入実績も非常に多いことから、信頼性が高いツールであると言えるでしょう。

Kissflowを導入するメリットは?使い方は?

先述の通り、Kissflowはすでに多くの企業に導入されています。以下はそのメリットや便利な使い方について詳しくご紹介します。

Kissflowを導入するメリット

Kissflowを導入することのメリットはやはり、簡単に業務を効率化できるという点です。通常、効率化ツールを開発するにはかなりの時間やコストがかかります。しかし、Kissflowであれば開発が非常に簡単で、用意されたテンプレートを選択するだけですぐに実装することもできます。

また、Kissflowを使用することによって業務フローの流れをよりスムーズにできます。様々なフローを明確にできるので、業務全体を効率化できるのです。

Kissflowの便利な使い方

Kissflowでは様々な業務アプリケーションを開発できます。そのため、フロー全体を管理するのではなく、単体の業務ツールとしても活用できます。ちょっとした管理ツールなどを必要としている企業や組織にもおすすめです。

まとめ

Kissflowを活用することによって、簡単に様々な業務を効率化できます。導入や開発が非常に簡単なので、これまで開発の経験がないという方であってもすぐに使用可能です。業務のフロー全体を改善したいという方はチェックしてみてください。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP