ノーコード情報満載!

  1. ノーコード
  2. 85 view

Jimdoとは?HTMLを知らなくてもWebサイトが作れる

Webサイト を作りたいけど、 HTMLCSS の知識がない」

「自社のホームページ開設が必要になったけど、予算をあまり割けない」

こうした際におすすめのツールが「jimdo」です。完全ノーコードでWebサイトの制作ができるので、エンジニアが不要。スピーディーかつ低価格で、ハイクオリティなWebサイトの制作が可能です。今回は、Jimdoの魅力やほかのサービス、制作方法との違いをメインにご紹介します。

Jimboとは?

Jimdoのトップページ
画像:help.jimdo.com

Jimdoはドイツ発祥のノーコード Webサイト 作成ツールです。KDDIウェブコミュニケーションズがプロバイダとなっているので、日本語にも対応。使用環境はブラウザとアプリの2種類が用意されているので、スマートフォーンを使ったWebサイトも可能です。

Jimboのメリット・デメリット

Jimdoは、これまで高度な知識・スキルを求められていたWebサイト制作のハードルを大きく下げ、誰にでも簡単な操作で扱える点をメリットとしています。 コーディング なしでWebサイトが作れるので、プログラマーなどのエンジニアが不在であっても問題なし。サポート体制もしっかりとしているので、初心者にも安心です。

一方、サーバ容量やカスタマイズに制限がある点がデメリットです。無料で使いたいのであれば、シンプルなサイトに限定するのがおすすめと言えるでしょう。

Jimboとほかのサービスとの違い

Webサイト 作成ツールには、Jimdoのほかにも様々なものがあります。以下は、Jimdoとほかのサービスの違いについて解説します。

Wixとの違いは?

Webサイト 制作におけるノーコード・ローコードツールとして、Jimdoと比較されることが多いのがWinxです。いずれも、 コーディング の知識がなくても使用できるという点が同じですが、細かな違いがある点に注意が必要です。

ポイントとなるのが扱いやすさです。JimdoはWeb制作初心者にも分かりやすい UI が魅力です。パソコンに不慣れな方であっても利用可能です。一方のWixは、細かいデザインやアニメーションの設定、アプリの拡張機能などが魅力です。しかし、自由度が高い分操作が複雑という点が挙げられます。

WordPressとの違いは?

次に、 Webサイト 制作のデファクトスタンダードとも言うべきWordPressのとの違いについても見ていきましょう。

そもそもWordPressは、 CMS (コンテンツ・マネジメント・システム)という枠組みのサービスで、Jimdoとは目的が異なります。WordPress自体はブログサイトの制作が主軸であり、拡張機能を用いることで幅広いWebサイト制作に活用できる点が魅力です。一方、JimdoはWebサイト制作を目的としたツール。ブログ等のコンテンツマネジメントを行うのはさほど得意ではありません。

ただし、WordPressでもJimdoのような、あるいはJimdo以上に自由度が高いWebサイトの制作ができます。しかし、ある程度凝ったデザインや機能を求める場合には、 HTMLCSSJavaScriptPHP といった言語を習得する必要があります。

一方、JimdoはノーコードでWebサイトを制作・公開までできるので、ノンプログラマーであっても完成度が高いWebサイトが作れます。なお、 コーディング の知識がある人であれば、さらなる作り込みも可能です。

フルスクラッチとJimdoの違いは?

最後に、 HTMLCSS で一から Webサイト を構築するケースとの比較も見てみましょう。

もっとも大きな違いは制作のスピードです。フルスクラッチで開発する場合には、サーバの用意からはじまり、サイト全体のデザインや コーディング などの労力が必要です。もちろん、HTMLやCSSなどの言語に関する知識も求められます。

一方、Jimdoであれば、アカウント登録などを済ませるだけで、すぐにWebサイトの開発が可能。テンプレートなどを使えば、デザイン等の作業にかかる時間も短縮できます。

なお、フルスクラッチであれば自由度が高いWebサイトを作れるというメリットがありますが、Jimdoにも独自のコードを使用できる機能が付属しています。HTMLやCSS、 JavaScript を自由に追加できるので、フロントについてはフルスクラッチに近い自由度を獲得可能です。

ただし、バックエンドについてはある程度の制約があるため、実現できない機能も少なくありません。この辺りは、 データベース を含めて自由に設計できるフルスクラッチに利があると言えるでしょう。

まとめ

誰でも簡単に、手早く Webサイト を制作できるのがJimdoの魅力です。目的次第では、WixやWordPress、フルスクラッチに比べてもクオリティが劣ることはありません。むしろ、費用をかけずにスピーディーな公開を目指すのであれば、メリットのほうが多いとも言えます。Webサイト制作を考えている方は、Jimdoの採用を検討してみてはいかがでしょうか。

ノーコードの最近記事

  1. Autifyの概要からテスト自動化への導入事例までを徹底解説

  2. Platioはノーコードで作成できる便利な業務アプリ!機能や特徴を解説

  3. UNIFINITYで業務効率アップ!使い方とメリットやデメリット

  4. WebアプリとWebシステムの開発に役立つ!FastAPPの概要

  5. STORESの使い方を解説!初心者でも分かる基本や応用のまとめ

関連記事

PAGE TOP