ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 252 view

ノーコードでマーケットプレイス開発ができる「Sharetribe」を紹介

これまでは買い物をするというと小売店を利用するのが一般的でした。しかし、ネットの普及によって買い物の方法が大きく変化しています。もちろん、小売店のような形で買い物ができるネットショップという選択肢もあります。しかし、近年ではメルカリなどをはじめとする個人売買が可能な マーケットプレイス の人気が高まっています。

ここではノーコードでマーケットプレイスの開発が可能なSharetribeというツールをご紹介します。

Sharetribeとはどんなノーコード開発ツール

Sharetribeのトップページ
画像:www.sharetribe.com

プログラミング言語などの専門的な知識がなくても簡単に様々なWebサイトやアプリ、システムなどの開発が可能であることからノーコード開発ツールが注目を集めていて、現在では様々な種類が存在しています。しかし、それぞれの特徴が異なっているので、目的に合わせた選択が重要です。そこで、まずはSharetribeとはどのような特徴を持つツールなのかをご紹介します。

■Sharetribe

公式URL:https://www.sharetribe.com/

Sharetribeとは

Sharetribeは マーケットプレイス サービスの開発に特化したツールです。すでにご存じの方が多いかと思いますが、マーケットプレイスとは個人でも気軽に様々な商品を販売できるサービスです。日本でもメルカリをはじめとして、多くのマーケットプレイスサービスが登場し、実際に利用されています。

マーケットプレイスは様々な人が商品を登録し、販売することになるので一般的なECサイトよりもシステムが複雑になりがちです。そのため、開発のハードルが高いというイメージを抱いている方も多いでしょう。実際に、かつてマーケットプレイスのようなサービスを構築するとなれば、かなりの時間やコストが必要でした。しかし、Sharetribeを使用すれば コーディング などが一切不要で簡単にマーケットプレイスを開発できます。

Sharetribeの魅力

Sharetribeの魅力は、 マーケットプレイス に欠かせないユーザー登録や決済システムといった機能を簡単に導入できる点です。このツール内に必要な機能が一通り用意されているので、すぐにマーケットプレイスを開発して、運用できます。その他にもクーポン機能やメルマガ機能なども用意されているので、単に開発するだけでなく、その後の集客なども簡単です。

ノーコード開発ツールですので、操作が非常に簡単であるという点も魅力の一つです。 コーディング が一切不要で、細かい設定も可能。日本語には対応していませんが、操作は視覚的かつ直感的なものなので、初めて使用する方であってもすぐに開発できます。

あらかじめテンプレートなども用意されているので、 ゼロベース の開発が不要です。したがって、時間やコストをかけることなくマーケットプレイスの開発を行いたいという方におすすめのツールです。

Sharetribeの導入実例

マーケットプレイス の開発ツールとしては定番となっていますので、Sharetribeはすでに様々な企業などに導入されています。そこで、ここでは実際にどのように導入されているのかをご紹介します。

Studiotime

Studiotimeは様々な音楽スタジオを比較し、同時に予約できるサービスです。 マーケットプレイス というと商品の売買を行う場所というイメージを抱く方が多いかもしれません。しかし、様々なサービスの販売や情報提供を行うツールとしても優れています。

Sharetribeでは様々なスタイルのシステム開発が可能なので、サービスの提供や予約といった目的のマーケットプレイス開発も可能です。

WheelPrice

WheelPriceは世界最大規模の自動車部品のオンライン マーケットプレイス です。2017年に リリース されたサービスですが、すでに多くのユーザーに利用されるようになっていて、今や世界規模に成長しました。

Sharetribeは規模の大きなサービスの開発や運用にも対応しています。 スタートアップ 向けのコンパクトなサービスの開発から、大企業のマーケットプレイスまでサポートしてくれるという点が魅力です。

Sharetribeを使用した開発の方法

最後にSharetribeを使用した マーケットプレイス 開発の方法について具体的にご紹介します。

テンプレートの選択

Sharetribeでは豊富なテンプレートが用意されています。その中から目的に合ったものを選択しましょう。デザインだけでなく、最初から様々な機能が設置されているものもあるので、理想に近いものを見つけることができれば、ほとんど手を加えることなく マーケットプレイス を開発できます。

必要な機能の設定

続いて、テンプレートをベースとして必要な機能の追加や細かい設定を行っていきます。Sharetribeは コーディング 不要ながら開発の自由度が非常に高く、オリジナリティが高いコンテンツの構築が可能です。

操作も直感的でわかりやすいので、一切開発の経験がないという方でも簡単に開発できるでしょう。

まとめ

マーケットプレイス への需要が世界的に高まっています。しかし、様々な機能が求められるサービスなので開発のハードルは高くなってしまいがちです。そこで、Sharetribeを使用することで、専門的な知識や技術などがない方でも簡単にマーケットプレイスの開発が可能です。今後、マーケットプレイス開発を検討しているのであれば、Sharetribeもチェックしてみましょう。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP