ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 81 view

ローコード開発ツール「Salesforce Lightning Platform」とは?実現できる業務効率を解説

Salesforce Lightning Platformという名称を聞いて、すぐにピンとくる方も多いかもしれません。このツールは世界的に高いシェアを誇るSFAであるSalesforceで使用されているプラットフォームです。様々な業務を効率化することができるツールとして知られているSalesforceをさらに使いやすくカスタマイズできるサービスと言うとわかりやすいかもしれません。

今回はSalesforce Lightning Platformの特徴や実現できる業務効率などについて詳しくご紹介します。

Salesforce Lightning Platformとは?どのようなことができるツール?

Salesforceプラットフォームのトップページ
画像:www.salesforce.com

近年では簡単に業務アプリケーションなどを開発できるノーコード、ローコードツールが増えています。そのため、どれを導入すべきかわからず、悩んでいるという方も多いかもしれません。

開発ツールにそれぞれ異なった特徴があり、得意としている開発の方向性などにも違いがあります。したがって、目的や用途に合ったものを選ぶ必要があります。

そのためには当然、ツールの特徴をしっかりと知ることが大切です。そこで、以下はSalesforce Lightning Platformの特徴について詳しくご紹介します。

Salesforce Lightning Platformとは

Salesforce Lightning Platformは、ローコードで簡単に様々な業務アプリケーションを開発するためのツールです。このツールの特徴は、すでに世界的に高く評価されているSalesforceが提供する様々な機能を自由に使用できるという点です。データベースはもちろんのこと、ユーザー認証やワークフロー設定、分析エンジンといった機能を自在に配置、設定可能となっていて、あらゆる用途の業務アプリケーションの開発ができます。

このツールが得意とするのは、業務効率化アプリケーション。もともとがSFAということもあり、業務効率化に必要な機能が充実しているという点が最大の特徴です。

また、ローコードツールなので、コーディングによる開発も可能ですが、シンプルなアプリケーションであれば完全ノーコードでの開発もできます。つまり、幅広い開発方法に対応しているので、まったくアプリケーション開発の経験がないという方から、様々なプログラム言語を使って開発してきたという方まで幅広い層の方にとって使いやすいツールとなっています。

さらに、外部サービスと連携しやすいという点もポイントの一つです。近年では様々な開発ツールが登場していて、それぞれの特徴を活かした開発を行い、連携させるというケースも増えています。Salesforce Lightning Platformでは細かい設定をしなくても多くのサービスと連携できるようになっているので、すでに様々なツールを使って開発しているという方にもおすすめです。

ローコードツールが注目を集めている理由

ローコードツールは特別に新しいものではありませんが、近年になって改めて高い注目を集めるようになりました。

より簡単に様々なアプリケーションなどの開発ができるノーコードツールが増えていますが、その一方で高度な開発をするためにコーディングが必要なローコードツールへの需要も高くなっています。

一見すると、コーディング不要で開発ができるノーコードツールの方が便利に思えるかもしれません。しかし、ノーコードツールは簡単に開発できる一方で、開発の自由度がそれほど高くないものが多いというデメリットがあります。それに対してローコードツールはコーディングにも対応している分だけ開発の自由度が高いです。

特に、今回ご紹介しているSalesforce Lightning Platformはローコードツールでありながら、開発するツールの種類によってはほぼノーコードでの開発も可能です。このように、使い勝手が非常に良いことからローコードツールへの注目が集まっています。

どのように使うの?

機能が豊富なこともあって、使い方は多様ですが、基本的には用意された様々な機能を用途に合わせて選択し、カスタマイズするという形です。完成後はすぐに実装できるので、非常にスピーディな開発が可能です。

Salesforce Lightning Platformによってできる業務効率化

続いてはSalesforce Lightning Platformを活用することによって、どのような業務効率化を実現できるのかという点についてご紹介します。

現場で生まれた不満をその場で解消できる

これまでの業務アプリケーション開発は、現場で発生した不満を一旦集めて、それを解消するためのアプリケーションを作成して行くという形でした。しかし、Salesforce Lightning Platformを使用することによって、誰でも簡単に開発できるので、現場で生まれた不満をその場で解消できます。

カスタマイズによってより使いやすく

開発したアプリケーションを簡単にカスタマイズ可能です。そのため、実際に使用する中であらたな不満が発生した場合、その場でカスタマイズして不満を解消できます。この点も、Salesforce Lightning Platformの魅力です。

まとめ

Salesforce Lightning Platformを活用することによって、様々な業務の効率化を実現できます。操作が非常に簡単でありながら、同時に高度な開発もできるので、これから開発ツールの導入を検討しているのであればチェックしてみましょう。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP