ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 34 view

Webサイトを作る!ローコード開発ツールおすすめ4選

Webサイト の開発には多くのコストや時間がかかるというイメージを抱いている方も多いでしょう。しかし、今日では開発にかかるコストや時間を大幅に削減できるローコード開発ツールが注目を集めています。あまりにも種類が多いので、何を選べば良いのかわからないという方も多いかもしれません。そこで、今回はWebサイトの開発におすすめのローコード開発ツールを4つピックアップしてご紹介します。

ローコード開発ツールとは?ノーコードとはどう違う?

ローコード開発ツールと言われてもあまりピンとこないという方も多いかもしれません。そこで、ここではまずローコード開発ツールとはどのようなものなのかをご紹介します。

ローコード開発ツールとは

通常、 Webサイト やアプリなどの開発を行うためには、 プログラム 言語を使った コーディング が必須でした。そのためには専門的な知識や技術が必要であり、開発のハードルを高くする原因となっていました。

ローコード開発ツールは、そのようなコーディングを簡略化したツールのことを指します。完全にコーディングが不要というわけではありませんが、専門的な知識がない方であっても比較的簡単に開発可能です。

ノーコード開発ツールとの違い

ローコード開発ツールと同様、より簡単に開発できることから注目を集めているのがノーコード開発ツールです。

こちらはその名の通り、 コーディング 不要で Webサイト などを開発できるツールです。一切プログラミングなどの専門知識や技術などを必要としません。

このように説明すると、ノーコード開発ツールの方が優れているような印象を受けるかもしれません。しかし、操作が簡単な分だけ自由度が低く、開発の幅が限定的になってしまうというデメリットがあります。

それに対してローコード開発ツールの場合、より自由度が高く複雑なWebサイトやシステムの構築も可能です。また、コーディングベースの開発になれている方でも使いやすいという点も魅力です。

このように、ローコード開発ツールとノーコード開発ツールにはそれぞれ異なった魅力がありますので、比較した上でどちらを導入するのかを検討しましょう。

Webサイト開発向けのローコード開発ツールおすすめ4選

ここからは、具体的におすすめのローコード開発ツールを4種類ピックアップしてご紹介します。ローコード開発ツールにも様々なものがありますが、今回は Webサイト 開発に特化したものを中心に選定しています。

Webflow

webflowのトップページ
画像:webflow.com

Webサイト 制作のノーコード・ローコードツールとして高い知名度を誇るWebflow。2013年にβ版が ローンチ され、2020年の時点でアクティブユーザーは100万人を超えます。

開発はパーツを ドラッグ&ドロップ で組み合わせ、スタイルエディターで位置などを調整するというもの。そのため、簡単なマウス操作のみでもWebサイトが完成します。

簡単なサイト制作であればFreeプラン(無料)がおすすめです。一方、ある程度細かなカスタマイズをしたい場合には有料プランも検討しましょう。スタンダードプラン以上でカスタムコード機能の使用が可能になります。 HTMLCSS の編集はもちろん、 JQery を用いた プラグイン が利用できるようになり、ローコードツールとしての真価が発揮されます。

■Webflow

公式URL:https://webflow.com/

ペライチ

ペライチのトップページ
画像:peraichi.com

サービス名からもわかるように、 ランディングページページ完結型Webサイト を制作するのにおすすめなのがペライチです。2020年の時点で20万人以上の利用実績を誇ります。

特徴はとにかくシンプルなこと。 ドラッグ&ドロップ で美しいWebサイトが簡単に構築可能です。また、日本企業発のサービスとなるため、日本人にフレンドリーな点も大きなポイントと言えるでしょう。

ペライチには無料プランが用意されているため、あらかじめ用意されたテンプレートやパーツだけで完成できるようなWebサイトであればこれでも十分。一方、ローコードツールとして利用したいのであれば、レギュラープラン以上の利用がおすすめです。 HTML / CSS / JavaScript の埋め込みが可能になるため、より細かなで自由度の高い開発が可能になります。

■ペライチ

公式URL:https://peraichi.com

sheet2site

sheet2siteのトップページ
画像:www.sheet2site.com

Googleスプレッドシート を使って Webサイト を開発できるというユニークな仕組みが魅力のsheet2site。本来は データベース などを用いての管理が必要となるWebサイト制作を、エクセルライクな使い勝手で実現できるのが大きなメリットです。

開発の手順は、はじめにテンプレートを選択し、Googleスプレッドシートと連携させるだけ。適切なデータ登録が行えていれば、あとはボタン一つでWebサイトが構築されます。

ローコードツールとしてもsheet2siteは強力です。HTMLタグをGoogleスプレッドシートに入力すると、その結果がWebサイトに反映されます。また、カスタムプランに登録するとカスタムHTMLテンプレートが使用可能となるため、細かなレイアウトやデザインの調整が行えるようになります。

■sheet2site

公式URL:https://www.sheet2site.com

Shopify

shopifyのトップページ
画像:www.shopify.jp

ECサイトが制作できるローコードツールとしてはShopifyがおすすめです。ECサイト作成サービスとして高い世界シェアを誇り、世界175カ国で利用されています。アクティブユーザー100万人超え、解説ショップ数60万サイトと、圧倒的な規模感が特徴です。

基本的な制作方法はテンプレートを選択し、商品を登録していくだけ。また、サイトのカスタマイズにはShopifyアプリストアという拡張機能が用意されています。

また、テーマコードの編集を HTML / CSS / JavaScript で行えるため、ローコードツールとしても有用です。コードを埋め込むというよりは、基となるコードをそのまま編集できるため、自由度は非常に高いと言えるでしょう。

■Shopify

公式URL:https://www.shopify.jp

まとめ

ローコード開発ツールの使用で、 Webサイト やアプリなどの開発にかかる時間やコストを大幅に削減できます。これからWebサイトの開発を行うのであれば、ノーコード開発ツールと併せて使用を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP