ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 235 view

Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

アプリケーションやシステムのアイデアはあるものの、プログラミングなどの知識やスキルがないことで開発を諦めてきた方も多いのではないでしょうか。ところが、近年では専門的なスキルがなくてもアプリケーション開発ができるローコードツールが登場し、注目を集めています。

Mendixもローコードツールの一つで、最小限の コーディング でアプリケーションの開発ができます。今回はMendixの使い方などについて詳しくご紹介します。

Mendixとはどのようなローコードツール?

Mendixのトップページ
画像:mendix.buildsystem.jp

現在ではローコードツールにも様々なものがあります。その中から、目的に合わせてベストなソリューションを選ぶ必要があります。

ここではまず、Mendixとはどのようなローコードツールなのかをご紹介します。

Mendixとは

Mendixは、様々なアイデアを簡単かつスピーディにアプリケーションの形にできるプラットフォームです。先述の通り、アプリケーションのアイデアを持っているものの、開発まではできないと考えている方も多いでしょう。

Mendixならば、直感的な操作で組み立てられるビジュアルモデルをベースとして、アプリケーションを自動生成できます。

コーディング による開発の場合、ある程度の知識がなければ、開発過程でどのようなアプリになるのかをイメージできません。それに対して、Mendixではビジュアルモデルの使用で、完成図をしっかり確認しながら開発が可能です。

ローコードツールは本来、最低限のコーディングを行ってアプリケーションなどの開発を進めていきます。Mendixの場合、ビジュアルモデルの採用によってコーディングを行わず、ノーコードツールのような感覚で開発することも可能です。そのため、プログラミングに関する知識やスキルなどが一切ない方であっても気軽に開発を進められます。

Mendixでできること

Mendixを使用することによって、素早くアプリケーション開発ができます。まず、データモデルを作成して、 ドラッグ&ドロップ で様々な機能や要素などを追加しながら、アプリケーションを構築していくことが可能です。

あらかじめテンプレートも用意されているので、ゼロからの開発を行う必要もなく、時間が限られているといったケースにも対応できます。

また、様々なOSのネイティブアプリの開発も可能です。本来、多様なOSに対応するアプリの開発は、ハードルが高いものでした。しかし、Mendixにはハイブリッドアプリケーション機能が搭載されているので、自動であらゆるデバイスに対応するアプリの開発が可能です。

外部サービスと連携も可能です。各種Webサービスやツールはもちろんのこと、すでに社内や組織内で導入しているシステムなどの連携も可能。そのため、業務効率化ツールなどの開発にも適しています。

Mendixの基本的な使い方と応用

Mendixは簡単な操作で様々なアプリケーションの開発が可能です。以下は、基本的な使い方と応用の方法などについてご紹介します。

テンプレートを選択してカスタマイズ

Mendixによる開発はまず、テンプレートの選択からスタートします。あらかじめ様々なテンプレートが用意されているので、最終的な完成イメージに近いものを選びましょう。

テンプレートをそのまま使用できれば、必要なデータなどを入力することですぐにアプリケーションを完成させることができます。

テンプレートは簡単な操作でカスタマイズも可能。基本的な操作は ドラッグ&ドロップ だけなので、テンプレート上に設定されている機能を変更したり、新たに追加したりできます。また、デザインや UI なども自由に編集可能です。

こうしてイメージモデルを完成させれば、そのままアプリケーションが自動生成されます。

Mendixを理解するためのポイント

Mendixを理解する上で重要となるのが、ビジュアルモデルです。視覚的にアプリケーションの機能やデザインなどを確認しながら開発を進める形になるので、まずはこのビジュアルモデルの操作に慣れる必要があります。

とはいえ、操作は非常に簡単でPowerPointなどを使用したことがある方であれば、すぐにビジュアルモデルを自由に作成・編集できるでしょう。

UI もわかりやすく、先述の通り基本的な操作は ドラッグ&ドロップ だけなので、実際に操作してみるとすぐに使いこなせるようになるでしょう。

他サービスやツールとの連携や、ハイブリットアプリケーション化なども基本的に自動で行われます。そのため、ビジュアルモデルの作成ができれば、様々なアプリケーションの開発が可能です。

まとめ

Mendixはビジュアルモデルを活用して、直感的な操作で様々なアプリケーション開発ができるツールです。操作が簡単でありながら、自由度も高く、機能も充実しているのですでに多くの企業で導入されています。自分のアイデアをもとにしてアプリケーション開発を行いたいと考えているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP