ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 234 view

Open Lowcodeの使い方を解説!特徴や使って分かる魅力

今日では コーディング 作業を最小限に抑えながら、様々なアプリケーション開発ができるローコードツールも増えています。これらのツールが登場したことで、アプリケーションを開発しやすくなりました。

「Open Lowcode」もそのようなローコード開発ツールの一つです。とはいえ、ローコードツールにも様々なものがあるので、導入する前にどのような特徴やメリットがあるのかを知りたい方も多いでしょう。

今回は、簡単な操作でアプリケーション開発ができるOpen Lowcodeの特徴や使い方などについて詳しくご紹介します。これからローコード開発ツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Open Lowcodeとはどのようなローコードツール?

OpenLowcodeのトップページ
画像:openlowcode.com

IT機器の普及が進んだことで、アプリケーション開発への需要がますます高まっています。その影響もあって、より簡単かつスピーディに開発できるローコードも増えています。

現在ではローコードツールにも多くの選択肢があるので、どれを導入すべきかわからず、悩んでいる方も多いでしょう。

導入すべきツールを決めるためには、その特徴を知ることが重要です。そこでまず、Open Lowcodeというツールの特徴をご紹介します。

Open Lowcodeとは

従来の開発で使われていた コーディング の多くは、既存のソースを積み重ねて行くという作業で占められていたと言われています。複雑なアプリケーションであっても、様々な要素を積み重ね、組立ていくことで開発を進める形になります。

このコーディングにおける単純作業を自動化することで、開発をより効率的にしてくれるのがOpen Lowcodeです。

開発の考え方は従来のコーディングと同じなので、ノーコードツールなどと違って自由度が高いアプリケーション開発が実現しました。

開発に必要なのは、アプリケーションの完成イメージと必要なデータのみです。基本的にはどのようなアプリが必要なのか明確になっていれば、すぐにアプリケーションを完成させられます。

開発が簡単なのは言うまでもありませんが、開発スピードを高められるという点もOpen Lowcodeの特徴です。自由度が高い開発をする場合、時間がかかるイメージを抱いてしまう方も多いかもしれません。Open Lowcodeでは多くの作業を自動かつ、素早くできるよう設計されています。また、様々な機能の追加も簡単です。そのため、従来は長い時間をかけていたアプリ開発をよりスピーディにできます。

開発できるアプリケーションの幅広さ

開発可能なアプリケーションの幅が広いという点も特徴の一つです。主にビジネス向けのシステムに強く、様々な業種や組織の規模にマッチしたアプリケーションの開発が可能となります。

Open Lowcodeの導入方法

Open Lowcodeはクラウドとオンプレミスの両方で展開されています。クラウド版についてはブラウザなどでサイトにアクセス、ログインすることで簡単に開発を開始できます。

オンプレミス版はPCなどの端末にインストールして開発を行います。基本的な操作は共通していますので、どちらでも簡単に様々なアプリケーションの開発が可能です。

Open Lowcodeによる開発の方法

以下はOpen Lowcodeを使った開発の方法などについてご紹介します。

使い始めの初歩

Open Lowcodeでは必要な情報の入力や、動作の指示をするだけでアプリケーションの形を作れます。

複雑なアプリケーションの構築も可能ですが、シンプルなものであれば、ほんの数分で完成させることも可能。もちろん、完成したシステムはすぐに運用可能となり、カスタマイズも簡単です。

UI も非常にシンプルなので、はじめてOpen Lowcodeを使用するという方でもすぐに使いこなせるでしょう。

Open Lowcodeの活用方法

様々な形で活用できるツールですが、もっとも力を発揮してくれるのが組織内のデータ管理です。 データベース にあらかじめ用意した様々なデータを格納し、アクションの指定によってデータの整理はもちろんのこと、自動で分析などもできます。

クラウド版もセキュリティが万全なので、重要なデータも安心して取り扱えます。

格納したデータの呼び出しなども素早くできるので、組織内のデータ管理ツールとしても使いやすいでしょう。

まとめ

アプリケーション開発への需要が年々高まっていることで、より簡単に、そして素早く開発が可能なローコードツールが注目を集めています。Open Lowcodeもその一つで、すでに多くの組織や企業などに導入されています。

アプリケーション開発の高いハードルを下げるだけでなく、開発の自由度も非常に高く、上手に活用できればビジネスの質をさらに高められるでしょう。これからアプリケーションの開発を行う予定であれば、Open Lowcodeを導入してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP