ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 22 view

ローコードプラットフォーム「Appian」の基礎知識と使い方

自動化ツールを導入することによって、あらゆる業務を効率化できます。そのため、近年では様々な自動化ツールが登場しているので、導入を検討しているという方も多いでしょう。しかし、業務ツールの場合、市販のものでは自社の状況や解決したい課題などにマッチしないケースもあります。

Appianは簡単に様々なアプリケーションを開発できるローコードプラットフォームです。操作が非常に簡単なので、専門的な知識がない方であっても簡単にアプリケーション開発ができます。

今回はAppianに関する基礎知識や使い方などについて詳しくご紹介します。

Appianとはどのようなツール?何ができる?

Appianのトップページ
画像:appian.com

近年ではデジタルデバイスなどの普及が進んだことによって、各種アプリケーションへの需要が高まっています。かつて、アプリケーションの開発には長い時間がかかっていたので、それがネックとなって開発を諦めていたという方も多いでしょう。そのため、Appianなどのローコードプラットフォームに注目が集まっています。

とはいえ、具体的にどのようなツールなのかわからなければ導入を検討できません。そこでまず、Appianとはどのようなツールなのか、そして何ができるのかといった点について詳しくご紹介します。

Appianとは

Appianとは簡単に様々なアプリケーションを開発できるツールです。同様のツールが近年かなり増えていますが、このツールの特徴は直感的な操作によって開発を進められるという点です。

Appianは ドラッグ&ドロップ の簡単な操作によって様々な機能の追加やデザインなどができます。簡単なドキュメントなどを制作するような感覚で様々な機能を追加できるので、プログラミングなどの知識がない方や、専門スキルがない方であっても簡単にアプリケーションの開発ができます。

また、開発可能なツールの幅広さも魅力の一つです。操作が簡単な自動化ツールの多くは、その分自由度が犠牲になってしまうというケースも少なくありません。中には特定のジャンルのツールしか開発できない場合もあります。しかし、Appianは非常に簡単に操作できる上に、開発の自由度が高いという点でも注目されています。

デバックからカスタマイズまで一貫して行える

Appianは各種アプリケーションの開発だけでなく、デバックや リリース 後のカスタマイズまで一貫してできます。開発すればそれで終わりというわけではないので、実装後も同じツールで運用したいという方におすすめのツールです。

もちろん、カスタマイズやデバックなども非常に簡単なので、これまでアプリ開発や、運用などを行ったことがないという方でも簡単に操作できます。

Appianは無料で使用することができる?

開発ツールを導入する際には、コストの面が気になるという方も多いかと思います。Appianには残念ながら無料プランは用意されていません。

しかし、14日間の無料トライアル期間が設けられているので、ひとまずどのようなツールなのかを試してみたいという方も安心です。

Appianを使用するメリットとデメリット

どんな開発ツールにもメリットとデメリットの両方があります。導入を検討するのであれば、その両方をしっかりと頭に入れておく必要があります。

そこで、以下はAppianを使用する上でのメリットとデメリットをご紹介します。これからこのツールの導入を検討しているのであれば参考にしてみてください。

Appianを使用するメリット

Appianを使用することのメリットは、簡単に様々なアプリケーションを開発できるという点です。 プログラム言語 などの知識やスキルがない方であっても簡単に開発できるので、外注などに頼る必要がなく、これまでのアプリケーション開発に必要だったコストや時間などを大幅に削減可能です。

続いて、スピーディな開発ができるので、実際の現場で発生した不満をそのまま活かしたアプリケーションを開発して、その場で解消できるという点もメリットです。

Appianを使用するデメリット

デメリットはそれほど多くはありませんが、無料プランが用意されていないので、使用するにはある程度のコストが必要であるという点が最初に挙げられます。近年では無料で使用できるツールが多いことから、できるだけコストをかけたくないという方にとってはデメリットとなるでしょう。

また、フル コーディング の場合と比較すると開発の自由度がやや低いという点もデメリットと言えます。ただ、簡単な操作が可能なローコードツールとしては自由度がかなり高い方です。

まとめ

Appianを使用することによって、簡単に様々なアプリケーションの開発ができます。できるだけ簡単にアプリケーションの開発をしたいという方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP