ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 37 view

ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

近年では、業界を問わず人手不足が大きな問題となっています。そのため、できるだけ業務を効率化して、人的ソースをコア業務に集中させることがあらゆる企業や組織における課題です。

業務効率化にも様々な方法がありますが、現在特に注目されているのがツールを導入した効率化です。これまで当たり前に人の手で行ってきた業務の中には、ツールで自動化できるケースも少なくありません。

とはいえ、業務の内容は企業や組織などによって異なっています。そのため、自社にマッチしたツールを開発しなければならないケースも少なくありません。

今回は、業務効率化ツールを簡単に開発できるローコードツール「GeneXus」をご紹介します。

GenXusとはどのようなローコードツール?

genexusのトップページ
画像:www.genexus.jp

ローコードやノーコードツールを使って業務効率化ツールを開発するケースが増えています。それだけに、様々な特徴を持ったツールが次々と登場しています。

そのような中からどれを選べば良いのかわからない方も多いでしょう。そこでまず、GenXusがどのような特徴を持ったツールなのかをご紹介します。

GenXusとは

GenXusの最大の特徴はスピーディに開発できる点です。業務効率化ツールを現場ですぐに導入が求められるケースも少なくありません。状況が常に変化しているので、開発に時間がかかってしまうと、完成した頃には役立たないというケースもあります。

GenXusを使用することにで、ツールに必要なデータ項目やルールなどを入力、設定するだけで データベース やソースコードを自動生成してツールを開発できます。

このように自動で コーディング すれば、人的ミスが発生することはありません。そのため、テストやチェックをする時間も大幅に短縮してすぐに実装できます。

もちろん、コーディングによる開発やカスタマイズも可能です。そのため、開発の自由度も高く、従来のツールやアプリケーション開発に慣れている方もスムーズに移行できます。

GenXusの特徴

業務効率化ツールの開発には、これまで長い期間やコストがかかっていました。ところが、GenXusを使用することで、時間やコストを大幅にカットできます。

その最大の理由は、開発にかかる工数を大幅に減らせる点です。すべて手作業で コーディング した開発と比較すると、記述量を大幅にカットできます。シンプルなツールであれば、ほとんどコーディングすることなくツールの開発が可能です。

このようにスピーディに開発できることから、現場で何らかの効率化ツールが必要になったら、その時点ですぐに開発をスタートし、実装できます。業務上の問題点をその場で解消できるので、常に業務効率を改善できます。

また、一般的なローコードツールの場合は、ある程度のコーディングが必要となることが多く、知識やスキルなどがないと使いこなせないというイメージを抱いている方も多いかもしれません。

しかし、GenXusでは自動生成が可能な上に、 UI もシンプルでわかりやすいです。これまでツールの開発などを行ったことがない方であってもスムーズに使いこなせるでしょう。

GenXusの機能

GenXusには様々な機能がありますが、もっとも特徴的なのが自動生成機能です。先述の通り、必要最低限の情報などを設定するだけで、自動でツールを生成してくれます。

こうして簡単にツールを開発できる一方で、 コーディング をともなう自由度が高い開発ができる機能も搭載されています。かなり複雑な機能を持つツールも自由に開発可能です。

さらに、外部サービスやツールなどと簡単に連携できる機能も搭載されているので、すでに企業や組織内で使用しているシステムやツールなどと組み合わせて利用できます。

GenXusによる開発のポイント

続いては、GenXusのメリットや導入を検討すべき企業などについてご紹介します。

導入のメリット

最大のメリットは様々な業務改善に対応することができるという点です。簡単かつスピーディにツール開発ができるので、実際の現場で必要なツールをすぐに用意し、運用が可能です。

また、あらゆる開発方法に対応しているので、他の開発方法やツールなどから乗り換えが簡単な点もメリットです。

GenXus導入を検討すべき企業は?

あらゆる業務に問題や課題を抱えている企業や組織で、GenXusは高い効果を発揮してくれます。

特に、現在抱えている問題をなかなか解決できないといった企業は導入を検討してみましょう。

まとめ

業務効率化は近年、多くの企業や組織にとって大きな課題となっています。そのような課題を解決できるツールがGenXusです。簡単な操作ですぐに業務効率化ツールの開発ができるので、ありとあらゆる問題の解消ができます。

現在、業務上に多くの問題を抱えていたり、業務効率化ツールを導入したいと考えていたりするのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP