ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 75 view

Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

日々の業務の内容は企業や組織によって異なります。そのため、業務効率化ツールや業務アプリは自社で独自に開発しなければならないケースも少なくありません。

かつて、業務アプリの開発というと多額のコストと長い時間がかかるのが一般的でした。これがネックになって開発を諦めてしまった方も多いでしょう。しかし、現在ではノーコードで様々な業務ツールを開発できるツールも登場しています。

今回ご紹介する「platio」も簡単な操作で業務アプリを作成できるツールの一つです。これから業務アプリの開発を検討している方はぜひチェックしてみてください。

Platioとはどのようなツール?

Platioのトップページ
画像:plat.io

現在ではノーコードツールにも様々な特徴を持ったものが登場しています。導入する前にそれぞれの特徴を知った上で比較したい方も多いでしょう。

そこでまず、Platioとはどのようなツールなのかを詳しくご紹介します。

Platioとは

Platioは業務アプリ開発に特化したノーコードツールです。これまで、業務アプリなどを開発するためには コーディング が必要でした。そのため、高機能なアプリを ハンドコーディング で開発するためには、多額のコストや長い時間がかかっていました。

しかし、Platioではコーディングせずに開発が可能です。操作も非常に簡単なので、プログラムなどに関する専門的な知識やスキルがない方であっても理想的なアプリを完成できます。

業務アプリが今すぐに必要となるケースも少なくありません。Platioを使用すればスピーディな開発が可能なので、必要な時にすぐにアプリを作成し、導入できます。つまり、業務における問題や課題などを素早く解決できるのです。

Platioで業務ツールを開発するメリット

様々なノーコードツールの中でPlatioを選ぶことの最大のメリットは、簡単かつ素早く業務アプリを作成できる点です。手順は、あらかじめ100種類以上の高品質なテンプレートが用意されているので、完成イメージに近いものを選択して、カスタマイズするだけ。簡単に業務アプリを完成できます。

テンプレートは様々な目的に合わせたものが用意されています。そのため、 ゼロベース で開発する必要がありません。

ツールを新たに導入するとなれば、コストが気になる方も多いでしょう。ツールによってはかなりの初期費用がかかることもあります。Platioの場合、初期費用が無料。なるべく初期コストをかけずにツールを導入したい方にとっては大きなメリットでしょう。

また、アプリの共有機能も備えられているので、ストアの審査などを待つことなく、すぐに リリース し運用可能です。常に必要なツールが変化しがちな現場などに対応しやすい点もメリット。

さらに、OCR機能や検知機能なども搭載されているので、最新のテクノロジーを駆使したシステムに対応しやすい点もポイントです。

Platioの業務アプリの使用シーン

Platioで開発した業務アプリは、様々なシーンで活用できます。そこで、どのようなシーンで活用できるのかについてご紹介します。

Platioの汎用範囲について

先述の通り、100種類もの豊富なテンプレートが用意されているので、様々な業務に対応するアプリの開発が可能です。

業務アプリにも様々な種類のものがあるので、汎用範囲が気になるところ。

業務アプリに限定すれば、汎用性が非常に高く、様々な現場で活用できるアプリの開発が可能です。テンプレートの種類が豊富なだけでなく、カスタマイズ性も高いことから、理想的なアプリを開発できるでしょう。

Platioが棚卸しや検品作業で活躍できる理由

Platioは棚卸しや検品作業に便利なアプリの開発が可能です。その最大の理由としては、モバイルデバイス向けのアプリの開発がしやすいという点が挙げられます。

かつて棚卸しや検品作業は目視と書類といったアナログな方法で行われてきました。しかし、現在ではタブレットなどのモバイル端末を使用するケースが一般的になっています。

Platioはモバイル端末向けのアプリを簡単に開発できます。そのため、棚卸しや検品作業などに適したツールの開発が可能です。さらに先述の通り、OCRや検知機能との連携も可能なので、最新のテクノロジーを駆使した業務ツールにも対応できます。

モバイル端末向けアプリはもともとハードルが高い傾向にありますが、Platioを使用すればノーコードで簡単に作成できます。それぞれの現場に合わせた開発も可能なので、棚卸しや検品作業でより活躍できます。

まとめ

Platioは業務アプリの開発に特化したノーコードツールです。モバイル端末向けのアプリも簡単かつ素早く開発できるので、様々な現場で活用できます。

汎用性も高いので、業務アプリの開発を予定しているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。現場に合わせたアプリをスピーディに開発しなければならない企業や組織などにもおすすめです。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP