ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 73 view

開発プラットフォームiPLAss!効果を高める使い方を公開!

従来、アプリの開発にはプログラミングなどに関する専門的な知識が求められることで、多くの費用と長い時間がかかるのが一般的でした。しかし、近年では最小限の コーディング によってアプリが開発できる様々なプラットフォームが登場しました。そのため、アプリ開発のハードルがかなり下がっています。

今回ご紹介する「iPLAss」もローコードで様々なアプリケーションを開発できるプラットフォームです。

iPLAssとはどのようなプラットフォームなのか、そして効果的な使い方などについて詳しくご紹介します。

iPLAssとはどのようなローコードツール?

iPLAssのトップページ
画像:iplass.org

近年では様々なローコードツールが登場しています。それぞれ異なった特徴がありますので、どのツールを導入するのか検討する際には、その特徴を知る必要があります。

まず、iPLAssとはどのような ローコードツールなのかをご紹介します。

iPLAssとは

iPLAssは企業などでも使用できる大規模なシステムやアプリの開発を行うためのプラットフォームです。

2012年から提供が開始され、ローコードツールでは比較的長い歴史があります。すでに、公共機関などにも導入実績があり、非常に信頼性が高いプラットフォームとして知られています。

iPLAssの特徴は、最小限の コーディング によって様々なアプリケーションを開発できる点です。従来の方法と比較するとコーディング量を大幅にカットできるので、よりスピーディにアプリを開発し、 リリース できます。

また、ローコード系のツールは、操作を簡単にするために自由度が低くなっているケースも少なくありません。しかし、こちらのツールは自由度も高く、様々なシステムやアプリケーションに対応できるようになっている点もポイントです。

さらに、多くのローコードツールがクラウド上で使用する形を取っているのに対して、iPLAssはオンプレミス版も用意されています。そのため、 クラウドサービス の利用が難しい企業なども導入しやすいでしょう。

開発を効率化できるシステム

iPLAssでは必要な情報を入力するだけで、これまでの開発に必要だった作業の多くを自動化してくれます。そのため、開発が非常に効率的になります。

これまでは、アプリに関するアイデアをエンジニアなどに伝えた上で形にするという流れが一般的でした。しかし、iPLAssを使用することで簡単に開発でき、アイデアをそのまま形にして効率化できます。

高いカスタマイズ性

カスタマイズ性が非常に高いという点もiPLAssのポイントの一つです。簡単な操作でアプリケーションのカスタマイズができるので、必要に応じて様々な機能を追加したり、変更したりできます。

もちろん、開発後の変更や追加なども可能です。

iPLAssによる開発の方法

以下はローコード 開発プラットフォーム であるiPLAssによる開発の方法、使い方をご紹介します。

インストールすればすぐに運用を開始できる

コーディング などの技術が必要ないので、インストールすることですぐに運用を開始できます。

まず、アプリ開発に必要なデータを入力します。データはすでに用意しているものでも読み込みが可能です。

そして、データの内容やロジックをカスタマイズすることで、アプリの形にしていきます。ある程度の慣れが必要ですが、コーディングが最小限に抑えられているので、専門知識や経験がない方であってもアプリを完成させられるでしょう。

もちろん、外部ツールとの連携や出力も可能となっているので、すぐに他のシステムと連携して運用を開始できます。

生産性を高めるためのカスタマイズ法

iPLAssではアプリ開発の様々な作業を自動化できます。アプリの形を完成させた上でカスタマイズすれば、開発を効率化し、生産性を高められます。

先述の通り、カスタマイズも非常に簡単なので理想的なアプリを構築できます。

ノーコードやローコードツールの場合、このカスタマイズ性の低さがネックとなるケースも少なくありませんでした。しかし、iPLAssでは細かなカスタマイズや設定が可能なので、より自由度が高い開発を実現できます。

まとめ

アプリの開発はハードルが高いというイメージを持たれている方も多いでしょう。実際のところ、これまではかなりハードルが高い面もありました。専門的な知識が必要だったこともあり、エンジニアに依頼するという形で多額の費用と長い時間が必要となっていました。

iPLAssのようなローコードツールが登場したことで、アプリ開発のハードルが低くなり、誰でも作業できるようになりました。もととなるアイデアやデータさえあれば簡単にアプリ開発ができるので、これからアプリなどを開発する予定があれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

公共機関や銀行などでも採用されている信頼性が高いツールなので、企業でも安心して導入できます。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP