ノーコード情報満載!

  1. ローコード
  2. 185 view

初心者でも開発ができる!Oracle APEXの特徴と使い方

普段の生活はもちろんのこと、ビジネスにおいてもインターネットは欠かせない存在です。現在ではあらゆる業務で インターネットが利用されるようになりました。そこで、需要がますます高くなっているのがインターネット上で利用できるWebアプリケーションです。

Webアプリ にも様々なものがありますが、自社の目的に合ったものを独自に開発するケースも少なくありません。

もともと、Webアプリケーションの開発には多くの専門知識が必要だったこともあり、多額のコストや時間がかかっていました。一方で、現在ではノーコード・ローコード開発ツールの普及が進んだこともあり、より手軽に開発ができるようになっています。今回ご紹介する「Oracle APEX」もその一つです。

今回は、Webアプリケーション開発ができるOracle APEXの特徴や使い方をご紹介します。

Oracle APEXとはどのようなローコードツール?

Oracle APEXのトップページ
画像:apex.oracle.com

Oracle APEXは完全なノーコードツールではありませんが、最小限の コーディング によって開発できるローコードツールに分類されます。まずはその特徴についてご紹介します。

Oracle APEXとは

Oracle APEXと聞くと、すぐにピンと来る方も多いかもしれませんが、これは データベース ソフトであるOracleシリーズに付属しているツールです。

Webアプリ の開発に特化したツールで、インターネット環境とわずかなプログラミングの知識がある方であれば、複雑なアプリケーションも簡単かつスピーディに開発できます。

プログラミングの知識とはいっても、本格的な コーディング ができるほどのスキルが求められるわけではありません。実際にOracle APEXを少し使ってみれば身につく程度ですので、開発の経験がまったくない初心者の方でも開発できます。

Oracle APEXの特徴と導入のメリット

Oracle APEXには多くのメリットがあります。まず最初に、低コストで導入できる点です。先述の通り、 データベース ツールのOracleに最初から付属しているので、新たにライセンスなどを購入する必要がありません。そのため、もともとOracleを使用しているのであれば、コストをかけずに導入できます。

導入の簡単さも魅力の一つです。ブラウザベースでの開発も可能なので、 インターネット環境があるPCなどの端末があればすぐに開発をスタートできます。すぐにWebアプリケーションを開発しなければならないといった状況であっても対応可能です。

さらに、ローコードツールとして、最低限の コーディング を行った開発も可能。簡単なデータベース用アプリケーションであれば、ウィザードを利用してコーディングなしで開発ができます。つまり、ノーコードツールのような感覚で開発も可能です。

Oracle APEXでできること

幅広い用途のアプリケーション開発ができる点もOracle APEXのメリット。単独の用途で使用するためにシンプルなものから、複雑な機能を持つアプリケーションの開発まで可能です。使い方が簡単なローコードツールでありながら、開発の自由度が高いのが魅力です。

Oracle APEXで開発したアプリケーションは、PC以外にもスマホやタブレットなど様々なデバイスで使用可能です。この点もOracle APEXのメリットと言えます。

Oracle APEXによる開発の方法

続いてはOracle APEXの基本的な使い方についてご紹介します。

Oracle APEXのインストール・環境構築

導入の方法は非常に簡単です。まずはPCにインストールします。そして簡単な設定をするだけですぐに開発を開始できます。

先述の通りOracleに付属しているので、すでに導入しているのであれば追加でライセンスなどを購入する必要がありません。

Oracle APEXの使い方

Oracle APEXには様々な使い方があります。

まず、 Webアプリ の開発は、 データベース 上のデータをそのまま流用して、最低限の コーディング を行うだけです。 UI にはユニバーサルテーマを内蔵しているので、はじめて使う方でも、スムーズに操作を進められるようになっています。

また、自由度がやや低くなりますが、アプリケーションビルダー機能を使うことでコーディングなしで開発も可能です。

そのほかにも、Oracle APEXはデータを収集・管理するためのツールとしても活用できます。データベースに保存されている様々なデータを抽出したり、分析するといった機能もあります。そのため、Webアプリケーションを開発するだけでなく、組織内のデータ分析ツールとしても使用可能です。

まとめ

Oracle APEXは開発の自由度が高いローコードツールでありながら、Webアプリケーション開発やプログラミングの知識がまったくない初心者の方でも使用できる魅力的なツールです。導入コストも低く、スピーディな開発を進めることができます。これから自社でWebアプリケーションの独自開発を行いたいと考えているのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。これまで、アプリケーション開発のハードルの高さがネックになっていたという企業や、組織の方にもおすすめです。

ローコードの最近記事

  1. PEGAの業務効率化とは?メリットやデメリットについて解説

  2. Webアプリの自動生成ツール「Web Performer」とは?

  3. ローコード開発ツール「GeneXus」で業務効率化を実現しよう!

  4. Claris FileMakerなら他部署の情報共有で業務効率向上が実現可能!

  5. Mendixの使い方は簡単!基本から理解するためのポイントまとめ

関連記事

PAGE TOP