ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 25 view

ノーコードでWebアプリを作る方法|スマホアプリとの違いと開発例

作ってみたいWebアプリはあるものの、プログラミングに関する知識がないので形にできない、という方も多いでしょう。しかし、近年はプログラミング技術を必要としない、ノーコードでWebアプリを作る方法が登場しています。今回はWebアプリとスマホアプリの違いや、実際のノーコード開発事例などと合わせてご紹介します。

Webアプリとは

WebアプリとはWeb上で動作し、インターネット環境さえあればインストール不要で利用できるアプリを指します。多くの方が利用するアプリでは、YouTubeやGmail、Twitter、食べログなどが有名です。

一方、ユーザーが専用のストアからダウンロードし、端末にインストールして初めて利用できるアプリはネイティブアプリと呼ばれています。現在のスマホアプリは、ほとんどがネイティブアプリに分類されます。

Webアプリの構造

Webアプリは、主にフロントエンド・バックエンド・ データベース の3つの構造で成り立っています。それぞれの特徴を以下の表で確認しましょう。

フロントエンドユーザーがアプリを利用するとき、目で見える部分や実際に操作できる部分のこと。Twitterでは、アプリのレイアウトや検索窓、各ツイートなど。
バックエンドユーザーが見ることのできない部分や操作できない部分のこと。フロントエンドでユーザーが実行した内容をもとに、データを処理したり保存したりする。
データベースアプリ上の大量のデータを管理しやすいように整理したもの。Webアプリではユーザーの要求に応じて、データベース内の情報の更新を行っている。

このように、各項目ごとに役割が異なることから、フロントエンドとバックエンドでは異なる プログラム言語 が使用されます。そのため、「フロントエンドエンジニア」や「バックエンドエンジニア」のように、それぞれを専門に開発するエンジニアも少なくありません。

ノーコードでWebアプリを作る流れ

Webアプリを開発する場合、「 プログラム言語コーディング を覚えなければならず難しそう」と感じている方も多いでしょう。そんな中登場したのが、コーディング不要でWebアプリが作れる、ノーコード開発ツールです。 プログラム言語 に関する専門知識や経験のない方でも、手軽にアプリ開発ができるのが特徴です。

こちらでは、ノーコード開発ツールを使用してWebアプリを作成する大まかな流れを、3つの手順で解説します。

手順1.会員登録をする

ノーコード開発ツールを使用するには、基本的に会員登録が必要です。インターネットサイトやフリーメールアドレスを取得する場合と同様、会員登録を済ませましょう。

ツールによっては無料会員と有料会員を分けているケースもあり、無料会員の場合は機能が制限されているのが一般的です。本格的にWebアプリ制作を行う際は、いくつかのツールを無料会員で試してみてから、自分に合ったツールを提供しているものに有料会員登録するのが良いでしょう。

手順2.テンプレートを選択する

多くのノーコード開発ツールには、 コーディング に関する知識のない方でもWebアプリを制作できるよう、テンプレートがいくつか用意されています。イメージに合ったテンプレートがある場合は、ぜひ活用しましょう。もちろん、テンプレートを使用せずにWebアプリを開発することもできます。

手順3.ボタン操作やコンポーネントの配置でWebアプリを作成する

レイアウトやデザインがある程度決まったら、実際にWebアプリを作成しましょう。ツールによって作成方法は若干異なりますが、ボタン操作や UI コンポーネントの配置など、直感的な操作で作ることができます。

ノーコードでWebアプリを開発できる主要ツール2選

Glide

Glideのトップページ
画像:www.glideapps.com

Glideはアメリカ発のノーコード開発ツールで、会員登録すれば無料で使用できます。Glideの人気の秘訣は以下の2つです。

  • シンプルでプログラミング初心者にもわかりやすい UI
  • 豊富なテンプレート

Glideでは、ほとんどの操作をクリック&ドラッグで行えます。プログラミングに関する専門的な知識をもたなくてもアプリ開発ができるため、 コーディング 初心者や文系職の方でも安心です。

また、Glideでは一般的な機能のほとんどがテンプレートとして無料公開されています。変わったUIや機能を組み込まない限り、豊富なテンプレートを活用して手軽にアプリ開発ができるのも魅力です。

Bubble

Bubbleのトップページ
画像:bubble.io

Bubbleはノーコード開発ツールのなかでも知名度の高いサービスです。そんなBubbleの人気の秘訣は以下の2つです。

  • シンプルな操作で自由度の高いWebアプリを開発できる
  • 外部サービスの プラグイン が豊富

シンプルな操作性にこだわるあまり、自由度が低くあまり特徴のないアプリしか制作できないツールも少なくありません。その点Bubbleは、マウスと簡単な文字入力でWebアプリを作成できるだけでなく、自由度が高くイメージに合ったアプリを開発しやすいのが魅力です。

また、Bubbleでは外部サービスのプラグインが豊富に用意されており、導入したいサービスを選択して必要事項を入力するだけでアプリと連携ができます。高機能なアプリの開発に役立ちます。

ノーコードでのWebアプリ開発例

横浜市瀬谷区の公園マップ

Glideで作成した瀬谷区の公園マップ
画像:talented-wash-5231.glideapp.io

横浜市瀬谷区の公園を手軽に検索できるこちらのアプリは、Glideを使って作成されています。検索窓にキーワードを入力すると、公園の名称や地図、住所、面積などが表示されます。画面をタップするとGoogle Mapが開かれるため、そのままナビをしてもらうことも可能です。

公式サイト:https://talented-wash-5231.glideapp.io/

AppDuJour

AppDouJourのトップページ
画像:www.theappdujour.com

AppDuJourはアメリカのレストラン検索アプリで、ノーコード開発ツールBubbleを使って開発されました。日本で有名な「食べログ」に近いアプリといえばわかりやすいでしょう。条件やキーワードを入力すると、無料で付近のレストランを検索できます。

コーディング ができなくても、ツールを上手に活用することで、最小限のコストでこれほど精巧なアプリを開発することも。

公式サイト:https://www.theappdujour.com/

まとめ

プログラミング技術や専門的な知識がなくても、Webアプリを制作できる時代が到来しています。ノーコード開発ツールを使って、イメージしているWebアプリを形にしてみてはいかがでしょうか。無料で試すことのできるツールも数多く登場しています。 スマホアプリやWebサイトの制作についても紹介しているので、そちらも参考にしてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP