ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 29 view

ノーコードで自動化ツール開発ができる「Clay」を紹介

様々な業務を効率化できることから、近年では多くの組織や企業で自動化ツールが導入されています。しかし、自社で自動化ツールを開発するとなれば、ハードルが高いと感じる方も多いでしょう。実際に、以前は自動化ツールを開発するには専門的な知識や技術が求められることから、多くの時間やコストがかかっていました。しかし、現在では簡単に自動化ツールの開発が可能なノーコード開発ツールが増えています。Clayもその一つです。そこで、今回はClayとはどのようなツールなのかをご紹介します。

Clayとはどんなノーコード開発ツール?

Clayのトップページ
画像:www.clay.run

開発のハードルを大幅に下げてくれることから、ノーコード開発ツールの人気が高まり、現在では様々なサービスが登場しています。当然、それぞれのサービスが異なった特徴を持っているので、用途に合わせて選ぶことが大切です。ここではまず、Clayはどのような特徴を持ったノーコード開発ツールなのかをご紹介します。

Clayとは

Clayは簡単な操作で自動化のワークフローを構築できるツールです。豊富なテンプレートが用意されているだけでなく、操作も簡単なのでプログラミングなどの専門知識がない方でも短時間で自動化ツールの開発が可能です。

SaaSのツールの連携はもちろんのこと、様々なサービスやアプリなどから情報の収集といった機能も充実しているので、上手に使いこなせば簡単に高性能な自動化ツールの開発ができます。

■Clay

公式URL:https://www.clay.run/

Clayの魅力

Clayの最大の魅力は、前述の通り非常に豊富なテンプレートが用意されているという点です。たとえ操作が簡単なツールであっても、ゼロから開発するにはある程度の慣れやセンスが求められます。しかし、Clayでは様々な用途に対応したテンプレートが用意されているので、 ゼロベース から開発する必要がありません。目的に合ったテンプレートを見つけたら、初めて使用する方でも短時間で自動化ツールを完成できます。

また、 UI が多くのオフィスですでに導入されているExcelやスプレッドシートに近いものとなっています。そのため、開発というよりも普段のデータ入力のような感覚で自動化ツールを開発できる点も、Clayの大きな魅力です。

操作の簡単さもこのツールの魅力の一つです。 ドラッグ&ドロップ の簡単な操作でテンプレートの変更や、機能の追加などが可能。日本語化は不十分ですが、視覚的に理解しやすいアイコンが用意されているのでそれほど困ることはないでしょう。

コーディング が不要であるという点もClayの魅力となっていますが、複雑なアプリの連携などを行う場合にはコードの使用も可能です。そのため、コーディング中心の開発に慣れているという方でも違和感なく使いこなせるでしょう。カスタムコード自体も数多く公開されていますので、コピー&ペーストで開発も可能です。

Clayの注意点

前述の通り、Clayは非常に魅力的なノーコード開発ツールですが、いくつか注意点があります。まず、自動化ツールの開発に特化したサービスなので、開発可能なものの幅はそれほど広くはありません。Webサイトやアプリなどの開発を行うことを目的としているのであれば、他のツールを使用する必要があるでしょう。

また、この点に関しては前述の通り、海外で開発されたサービスですので日本語化は不十分です。操作は非常に簡単ですが、細かくカスタムするのであれば日本語化されていないことがネックとなってしまう可能性があります。

自動化ツールとしては定番の一つではありますが、日本語の情報が少ないという点も注意点として頭に入れておきましょう。

Clayを使った開発の手順

続いては具体的にClayを使った自動化ツール開発の手順をご紹介します。

テンプレートの選択

Clayでは ゼロベース から開発も可能ですが、豊富なテンプレートが用意されているので、まずは目的に合ったものを探してみましょう。目的に合わせてテンプレートの検索をすることもできるので、より理想に近いものを探してみてください。

もちろん、テンプレートはあとでカスタムできますので、ここで理想型のものを見つけられなくても問題ありません。

トリガーとアクションの設定

続いては、自動で作業を行うためのきっかけにあたるトリガーと、行う作業にあたるアクションの設定を行います。当然、ここでも コーディング は不要で、多くのトリガーやアクションが容易されているので、適切なものをブロックを組むように積み上げていくだけです。基本的な操作は ドラッグ&ドロップ だけなので、初めて使用する方でも簡単に開発できるでしょう。

まとめ

Clayを使用することによって、プログラミングに関する専門的な知識や技術がない方でも、簡単に自動化ツールが開発できます。自社に合った自動化ツールがなかなか見つからないという方や、これから自動化ツールの導入を考えているのであれば、Clayを使った開発も視野に入れてみてはいかがでしょうか。きっと、あなたのビジネスの効率化に役立つはずです。

▼この他の自動化ツールが気になる方はこちらの記事もチェック!

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP