ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 115 view

Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

現代の生活において、インターネット環境は決して欠かせない存在です。誰もがPCだけでなく、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスを当たり前に手にするようになったことで、様々な形でインターネットが利用されるようになりました。

そのようななか、より重要性が増しているのが、インターネット上で簡単に使用できるWebアプリケーションです。様々な形で インターネットが利用されるようになったこともあり、 Webアプリケーション開発への需要も高まっています。

今回は、 Webアプリ の自動生成ツール「Web Performer」についてご紹介します。

Web Performerとはどのようなツール?

Web Performerのトップページ
画像:www.canon-its.co.jp

先述の通り、 Webアプリ 開発への需要が高まっています。そのため、より簡単に開発できるツールが次々と登場しています。Web Performerもそのようなツールの一つですが、導入を検討するにあたって、どのような特徴があるのか知りたいという方も多いでしょう。

以下は、概要や特徴などについて詳しくご紹介します。

Web Performerとは

Web Performerとは、Webアプリケーションやシステムに特化した 開発プラットフォーム です。分類としては、 コーディング を最小限に抑え、スピーディな開発が可能なローコードツールとなっています。

ローコードツールというと、開発の効率を高めることを目的としたものであり、使いこなすためにはプログラミングに関する知識やスキルが求められるものが一般的でした。しかし、Web Performerは開発の自動化といった機能を備えていることもあり、これまでWebアプリケーションの開発を行ったことがない初心者の方でも使いこなせるようになっています。

操作が簡単なうえに、柔軟な開発にも対応しているので、様々なタイプのアプリケーションを開発できるという点もポイントです。

Web Performerの特徴

Web Performerの最大の特徴は、開発の自動化です。これまで手作業で行われていた コーディング の多くを自動化できます。

これまでも、開発の一部分を自動化できるツールはありましたが、こちらのツールでは簡単な設定だけでWebアプリケーションを自動生成可能です。そのため、業務などで必要なアプリケーションを、その場ですぐに開発できます。

自動生成では非常に簡単に開発ができるだけでなく、複数のアプリケーションを開発する場合、品質を均一化できるというメリットもあります。

多くの企業での導入実績

Web Performerは簡単にWebアプリケーションを簡単に開発できるだけでなく、セキュリティ面などでの信頼性が非常に高いことが特徴です。その証拠に、すでに1000以上の企業や組織などの導入実績があります。

現在では多くのノーコード・ローコードツールを気軽に利用できるようになりましたが、信頼性に不安を感じているという方も多いでしょう。その点、Web Performerであれば、安心して導入できます。

もちろん、小規模な企業から大規模な組織などでも利用できるという点もポイントの一つです。あらゆる環境に対応していて、柔軟な開発ができるツールとなっています。

Web Performerの機能やメリット

Web Performerには様々な機能があり、導入にはいくつものメリットがあります。以下はWeb Performerを導入することのメリットなどについて詳しくご紹介します。

Web Performerの機能

様々な機能が備えられているツールですが、特に注目したいのは設計の段階からテスト、運用までサポート可能という点です。

アプリケーションの基本設計もしっかりサポート。どのような機能を搭載したいかといったアイデアさえあれば、すぐに開発をスタートできます。

また、先述の通りWeb Performerの目玉機能となっているのが自動生成です。基本的なデータなどを入力したり、設定したりすることで、シンプルなアプリであれば自動で生成してくれます。もちろん、自動生成したアプリケーションのカスタマイズも簡単にできるので、時間が限られている場合も素早く開発できます。

アプリケーションが完成しても、正しく動作するのか確認をする作業に時間がかかるケースも少なくありません。Web Performerではテスト機能も搭載されていますので、短時間でテストした上ですぐに実装できます。

導入のメリット

Web Performer導入の最大のメリットは、Webアプリケーション開発を簡単かつスピーディにできる点です。また、操作も直感的にできるという点もポイント。操作の多くは ドラッグ&ドロップ でできるので、初心者の方でもすぐに使いこなせるようになるのが、Web Performerの大きなメリットであると言えるでしょう。

まとめ

Web Performerには様々な機能が備えられていて、簡単かつスピーディにWebアプリケーションの開発ができます。

これまで、Webアプリケーションの開発にはかなりの時間やコストがかかっていました。しかし、Web Performerを導入することによって、必要な時間やコストなどをカットできます。

これからWebアプリケーションの開発を検討しているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP