ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 59 view

ScrapeStormとは?人工知能Webスクレイピングの解説

スクレイピングに、人工知能を活用する動きが見られています。多くのツールに人工知能が採用されて、作業の簡略化が進んでいる状況です。今回ご紹介する「ScrapeStorm」も、人工知能が組み込まれたノーコードで扱えるスクレイピングツールの一つ。ツールの概要や、人工知能による恩恵について詳しくお話しします。

ScrapeStormとは

scrapestormのトップページ
画像:jp.scrapestorm.com

ScrapeStormは、Googleに在籍していたテクノロジーチームによって開発されたスクレイピングツールです。人工知能が内蔵されていて、URLの入力だけのシンプルな操作で、自律してデータを抽出します。

スクレイピングとは、 Webサイト から必要な情報を取得し、さらに加工しやすいデータとしてまとめることです。同じように、Webサイト上の情報を取得するクローリングという作業もありますが、こちらはデータを加工する工程までは含まれていません。ニュースサイト記事の一覧や、競合の商品データ作成などが必要な場合に、スクレイピングが実施されます。

スクレイピングという作業自体は、自力でも可能です。しかし、手作業でサイトを巡回し、情報を集めるのは効率的ではありません。Pythonなどでプログラムを作成して行うこともできますが、開発用の人材を雇用する必要があります。あらかじめパッケージされたスクレイピングツールを使う方法が、コストや手間の面で優れていると言えるでしょう。

なお、Windows、Mac、Linux、それぞれのOSで利用可能です。

ScrapeStormの人工知能Webスクレイピングについて

ScrapeStormには、スマートモードという機能が搭載されています。操作が非常に簡単で、初心者におすすめの機能です。特筆すべき点として、人工知能を活用していることが挙げられます。

URLを入力し、クリックするだけで、リスト、フォーム、リンク、写真、価格、電話番号、メールアドレスといった要素を自動的に識別します。特にルールなどを指定する必要はありません。

複数URLのスクレイピングにも対応しています。URLが記載された別のドキュメントからインポートすることも可能です。出力も様々な形式から任意に選択できます。

ScrapeStormを活用する方法

ScrapeStormの一般的な活用例をご紹介します。

SEO対策

SEO対策とは、検索エンジン上の検索結果で上位を目指すために必要な取り組みです。代表的な取り組みとして、キーワードを充足させることが挙げられます。ScrapeStormを利用すると、競合サイトに含まれているキーワードや、トレンドになっているキーワードを確認できます。

ECの商品監視

ネットショッピングが身近になり、顧客は簡単に商品比較ができるようになりました。ECの市場で競合に対して優位性を保つためには、競合がどのような商品を展開しているのか把握しておくことが大切です。ScrapeStormでは、価格、商品レビューといった商品情報をまとめて収集できます。

株価指数

目まぐるしく変化する株価市場。ScrapeStormを利用して株価指数を把握しておくと、株式の動向を分析するのに役立ちます。

ScrapeStormのメリット

ScrapeStormを利用するには、アカウントを作成後、ログインします。スクレイピングの結果として取得した情報は、アカウントに紐づいた情報としてクラウドに保存可能です。ユーザー側でデータの保守を行う必要はありません。

また、アカウントページには、端末が違ってもログインできます。そのため、取得したデータの共有も容易です。取得したデータをチームで活用したい場合や、テレワークなどで、異なる環境からアクセスしたい場合に適しています。

無料のプランが用意されている点もメリットの一つ。スクレイピングツールとして特に不足のない機能群を無料、かつクレジットカード登録なしで利用できます。月49ドルから有料のプランも用意されているため、必要に応じでグレードアップできます。

ScrapeStormを利用するうえでの注意点

ScrapeStormはそれほどシェアが大きいスクレイピングツールではないため、操作などで役立つWeb上の情報が見つかりにくい傾向があります。公式ホームページでは、多数のユースケースが紹介されているため、こちらを参考にするのがおすすめです。

また、無料のプランでは、一つのIPアドレスを使用するため、スクレイピングを行うと異常なアクセスと判断され、拒否される場合があります。スムーズにスクレイピングを行いたい場合は、IPをローテーションする有料プランへの切り替えが必要です。

まとめ

スクレイピングは、様々な用途に役立つ情報を得るために重要な作業ですが、効率や結果はスクレイピングツールによって変わってきます。今回ご紹介したScrapeStormは、人工知能による簡単なスクレイピングが高く評価されているツールです。無料のプランがあることも重要なポイント。使用感を確かめたうえで、本格的な導入を決められるので、まずはぜひ試してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP