ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 31 view

UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

近年ではノーコードやローコードで様々なアプリを開発できるツールが注目を集めています。あらゆる業界にIT技術が導入されるようになった影響もあり、独自のアプリケーションへの需要が高まりました。そこで、より簡単で素早くアプリ開発ができるノーコード・ローコードツールが求められるようになっています。

ビジネスシーンで使用されるアプリにも様々な種類のものがありますが、特に需要が高いのが業務効率化を目的としたものです。

「UNIFINITY」は、そのような業務効率化アプリの開発に特化したノーコードツールです。今回は、UNIFINITYとはどのようなツールなのか、メリットやデメリットなどについて詳しくご紹介します。

UNIFINITYとはどのようなツール?

UNIFINITYのトップページ
画像:www.unifinity.co.jp

近年ではノーコードツールにも様々なものが登場しています。そのため、それぞれの特徴を知った上で導入するツールを決めたいという方も多いでしょう。

そこでまず、UNIFINITYの概要や特徴などについてご紹介します。

UNIFINITYの基本

UNIFINITYはノーコードで モバイルアプリ を開発できるツールです。かつて各種アプリを使用するデバイスといえばPCなどが中心となっていましたが、近年ではスマホやタブレットといったモバイルツールも普及が進んでいます。業務内容によっては、PCよりもタブレットなどを使用する機会の方が多いというケースもあります。

そのようなモバイルアプリは従来のPC向けのものと違い、タッチやスワイプなどで操作を行うこともあり、ハードルが高い傾向にありました。

ところが、UNIFINITYではモバイル端末向けのアプリをノーコードで簡単に開発できます。

操作が非常に簡単で、 コーディング なども不要なので、プログラミングやアプリ開発の知識やスキルなども必要ありません。初心者の方であっても、短時間で高性能なモバイルアプリの開発が可能です。

UNIFINITYでできること

先述の通り、UNIFINITYではノーコードで モバイルアプリ の開発ができます。

モバイル端末にもいくつかのOSが存在していますが、マルチOSに対応したアプリ開発が行えるだけでなく、バージョンアップなどもUNIFINITYで対応できるという点もポイントです。配布もツール内で完結できるため、ストア申請なども不要ですぐに運用できます。

UNIFINITYでできる業務効率アップ

UNIFINITYでは様々な モバイルアプリ を開発できるので、業務効率アップにも活用できます。

たとえば、顧客情報管理や共有ツールを開発すれば営業業務を効率化できます。また、顧客とのやりとりをするためのアプリを開発することで、アフターサービスを充実させることも可能です。

在庫管理や製造数量、スケジュールなどを管理できるアプリも簡単に開発できるので、製造業における業務効率化も可能です。

様々な項目を簡単にチェックできるアプリなどを開発すれば、点検業務などの効率化、精度アップも実現できるでしょう。

UNIFINITYでは幅広い用途のモバイルアプリの開発ができるので、工夫次第で様々な角度から業務効率アップが可能です。また、短期間で開発できることもあって、現場でツールが必要となったタイミングですぐに運用開始できる点もポイントです。

UNIFINITYのメリットとデメリット

開発ツールの導入を検討する際には、メリットとデメリットの両方を知ることが大切です。そこで、以下はUNIFINITYのメリットとデメリットをご紹介します。

UNIFINITYのメリット

最大のメリットはノーコードで簡単にアプリ開発ができる点です。近年ではノーコードツールも増えていますが、マルチOSに対応した モバイルアプリ の開発はハードルが高いものです。

UNIFINITYはモバイルアプリに特化し、誰でも簡単な操作で開発できます。これこそが最大のメリット。

また、直感的な操作が可能な UI もUNIFINITYの魅力の一つです。基本的な操作は ドラッグ&ドロップ で簡単にできます。そのため、これまでアプリ開発やプログラミングなどの経験がない方であっても、すぐに使いこなせるでしょう。

様々なシステムと連携しやすい点もメリットの一つ。各種Webサービスはもちろんのこと、既存の社内システムなどと連携も可能です。

UNIFINITYのデメリット

デメリットとしては、開発の幅が限定される点が挙げられます。 モバイルアプリ に特化していて、簡単に開発できる一方で開発の自由度がそれほど高いとは言えません。そのため、様々なアプリやシステムを開発したいといったケースには対応できません。

また、ノーコードツールなので従来の コーディング による開発とは手順がまったく異なります。そのため、すでに開発の経験やスキルを持っている方の場合、移行しにくいかもしれません。

まとめ

モバイルアプリ の開発はハードルが高く、諦めていた方も多いかもしれません。しかし、UNIFINITYを使用することで、ノーコードで簡単にモバイルアプリの開発が可能です。

あらゆるスタイル・機能・ UI のアプリ開発ができるので、工夫次第で様々な業務の効率アップに活かせるでしょう。これから業務効率化アプリを取り入れたいと考えているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP