ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 11 view

楽々Flamework3の使い方を解説!効果を最大化するコツは?

楽々Flamework3は、従来開発に長い時間と多額のコストがかかっていた Webアプリ をより簡単に構築できるツールです。ツールの種類としては、人間の手による コーディング を最小に抑えることで開発をより簡単にし、スピードアップするローコードツールに分類されます。

近年ではローコードツールにも様々なものがあるので、どう選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。今回は楽々Flamework3とはどのようなツールなのか、そして使い方などについてご紹介します。

楽々Flameworkではどのようなツールの開発ができる?

楽々Framework3のトップページ
画像:www.sei-info.co.jp

ローコードツールにも様々なものがあります。その中から用途などに合わせてベストなものを選択することが重要です。とはいえ、ツールの特徴を知らなければ検討できません。

そこで、楽々Flamework3とはどのようなツールなのかをご紹介します。

楽々Flamework3とは

楽々Flamework3の特徴は、超高速開発が可能であるという点です。すべて手作業のコーティングによる開発と比較すると、最大で約5倍の高速開発が可能となっています。ポイントとなるのは部品組立型の開発です。あらかじめ様々な機能を持つ高性能な部品が用意されていて、それを組み合わせる形で Webアプリ を開発できます。そのため、 コーディング を最小に抑えながらスピーディな開発が可能です。また、コーディングによるバグなどの発生を抑えられるので、開発だけでなく実装もスピーディにできます。

楽々Flamework3を使用することによって様々なアプリケーションの開発が可能ですが、その中でも特に得意とするのが業務効率化ツールです。企業内で必要に応じて素早く開発し、実装できます。そのため、業務に使用するアプリケーションなどを内製化したいという方に適したツールであると言えます。

使いやすい国産ツール

ローコードツールは欧米諸国などで早い段階から導入されたので、海外で開発されたものが中心です。もちろん、海外製ツールを日本で使用することもできますが、日本語化が不十分なものも少なくありません。また、サポートを受けにくいというケースもあります。

それに対して楽々Flamework3は日本の企業によって開発・運営されています。そのため、しっかりと日本語対応されていて、サポートも受けられます。海外製のローコードツールの導入に抵抗があるという方でも安心して使用できるでしょう。

大規模組織でも導入しやすい

非常に信頼性の高いツールで、すでに400社以上の導入実績があります。大規模組織への導入の事例も多く、様々な組織・環境で安心して導入できるツールと言えるでしょう。

もちろん、個人や小規模な組織での導入も可能です。例えば、小規模な組織からスタートして、成長に合わせて機能を追加していくといった用途にも対応できます。

楽々Flamework3を使うと誰でも簡単に開発ができる?使い方は?

ローコードツールを導入するにあたって、特に気になるのがどのように使用できるのかという点です。たとえ高性能なツールであっても使いこなせなければ意味がありません。そこで、以下は楽々Flamework3はどのように使用できるのか、そしてどのような企業や組織におすすめなのかといった点についてご紹介します。

アプリケーション開発の経験がなくても大丈夫?

楽々Flamework3は近年増えているノーコードツールではなく、あくまでローコードツールです。そのため、より本格的な開発を行うのであれば、ある程度 コーディング やアプリケーション開発に関する知識が求められます。

とはいえ、フルでコーディングに行う必要はありませんので、平均して4日間程度の講習で操作に必要な知識や技術を身につけられます。また、開発言語の選択も可能となっているので、これまでコーディングによる開発を行っていたエンジニアの方であればスムーズに移行できるでしょう。

どのような企業や組織におすすめなのか?

楽々Flamework3は先述の通り、業務の効率化などのアプリケーション開発に適しています。そのため、業務で使用するアプリケーションを内製化したいという企業や組織に適しています。

近年では企業内で使用するツールを独自開発するというケースも増えています。しかし、フルで コーディング を行う場合、専門のエンジニアを雇用したり外注したりする必要があります。そうなれば当然多額のコストがかかり、どうしても開発にある程度の時間がかかってしまいます。その点、楽々Flamework3によって内製化してしまえば、開発に必要なコストを大幅にカットでき、必要な時に必要なアプリケーションを素早く開発して実装できます。

したがって、ツール開発に必要な時間やコストをカットしたいと考えている企業や組織などにもおすすめです。

まとめ

楽々Flamework3は国産のローコードツールで、業務に使用する各種アプリケーションを開発できます。開発に必要なコストをカットできるだけでなく、実装までのスピードもアップできます。これから自社で業務に必要なアプリケーションの開発を行いたいという企業や組織の方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP