ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 9 view

STORESとは?どのような特徴やメリット・デメリットがあるのか

初期費用無料でスピーディーにシンプルなECサイトを制作したいとお考えの方には、「STORES」がおすすめです。完全ノーコード・専門知識不要で、即日の開設も可能。今回は、ECサイト制作プラットフォームであるSTORESについてご紹介します。

STORESとは?

STORESのトップページ
画像:stores.jp

STORESは、本格的なECサイト(ネットショップ)をノーコードで制作できるプラットフォームです。ECサイトは通常の Webサイト に比べ、カートや決済、在庫管理など、様々な機能が必要になります。その分、制作には大きな労力やコストがかかりがちでした。

しかし、STORESを使えば誰でも簡単に、ハイクオリティなECショップを開設できます。また、無料プランなども用意されているので、コストを抑えたい方や、試験的にECサイトを運営したいという方にも最適です。

STORESが注目を集める理由とメリット

STORESは現在、EC業界で大きな注目を集めています。その理由について、代表的な要素をご説明しましょう。

まずはイニシャルコストの部分です。STORESは、ECサイトの制作・公開までをすべて無料でできます。商品が売れた際に手数料を取るというビジネスモデルのため、初期コストはほぼかかりません。

それにもかかわらず、顧客管理機能や倉庫サービス、幅広い決済方法など、ECショップに欠かせない機能が網羅されています。そのほか、Instagram販売連携などにも対応。活用次第で、売上拡大にもつなげられる仕組みが整っています。

これらの豊富な機能をノーコードで実装できる点は、やはり大きなメリットでしょう。その手軽さこそが、STORESの人気の秘訣と言えます。

STORESのデメリットは?

一方、デメリットがないわけではありません。たとえば、デザイン。STORESは基本的にノーコードで編集を行うシステムとなるため、細かいカスタマイズが難しいという側面があります。

また、完全無料でも利用できますが、独自ドメインやアクセス解析、代引き支払いやAmazon Payなどを利用するためには、月額1,980円(税抜)のプランに加入する必要があります。

その他、Amazonや楽天市場のようなモール出店とはならないため、たまたま顧客が流れ着いてくるようなカスタマージャーニーは期待できません。集客については自社の努力が必要です。

STORESが活きるECサイト制作

メリットやデメリットが分かったところで、具体的にSTORESを活用できる具体的なシチュエーションについて考えていきましょう。

小規模なECサイトの開設したい場合

STORESは小規模なECサイトを制作したい場合に力を発揮するプラットフォームです。たとえば、自社で数点のアイテムを開発していて、それをWebで販売したいといったケースです。

この場合、大規模なECシステムは必要ありません。導入には大きな初期投資が必要になり、機能としてもオーバースペックになりがちです。

STORESであれば、「商品を必要な人へ届ける」といった必要十分な機能が備わっています。そして、クレジットカードやコンビニ払いといった基本的な決済機能が充実。デザインも本格的なので、ハイクオリティなECサイトを低価格で構築できます。

とにかくスピーディーにECサイトを制作したい場合

ネット販売する商品を開発したものの、ECショップの開発にまで手が回らないという場面でも、STORESは優れています。手順としては、アカウントを作成し、デザインを決めて商品を登録するのみ。これだけで、本格的なECサイトが完成します。

事前の準備次第ではありますが、材料さえ揃っていれば当日のうちに商品販売をスタートすることも可能。時間もリソースも足りていないというようなシチュエーションでは、STORESが大きな味方となってくれるでしょう。

ECサイトを作れる技術が社内にない場合

ECサイトを制作する場合には、いくつかの選択肢があります。

もっともスタンダードなのが、いわゆるECパッケージと呼ばれるプラットフォームを導入し、そのシステム上でサイトの機能を利用する方法です。かなり高度な設定も可能となるほか、コンサルティングが受けられるようなサービスも存在します。

しかし、ECパッケージの利用には、ある程度の専門知識が必要です。近年では操作性に優れたものも少なくありませんが、しっかり活用するためには、少なくとも コーディング 等に関するスキルを身につけておくべきでしょう。

一方、STORESは完全ノーコードでECサイトを開設できる設計であり、専門知識がほぼ不要。ブラウザ上で簡単に商品登録からサイト開設までが完結します。自社に専門知識を持つスタッフがいないという場合でも、十分にECサイトの制作ができるでしょう。

まとめ

ノーコードツールによって、 Webサイト 制作のハードルが大きく下がりました。なかでもSTORESは、ECサイトの構築を従来に比べて非常に簡単にしてくれるツールの一つです。大規模な総合通販といった使い方には向きませんが、小規模事業者が自社の商品を届けるためのプラットフォームとして非常に優れています。手早く簡単にECサイトを制作したいという方は、ぜひ検討してみてください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP