ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 5 view

ローコードモバイルアプリ開発プラットフォームであるLANSA

かつて、様々なアプリケーションを使用するデバイスといえばPCが定番でした。しかし、現在ではスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末の普及が進んでいます。プライベートではもちろんのこと、ビジネスシーンでもモバイル端末が使用されるケースも増えてきました。そこで、注目を集めるようになっているのが、モバイル端末向けのアプリです。

もともと、 モバイルアプリ はPC向けのものと違って開発が難しく、ハードルが高いというイメージを持たれていました。しかし、開発への需要が高いこともあり、簡単にモバイルアプリを開発できるツールも登場しています。「LANSA」もそのようなモバイルアプリに特化した開発ツールです。

今回はLANSAの特徴や役割などについてご紹介します。

LANSAとはどのようなローコードツール?

LANSAのトップページ
画像:www.lansa.jp

アプリを簡単に開発できるツールとして、ローコードやノーコードツールが挙げられます。ローコードツールとは コーディング を最小限にすることで、簡単かつスピーディな開発ができるツールです。一方、ノーコード ツールは、コーディングせずに開発が可能ですが、開発の自由度が限定されやすいというデメリットがあります。

今回ご紹介するLANSAはローコードアプリに分類されます。

LANSAとは

LANSAは先述の通り、 モバイルアプリ を開発できるローコードツールです。

これまでモバイルアプリは、PC向けのアプリとは違ってタップやスワイプなどによって操作が行われるため、開発のハードルがやや高めでした。また、タッチ操作しやすい UI を採用しなければならないので、従来の開発とは考え方も異なっています。

しかし、LANSAならばハードルが高かったモバイルアプリ開発をより簡単にできます。モバイルアプリ向けの機能が充実しているので、従来のアプリ開発と同じような感覚でモバイルアプリを作成可能です。

もちろん、モバイルデバイス向けのものだけではなく、PC向けのアプリ開発にも対応しています。

ある程度の コーディング が必要なローコードツールではありますが、UIも非常にわかりやすく、操作方法も簡単です。そのため、これまでアプリ開発の経験がない方や、プログラミングなどの専門的な知識を持っていない方でも開発できます。

LANSAの特徴と役割

従来のローコードツールの場合、開発にあたって複数の言語が使用され、それが原因で端末などへの負荷が大きくなってしまうケースも少なくありませんでした。しかし、LANSAでは言語を統一することで、端末への負荷が小さく、同時にあらゆるOSにも対応できるようになっています。

また、モバイル端末だけでなくWindowsPCなど様々なデバイスに対応できるアプリを開発できる点も特徴の一つです。マルチデバイスに対応できるアプリの開発は技術的なハードルが高い傾向にありますが、LANSAではほとんど自動でできます。

さらに、開発したアプリの運用やアップデートをツール内で一貫してできるという点も特徴の一つです。業務アプリなどの場合、状況に合わせて常にアップデートしながら運用する必要があります。LANSAでは開発後の運用までサポートできるので、より幅広い用途で使用可能です。

開発スピードの早さもLANSAの特徴の一つ。 コーディング の手間を最小限に抑えているので、開発に必要な工数を大幅に削減できます。そのため、手間や時間をかけずに開発できます。

LANSAによる開発の方法

LANSAではいくつかの質問に回答し、設定を行うことで自動でアプリケーションを生成してくれます。コーディングはほとんど必要なく、最小限の工数でアプリ開発が可能です。

もちろん、生成されたアプリケーションは自由にカスタマイズできるので、より複雑な開発にも対応しています。

LANSAによるアプリ開発のメリットと将来性

以下はLANSAを使ったアプリ開発のメリットや、これからの将来性などについてもご紹介します。

LANSAによるアプリ開発のメリット

最大のメリットは、スピーディにアプリを開発できる点です。 ハンドコーディング の場合と比較すると大幅に工数を削減できるので、素早く開発して、すぐに実装できます。近年では状況がめまぐるしく変化するため、その都度新たなアプリやツールを開発しなければならないケースもあります。LANSAであれば開発開始から実装までのスピードを大幅に短縮できるので、様々なシーンや業務に対応可能です。

LANSAの将来性について

LANSAは簡単に開発できるローコードツールであるだけでなく、最新のテクノロジーへの対応も積極的に進めています。そのため、将来性が高いツールであるとも言えるでしょう。

これからも長く、様々なツールやアプリの開発ができるプラットフォームを探しているという方にもおすすめです。

まとめ

LANSAを使用することによって、これまではハードルが高いイメージを持たれていた モバイルアプリ を簡単に開発できます。開発の自由度も高く、様々なアプリの開発が可能です。これからモバイルアプリの開発や運用を考えているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP