ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 5 view

ノーコード開発の特徴を解説!注目される理由や主要ツールまとめ

近年、アプリやシステム開発において注目を集めているノーコード開発。既に有用なツールが登場しており、目的や希望に応じて選ぶことができます。こちらでは、ノーコード開発の基本的な特徴や主要ツールをご紹介します。

ノーコード開発の特徴とは

「ノーコード」とは、すなわち「コードがない」ということです。つまり、「ノーコード開発」は、プログラムを用いず、または少数のプログラムでシステム・アプリケーションを開発することを意味します。

ノーコード開発における最大の特徴は、少ない知識で開発ができる点です。このため、技術者だけではなく、非技術者も開発に従事することができます。システムやアプリケーション開発を担当できる人材の幅が広がるため、生産性の向上が期待できます。

また、開発は提供されているプラットフォームで行うため、開発の時間を短縮できる点も特徴です。従来の開発のように、環境やインフラを整備する必要はありません。ごく簡単なアプリケーションであれば、1時間程度で完成するケースもあります。

さらに、イメージ通りのシステムやアプリケーションを作成しやすい点も評価されています。多くのプラットフォームで採用されているのは、パーツやテンプレートを組み合わせて製作する方式です。そのため、完成イメージを確認しながら開発できます。

主要なノーコード開発ツール

ノーコード開発は専用のツールを用いて行います。それぞれツールには特徴があるため、目的に応じて選ぶことが大切です。以下では、主要なツールを紹介します。

Glide

Glideのトップページ
画像:www.glideapps.com

Glideは、 Googleスプレッドシート を簡易的な データベース として活用することで開発できるツールです。ツール上で任意のデザインに変更できるため、非技術者の方でも手軽に使用できます。各種テンプレートが用意されており、最初に触れるノーコード開発ツールとしてもおすすめです。

Adalo

Adaloのトップページ
画像:www.adalo.com

Adaloは直感的で簡単な操作が評価されているノーコード開発ツールです。実際の開発は、提供されているパーツの組み合わせ、テキスト入力で行います。開発したアプリの UI は、細かくカスタマイズが可能です。また、 Webアプリ 、Android・iOS向けアプリの開発ができるため、オールマイティーなツールといえます。さらに、 モバイルアプリ に関してはGoogle Play、App Storeなど、各プラットフォームから配信できる点も特徴です。

Bubble

Bubbleのトップページ
画像:bubble.io

Bubbleは ドラッグ&ドロップ で手軽に開発が行えるツールです。ビジュアルプログラミング言語の知識がある場合は、スムーズに扱うことができるでしょう。また、拡張性に富む点も特徴です。標準機能でも UI を細かく調整できますが、有料 プラグイン を追加すればさらに高度な機能を実装できます。

Thunkable

Thunkableのトップページ
画像:thunkable.com

Thunkableは、 モバイルアプリ に特化している点が特徴的な開発ツールです。AndroidとiOSの双方に対応したアプリを開発できます。また、人工知能が組み込まれており、画像認識機能などを利用できる点も大きな特徴です。

世界でも注目が集まるノーコード開発

2020年から2021年は、ノーコード開発に対する世界の評価が劇的に変わった1年といえます。それまでは、開発ツールの機能の限界から、ノーコード開発によってできたアプリ・システムの評価はあまり高くありませんでした。しかし、この1年で開発ツールの機能・性能は飛躍的に向上し、従来のコードで開発したアプリやシステムと比較しても遜色のないクオリティーに仕上げることができます。

現在は、世界的に様々な企業が Webサイト やサービスをノーコード開発で製作しており、注目が集まっている状況です。また、ノーコードアプリの買収(M&A)案件が爆発的に増加しています。

ノーコード開発の今後の発展とビジネスへの影響

ノーコード開発は、黎明期といえる段階です。そのため、業界でも評価が分かれています。

しかし、小規模ながら開発者のコミュニティーが存在しており、ノーコード開発に関する知識の共有・互いが開発したアプリのブラッシュアップが行われているのは事実です。クラウドやビットコインなど多くのイノベーションは、こうした小さなコミュニティーで生まれた献身的な活動が土壌となっています。ノーコード開発も、この後の改善が進み、少しずつ市場での評価が上がっていく見込みです。

また、日本でもAdaloで製作されたノーコードアプリの買収案件が話題となりました。ノーコード開発に従事する日本人開発者も増えてきています。低コスト・短納期を実現できるノーコード開発は新規事業とのマッチングが良いため、今後は日本の スタートアップ 企業での活用例も増えていくでしょう。

まとめ

ノーコード開発に対する評価はまだ安定していませんが、注目されているのは事実です。まずは、今回ご紹介したようなツールを使用して、ノーコード開発を体験してみましょう。ノーコード開発はコストや時間がかからないため、気軽にチャレンジしてみることをおすすめします。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP