ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 34 view

keywalkerとは?データ収集スクレイピングサービスを解説

今日、スクレイピングツールが多数存在していますが、それぞれが異なるコンセプトで作られています。ビジネスにおいて、ノーコードで AI やビッグデータを活用したい場合は、「keywalker」がおすすめです。今回は、keywalkerの概要や強み、活用方法、具体的なメリットについてご紹介します。

keywalkerのサービスとは

keywalkerのトップページ
画像:www.keywalker.co.jp

keywalkerは、 Webサイト に対してクローリングを行い、指定した条件に該当する情報を集めてくれます。また、Webスクレイピング機能により、取得したデータを利用しやすい形に加工します。

クローリングとは、Webサイト内の情報を自動的に取得する技術のことです。専用のロボット型検索エンジンを使用します。クローリングを行うためのツールは、「クローラー」と呼ばれます。

スクレイピングは、クローリングと同じようにWebサイトを巡回し情報を収集しますが、最後にデータを利用しやすい形に成型します。スクレイピングの場合、専用のツールを使用して行うのが一般的です。クローリングとは、ほぼ同じ意味の言葉として認識されています。

Webクローラー、Webスクレイピングツールが数多くあるので、どれを選べば良いか迷ってしまいがちです。keywalkerの公式サイトでは、クローリング対象サイト400万サイト、導入社400社、サービス継続率99%をアピールしているので、信頼性が高いツールであることがわかります。

keywalkerのスクレイピングの強み

keywalkerの強みと言える、特徴についてご紹介します。

クラウド対応

keywalkerは、クラウド対応のWebクローラーです。インターネット環境と対応端末があればどこからでもアクセスできます。また、端末へのインストールが必要ありません。

並列クローリング

複数のページを並列でクローリングします。ペース数が多いサイトもスピーディーに処理。数万ページにおよぶような規模が大きいサイトのクローリングも現実的に可能です。

動的サイトに対応

JavaScript などを用いた動的サイトは静的サイトと比較して構造が複雑であり、クローリングのハードルが上がります。keywalkerはオリジナルの自動操作言語により、動的サイトのクローリングに対応しています。

豊富なクローリング設定

Keywalerはクローリング設定を細かくカスタマイズできます。巡回スケジュール、IP分散、クロールルートなどを調整可能です。

対応ファイル形式の広さ

幅広いファイル形式から情報を取得できます。 HTML 、RSS、SITEMAP、PDF、Office文書などのクローリングが可能です。

アラート機能

あらかじめ設定していた閾値に到達した値があった場合、アラートでユーザーに通知を送ります。

検索機能

取得したデータを、効率的に検索可能です。

keywalkerを活用する方法

keywalkerの具体的な活用例をご紹介します。

商品情報調査

競合が展開している商品の情報を取得できます。自社より低価格で展開されている商品があれば、アラートを出すように設定可能です。価格のほか、在庫、カラー、商品説明などの情報を効率的に取得できます。

データの見える化

取得した情報は各種グラフ形式で表示も可能です。数値の変動を直感的に把握できるようになり、ビジネスシーンにおける判断に役立ちます。

Webサイトの更新確認

Webページの更新を随時チェックし、変化があった場合はアラートを送るように設定できます。URLを入力するだけで、簡単に設定可能です。

画像からの情報取得

画像の類似度比較、画像のカテゴリー分類、画像内のテキスト情報取得といった処理ができます

不動産情報調査

大手不動産サイトからの情報取得に対応しています。情報を自動取得し、可視化されたデータとして閲覧可能です。営業活動、もしくはマーケティングに役立つ有益な資料として活用されています。

企業リスト作成

Web上の情報から、あらかじめ設定して条件に該当する企業のリストを作成します。業種で分類が可能です。電話やFAXなどによる営業に活用されています。

keywalkerを選んで使うメリット

機械学習の技術であるディープラーニングでは、画像や音声、動画といったデータが活用されています。keywalkerではこれらのデータの情報をタグ付けができるため、ディープラーニングでスムーズに活用できます。

例として、商品画像に商品名、価格、在庫、口コミ評価、といった情報を付与可能です。

提供元の株式会社キーウォーカーは、 AI システムの効率的な学習のため、適切なデータセットを用意することが重要であると提唱しています。上述した、画像、音声、動画といったデータへの情報付与は、そのソリューションの一つです。

まとめ

スクレイピングツールは数が多く、選択肢が豊富です。どのツールを導入するか迷った場合は、信頼性で検討するのもおすすめです。keywalkerは、国内の名だたる大企業、省庁に導入されているので、信頼性が高いと言えます。もちろん、その評価を裏付けるように、機能面も優れているツールです。興味があれば、公式の窓口に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP