ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 26 view

サイト制作に有効なJimdo!基本から応用まで使い方を徹底解説

Web制作のノーコードツールとして支持を集める「Jimdo」。実際に、多くのノンプログラマー・ノンエンジニアが、 Webサイト の制作・公開をしています。そこで今回は、Jimdoの基本から応用までの使い方についてご紹介します。これからWebサイトを制作しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

活用が広がるJimdo

Jimdoのトップページ
画像:help.jimdo.com

Jimdoの用途は幅広く、 Webサイト はもちろん、ブログやネットショップに至るまで。様々な場面で活用されています。その理由は、使い勝手が良い UI にあるでしょう。

通常、Webサイトを制作するためには豊富な知識と専門的なスキルが求められます。しかしJimdoであれば、テンプレートを選ぶだけで誰でも簡単にWebサイトの制作が可能。社内のエンジニアや、外部のWeb制作会社に依頼する必要がありません。

他のツールとはどう違う?

同じようなローコードの Webサイト 制作としては、WixやWordPressなどが挙げられます。いずれも コーディング せずにWebサイトの制作ができますが、操作性についてはJimdoがもっともシンプルと言えるでしょう。そのため、はじめてWebサイトを作るといった方にもおすすめです。

一方、拡張性やデザインの豊富さという意味では、他のツールのほうが優れています。シンプルなWebページを手早く用意したいのであれば、Jimdoが最適と言えるでしょう。

Jimdoの使い方~導入から公開まで~

以下は、実際にJimdoを使った Webサイト の制作・公開方法について解説します。

STEP1.アカウントの作成

まずはアカウントの作成です。メールアドレスとパスワード、もしくはFacebookおよびGoogleアカウントを使ってアカウントを作成します。なお、最終的には登録したメールアドレスに認証メールが届く仕組みです。受信メールを開き、「確定をする」をクリックすれば、アカウントが有効になります。

STEP2.ホームページの種類のセレクト

いよいよここからはWebサイトの作成です。はじめに、「どんなホームページを作成しますか?」という画面が現れるので、以下のなかからご自身のニーズに適したものを選びましょう。

  • ホームページ
  • ネットショップ
  • ブログ

選択を終えると、今度はWebサイトの作成方法を選択する画面が現れます。

ジンドゥーAIビルダーノーコードの制作方法。専門知識がなくても最適なWebサイトが作れる。
ジンドゥークリエイターローコードの制作方法。 コーディング などでデザインのカスタマイズができる。

上記のなかから、「ジンドゥー AI ビルダー」を選ぶと、その後「どんなホームページを作成しますか?」という画面に遷移します。美容・健康やコンサルティング、サービスなど、様々な業種が選択肢として表示されるので、ご自身のビジネスに合ったものを選択しましょう(そのままスキップしても構いません)。

STEP3.レイアウトの選定

次に、レイアウトを選びます。候補を選択する画面が現れるので、イメージに近いものを選んでください。なお、Jimdoはパーツ等の配置が事前に決まっています。そのため、どのレイアウトを使うか慎重に考えましょう。

※後から変更もできます。

STEP4.プランの選定

レイアウトの選定が済んだら、次はプランの選択です。

  • PLATINUM
  • SEO PLUS
  • BUSINESS
  • PRO
  • FREE

上記のなかから、ご自身のニーズに合ったものを選んでください。なお、プランは後から変更もできるので、とりあえず「FREE」を選んでも問題ありません。

STEP5.ドメインの決定

次は、Webサイトのドメイン名を決めます。「FREE」プランだと、ドメインの末尾が「.jimdofree.com」で固定されます。有料プランにすると、ご自身が取得されている独自ドメインの利用が可能になります。

STEP6.ホームページの編集

ここで、実際にホームページを編集していきます。まずは「ヘッダー」「ナビゲーションメニュー」「サイドバー」といった共通アイテムから手を付けていきましょう。その後、メインコンテンツエリアの編集(見出しやテキスト、画像の追加など)をするのが一般的です。

STEP7.サイト公開

編集がすべて完了したら、最後にサイト公開となります。実はJimdoは、とくに設定をしなくてもサイトが自動で公開されます。編集内容も自動保存となるため、特別な手続きが不要です。

なお、編集中のページを公開したくない場合は、「パスワード保存領域」機能を活用しましょう。ページ内のコンテンツを非表示にできます。

Jimdoの応用テクニック

続いて、Jimdoで Webサイト を制作する際の応用テクニックをいくつかご紹介します。

Webサービスとの連携機能を活用

Jimdoにはもともと、Twitterやfacebook、YouTubeといったWebサービスとの連携機能が用意されています。使い方はシンプル。パーツの中に連携用のウィジットがあらかじめ用意されているので、これを配置し設定するだけです。コードを書いたり、設定をしたりする難しい作業が一切なく、よりリッチなWebサイトを制作できます。

カスタムコードでさらに“こだわる”

Jimdoには「ウィジェット/ HTML 」というアイテムが用意されています。これは、自由にHTMLソースコードを編集できる、いわば「カスタムコード」機能です。

この機能を使うと、オンラインショップ作成サービスのBASEで作った商品リンクを貼り付けて、ポータルサイト化するといったことも実現可能。より凝ったデザインや機能の実装もできます。

まとめ

今回は、Jimdoの基本的な使い方についてご紹介しました。Jimdoは非常に簡単な手順で Webサイト の制作から公開まで実現できるツールです。完全ノーコードで使うことも、カスタムコードを使ってローコードとして使うことも可能。ある程度の制限があるものの、使い方次第で自由にクオリティが高いWebサイトを開発できます。Webサイト制作を検討中の方は、ぜひJimdoをご検討ください。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP