ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 14 view

STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

「ECサイトをつくりたいけど、制作に関する知識がない」

「ネットショップを作っている時間がない」

このようなお悩みをお持ちの方には、「STORES」の導入がおすすめです。非常に簡単な操作で即日ECサイトの開設が可能。さらに、豊富な機能を使いこなせば、集客・販促や分析などもできます。今回はSTORESの基本的な使い方から、応用的な機能までを一挙にご紹介します。

簡単・スピーディーにECを開設できるSTORES

STORESのトップページ
画像:stores.jp

STORESとは、誰でも簡単かつスピーディーにECサイトを制作できるプラットフォームです。もっとも大きなメリットは、設定がすべてノーコードで完結する点にあります。

従来のECサイト制作のような複雑で専門知識が求められるような設定が一切不要。もちろん、ノーコードなのでプログラミング言語を用いた コーディング 作業もありません。

手順としては、アカウント登録とストア設定、商品登録を行うだけ。この3つの作業を行うだけですぐにECサイトを世界中に公開できます。

STORESでECサイトを開設・公開する手順

STORESは、スピーディーにECサイトを公開できるのがメリットです。以下は、その手順を簡単にご説明します。

STEP1.アカウント登録

まずは、STORESのアカウント登録です。メールアドレスとパスワードを入力し、「今すぐ無料ではじめる」をクリックしてください。なお、Facebookアカウントで登録することも可能です。

また、登録メールアドレス宛にSTORESから認証メールが届きます。ここで「ご登録を完了する」のボタンをクリックし、認証を完了してください。

STEP2.ストア設定

次に、ストア名を決めます。ここで入力したストア名は後から変更も可能です。

その後、ストアのデザインを設定しましょう。テンプレートがいくつか用意されているので、好きなものを選びます。その後、レイアウトや背景、ロゴなどを変更し「このデザインをストアに反映する」をクリックすれば完成です。

STEP3.商品登録

続いては、商品登録です。アイテム画像やアイテム名、価格などのアイテム情報を入力してください。

STEP4.ストア公開

最後に、ストアの公開です。「ストア設定」の中の「公開」で、トグルボタンを「公開」にしてください。

STORESの活用・応用に役立つ機能一覧

STORESには非常に多くの機能が搭載されています。以下は、カテゴリーごとの便利な機能を一覧でご紹介します。

集客・販促

SNS連携SNSリンクの設置。
Instagram販売連携Instagramとの連携。投稿画像をアイテム画像に流用可能。
クーポン割引き・値引き・送料無料などのクーポンを発行。
再入荷リクエスト売り切れ商品に対して「再入荷お知らせボタン」を設置。
メールマガジン購入者・フォロワーに向けたメールマガジンの発行。
ニュース機能サイトへのニュース情報掲載。
レビュー購入者へのレビュー依頼とレビューの掲載。
note for shopping連携noteとの連携で、自動リンクの埋め込み。
まとめ販売「まとめ割」「セット割」の設定。
定期販売毎週・毎月・○カ月ごとなどの定期販売機能。
顧客管理オーダー回数、購入アイテムの総額などの顧客情報管理機能。
お問い合わせ問い合わせの一覧表示など。
FAQサイト内へのFAQ掲載。
告知ボードサイト訪問者へポップアップを表示。
英語対応ストア表記・自動送信メールの英語切り替え。
決済カスタマイズ決済方法の選択。

運用・解析

アイテム一括登録CSVを使い販売アイテムを一括登録する機能。
配送情報一括登録オーダーの配送情報とステータスをCSVで一括登録する機能。
オーダーCSV出力これまでのオーダー情報をCSVで一括、もしくは選択して出力する機能。
納品書PDF出力納品書をPDFで出力しダウンロードできる機能。
アクセス解析サイトの訪問者数や滞在時間を確認できる機能。※スタンダードプランのみ
Google Analytics連携サイトとGoogle Analyticsを連携する機能。
広告タグGoogle、Yahoo!などのコンバージョンタグおよび、Facebookピクセルなどの設置機能。

カスタマイズ・特殊機能

デザインテンプレート48種類のデザイン・レイアウトのテンプレート。
デザインカスタムテンプレートのカスタマイズ機能。
送料詳細設定発送手段の設定および、送料等の設定。
配送先別指定ギフトを想定し、アイテムの送付先を購入者以外の住所に指定できる機能。
予約販売予約注文の受付ができる機能。
電子チケットイベント等の電子チケットを発行・販売する機能。
ダウンロード販売音楽・動画・写真などのデジタルデータを販売する機能。
販売期間設定アイテムの販売期間を設定できる機能。
購入個数制限アイテムの購入数を制限する機能。
シークレット販売パスワードの設置によって、会員限定販売などをできるようにする機能。
年齢制限成人向けアイテムや酒類の販売に対応する機能。

まとめ

今回はSTORESの基本的な使い方から、応用的な機能までを幅広くご紹介しました。ここまで豊富な機能を備えながらも、すべてノーコードで実装できる点が大きな魅力と言えるでしょう。ECサイトの制作を考えている方は、ぜひSTORESの導入を検討してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP