ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 90 view

PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

業務の効率化はあらゆる企業や組織などにとって大きな課題の一つです。特に近年では様々な業界で人手不足が深刻な問題であり、単純作業に人員を割けなくなくなっています。

業務の効率化には様々な方法がありますが、近年特に注目されているのが「PEGA」を使用したものです。すでに日本国内でも多くの企業などで導入されているので、気になっている方も多いでしょう。

今回は、 PEGAとは何なのか、そして注目を集めている理由、メリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

PEGAによる業務効率化とは?注目を集めている理由

PEGAのトップページ
画像:www.pega.com

先述の通り、業務効率化には様々な方法があり、業種や業務の内容によってベストな方法が異なります。PEGAもそのような方法の一つとして、近年注目を集めています。

しかし、PEGAというツールを耳にしたことがあっても、具体的に何なのかわからない方も多いようです。そこでまず、PEGAとは何なのか、そして注目を集めている理由などについてご紹介します。

PEGAとは

PEGAとは、バックオフィス業務効率化ソリューションのことを指します。

組織の規模が大きくなると、バックオフィス業務が複雑なものとなります。総務や経理など複数の部門がバックオフィス業務に含まれます。そのため、ルールやプロセスなどがバラバラで統一されていないので、非効率になってしまいがちです。組織内でバックオフィス業務が滞ったことで、業務が進まないといった経験をお持ちの方も多いのではないしょうか。

PEGAとは、そのようなバックオフィス業務をより効率化するための方法の一つです。データの管理方法や連絡手段などが各部署でバラバラになっていると、混乱してしまいがちです。結果として処理に時間がかかってしまうことになりかねません。そこでPEGAによって統一できれば、部門をまたいだやりとりもスムーズにでき、情報共有の確実性も増します。

PEGAが注目されている理由

近年、PEGAによる業務効率化がより注目されるようになりました。その最大の理由は、これまであまり注目されることがなかったバックオフィス業務が原因で、組織全体の業務停滞が顕在化しやすくなったためです。

営業などには早い段階から様々なツールが導入され、効率化されるようになりました。他の部門が効率化されたとしても、バックオフィス業務に時間がかかっていては、組織全体の業務を効率化できません。これを改善するための方法としてPEGAが注目されるようになったのです。

PEGAによる業務効率化の具体例

PEGAによるバックオフィス業務の効率化といってもイメージしにくい方も多いでしょう。そこで、具体例を挙げてご紹介します。

これまで、社内での申請に紙などのアナログな方法がとられていたとします。この場合、一度に一人しか確認できないので、どうしても処理に時間がかかってしまいます。また、紛失のリスクなどもあります。そこで、デジタル化して共有することで、一度に複数人を確認でき、紛失などのリスクも軽減され、より業務が効率的になります。

さらに、様々な情報をネットワークで共有できれば、業務の属人化を防止できるというメリットがあります。業務が属人化してしまうと担当者不在といった理由で業務が停滞してしまうかもしれません。情報が組織全体で共有されていれば属人化することなく、たとえ担当者が不在であっても状況を確認し、業務を進められます。

このようにPEGAによって様々な業務の効率化と改善ができるのです。

PEGAによる業務効率化のメリットとデメリット

PEGAを導入するにあたってメリットとデメリットの両方について知ることが重要です。そこで、以下はメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

PEGAのメリット

最大のメリットは、組織や企業内全体の業務を効率化できる点です。バックオフィス業務は組織を運営する上で欠かせません。すべての業務に影響するため、PEGAで効率化できれば組織全体の業務改善が可能です。

また、組織全体の業務改善によって、解決すべき問題がより明確になるという点もメリットです。システムの問題で業務が滞っていると、本質的な問題や課題が見えにくくなってしまいます。そこでPEGAによってバックオフィス業務を効率化できれば、企業や組織として解決しなければならない問題が見えてきます。

PEGAのデメリット

PEGAのデメリットは、バックオフィス業務の方法を大きく変えなければならない可能性があるという点です。場合によっては、大きな組織改革となるかもしれません。そのため、導入に時間や手間がかかるので、導入にはある程度慎重になるべきだと言えます。

まとめ

PEGAによる業務効率化は、組織全体の改善につながります。近年、同ツールが注目を集めるのには、そうした理由があります。

PEGAにはメリットとデメリットの両方がありますので、その両方を頭に入れた上で導入を検討するようにしましょう。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP